仕事と家庭を両立させる必要がある人の場合、家族の都合でパートのスケジュールを調整する必要もあるでしょう。気持ち良く休みをリクエストするために、以下のようなことを知っておいてください。



業界次第! 忙しい曜日・時間は休み希望はきいてもらいづらい



「土日は家族で過ごしたい」「土曜日に習い事がある」という人は、選ぶ業界に注意をしてください。飲食店などのサービス業では、当然ながら土日や平日夜が忙しくなります。


お店や会社としては忙しい時間に働いてほしいので、「毎週土日休みます」という人は使いづらいというのが本音。採用されたい一心で、「土日もなるべく入ります」などと言うのは考えものです。休みが取れず、長く続けられない可能性もあります。




固定制よりシフト制がよい? 休み希望が通りやすいパート条件



パート先にもよりますが、働く曜日が固定制だと休みがとりづらい傾向があります。シフト制であれば、急に休んでも他の人が代わってくれることもありますし、「必要な人数が揃っていれば、別な人がシフトに入っても問題ない」と考える会社も多いでしょう。


また、代わってもらう頻度があまりに高いと、同僚から不満が出たり、会社からの信頼を損なったりすることになりかねません。シフト変更は最小限にとどめる意識をもってください。他の人が休みたい時に率先してシフトに入るなど、ギブアンドテイクの気持ちを大切にするとよいですね。




土日休み希望の人はパート面接時に必ず確認を



土日のみならず、会社が「この曜日、時間帯はできるだけシフトに入ってほしい」という条件がないかどうかをチェックしましょう。


土日・平日夜にシフトが少ない職場といえば、工場でのピッキング(検品)作業のパートや、学校や保育園などの教育機関、歯医者などの医療機関、それに企業の一般事務などがあげられます。


求人数の多い接客業(レストランやコンビニバイトなど)は、土日・夜間に働ける人を優遇するという職場も多いのが現状。パート情報を検索する段階から、休みの条件をしっかり確認してください。




パートも有給休暇取得可能なことも!



どうしても休まないといけない場合は、「有給休暇をとる」という手段もあります。


「有給休暇なんて社員のものでしょ? パートだからとれないわ」と思っている方もいるようですが、週の労働日数等によってはパートでも有給休暇を取得することができます。条件をよく確認し、会社に相談してみましょう。



【専門家監修】 「有給休暇」が取れるパートと取れないパートの違いとは?

休みの希望は面接でチェック!


休みやすい職場かどうかは会社探しの時点で予測することが可能ですし、休みについてリクエストがある場合は、面接の時点で必ず確認してください。


休みをとりたいときは自分の希望を押し通すのではなく、相手の事情を確認し、お互いに気持ち良く働けるように思いやりを持ちたいものですね。


平日のみのバイトを探そう



<合わせて読みたい>
春休み・夏休みのパートどうしてる? 子どもの長期休暇を乗り切る方法


「労働時間」の正しい知識 -フリーターやアルバイトでも有給はとれる!【専門家が解説】



<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。
特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。
現在はWeb制作会社の経営や、1週間6万円から留学できる「Go Global」を運営している
https://dy-planning.net/
https://go-global.info/

関連するワード