正社員やバイトの採用活動において、近年増加傾向にあるWeb面接。とはいえ、Zoomなどのオンライン会議ツールを使ったことがない場合はイメージが湧かない、どのように準備したらいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、一般的なWeb面接の流れを順を追って解説します。Web面接の基本を知って安心して面接に臨みましょう!



Web面接の流れ【事前準備編】


Web面接では、機材やツールの設定などの事前準備が必要です。ここでは、Web面接当日までにするべき事前準備を紹介します。



1.カメラがついた機材を用意

Web面接に必要な機材として、カメラ・マイク搭載のパソコン、イヤホンが挙げられます。スマホでもビデオ通話はできますが、Web上で資料を共有された際に画面が小さいと見にくいので、パソコンがおすすめです。パソコンなら画面と自分の距離を調整しやすく、ネット環境もスマホに比べて安定します。



2.面接場所の整理

Web面接の際は、自分の顔だけでなく部屋の中も映ります。背景に映っても印象が悪くならないよう、面接場所をきれいにしておきましょう。ポスターや干しっぱなしの洗濯物などは忘れがちなので注意が必要です。

なお、窓を背にして逆光にならないように注意してください。基本的には、壁を背にして面接すべきですが、どうしても部屋の都合で難しい場合は、バーチャル背景を設定できるツールもあります。面接の前日までに確認し、設定を済ませておきましょう。



3.ネット環境の準備

Web面接において特に重要なのが、ネット環境です。接続が悪いために面接時間に遅刻してしまうケースもあるので、事前にアクセスがスムーズかどうかを確認しておきましょう。ネットカフェなどの無料Wi-Fiやスマホのテザリング機能は不安定なことが多いため、なるべく自宅のWi-Fiを使用するのが理想です。


どうしても自宅が難しい場合は、Wi-Fi環境が整備されているコワーキングスペースや貸し会議室などのレンタルオフィスを利用するのも一つの手です。また、当日万が一ネット接続がうまくいかなかった場合に備えて、電話などの連絡手段を別で用意しておくことも忘れないようにしましょう。



4.イヤホンの準備

Web面接では、パソコンに搭載されたスピーカーではなく、イヤホンを使用するのがおすすめ。周りの雑音に邪魔されず、面接官の声も聞き取りやすくなります。

イヤホンをパソコンに差し込んでから、Web会議ツールのスピーカー設定を開き、イヤホンがきちんと動作するか事前に確認しておきましょう。イヤホンは有線とワイヤレスどちらでも問題ありませんが、慣れない場合には接続が安定する有線がおすすめです。



5.Web会議ツールの事前設定

面接当日に慌てないために、前日までにWeb会議ツールをダウンロードし、スピーカーとマイクの設定を必ず確認しておきましょう。ツールによっては実際の音量をテストできるものもあります。

設定が不安な場合には、家族やITツールに強い友人などに協力してもらい、ビデオ通話を実際にかけて正常に働くかテストする方法が確実です。



6.カンペはOK?

話す内容を事前に用意しておくことは大切ですが、カンペを見ながら話すと目線などで違和感を持たれる可能性があるので注意しましょう。

面接で伝えたいポイントを箇条書きでまとめておく程度なら問題はありません。その場合でも、話し方や目線が不自然にならないよう注意する必要があります。



Web面接の流れ【当日編】


面接当日は何分前に入室すべきか、どのようなあいさつをすべきかなどを当日の流れとともに解説します。



1.面接時間3分前までにはURLへアクセス

面接当日は、開始10分前にはURLへアクセスし、きちんと接続できるか確認しましょう。確認さえできたら一度退室してもOKです。この段階で、ネット環境や接続エラーなどが原因で入室できない場合には、早めに面接官に連絡するようにしましょう。

実際に入室するのは面接時間の3分前が理想です。早すぎても良くありませんし、時間ちょうどの入室や遅刻は悪印象となるので注意しましょう。



2.面接スタート!最初の挨拶と自己紹介

約束の時間になり面接官が入室したら、座ったままであいさつと自己紹介をします。最初の一言は「こんにちは」でOKです。あいさつの後、「本日面接を受けさせていただきます〇〇(名前)と申します。よろしくお願いいたします」と簡単なあいさつをします。なお、オンラインの場合は、面接官の話に合わせて適度なあいづちやリアクションも大切です。


企業によっては、自己紹介の際に簡単な自己PRを加えるよう指示されることもあるので、「私は人と接することが好きで、飲食店でのアルバイトをしていました。この職場でも持ち前の明るさを活かして、接客に臨めるよう頑張りたいと思います」などの簡単な自己PRを準備しておきましょう。



3.Web面接で聞かれること

Web面接でも対面面接でも、聞かれることは大きく変わりません。主に面接で聞かれることは以下の通りです。



<志望動機>

なぜこの仕事に応募したのかを伝えます。志望動機を簡潔に伝えた後、動機や理由、入社後どう活躍したいかなどを説明し、最後に改めて志望する旨を強調すると伝わりやすくなります。



<自己PR>

自分の長所や過去の経験を伝えます。具体的なエピソードを交え、それがどう仕事に活かせるかを表現すると好印象です。



<強みと弱み>

客観的に見た自分の長所と短所を伝えます。特に弱みは、ネガティブで完結するのではなく、「頑固なところがあるが、一つのことに集中して取り組める」といったようにポジティブな考えに持っていくのがベストです。



<応募先を選ぶ軸>

何を大切にして仕事をしているかを伝えます。応募先は、応募者の軸が自社にマッチしているかを見ています。



<これまでの経験や頑張ったこと>

過去のエピソードを交えつつ、自分の強みやその経験を仕事にどう活かせるかをアピールしましょう。挫折をどう乗り越えたかなどのエピソードが好印象につながります。



<質疑応答>

最後に質問を促されることも多いので、2~3個聞きたいことを準備しておきましょう。資料を見ればわかるような簡単な質問はNGです。



4.退室


面接が終了したら、面接官が退室するのを待ってから退室するようにします。面接官によっては応募者が退室するのを待ってくれることもあるので、その場合は「失礼いたします」と一言伝えてから退室しましょう。完全に接続が切れるまでは、気を抜かないように注意が必要です。



Web面接は事前準備が重要!


Web面接といっても、ネットやオンラインツールを使用する点以外は、対面の面接とさほど変わりません。重要なポイントは、面接当日にきちんとオンラインツールに接続できるかどうかです。

そのためには、ツールのダウンロードや各種設定、機材の用意など事前準備が必要不可欠といえます。事前準備をしっかりして、安心してWeb面接に臨みましょう。

2022年6月29日



DOMO+編集部
アルバイト・パートに関するお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

関連するワード