介護に関する施設は多種多様。施設に住んでいる方のお手伝いをするタイプや、日中だけ通って来られる方と過ごすタイプの介護施設、はたまた相手のお宅に訪問して介護をするタイプなど、その種類は様々です。



介護パート・バイトの仕事内容



介護の仕事をする場所は、その種類によって名称が異なります。
・グループホーム
・サービス付き高齢者向け住宅
・介護付き有料老人ホーム
・介護老人保健施設
・小規模多機能型居宅介護

このほかにも「訪問介護」がありますが、こちらは介護職員初任者研修という資格が必要。パートやバイトの場合、最初は資格のいらないことから仕事からはじめ、実務経験をつみながら勉強し、資格取得などをして活躍の場を広げていくことになります。

基本的な仕事内容としては、食事・掃除などの家事手伝いや、入浴・排泄など日常生活のお手伝い、アクティビティ・リクリエーションなど日々の楽しみや運動などのサポート等があります。



嬉しいメリットも! 「ありがとう」と言ってもらえる介護パート・バイト



介護パート、バイトのメリットは何といってもシフトの融通がききやすいこと。24時間必要とされる仕事ですので、その分、求人数も多くあります。平日昼間に週3日勤務もよし、夜勤だけという働き方もよしと、生活スタイルにあわせた働き方ができるのも魅力ですね。

きちんと研修をうけて介護ができるようになれば、介護する側はもちろん、される側も楽なもの。「誰かの役にたつ仕事がしたい」という方にとって、相手から「ありがとう」と言ってもらえる、やりがいある仕事です。

介護の経験を積んでおけば、自分の親を自分で介護することができるかもしれませんし、自分が介護される側になったときに、その大変さを知り、感謝の気持ちを持つことができるかもしれません。



介護パート・バイトのデメリットは体力と待遇



介護職の仕事は体力勝負であることを覚えておきましょう。相手の体を支えたり動かしたりする作業が不可欠なのですが、これがカンタンに見えて、意外と難しいもの。ベッドから車椅子に移動させるにも、入浴介助をするにも、大人の体を支えて移動させるにはかなり力が必要です。気を抜くと相手にけがをさせてしまうこともあり、命を預かるプッシャーはあるでしょう。その割に、待遇がそれほど良くないという不満の声も聞かれます。

とはいえ、介護のノウハウは研修でコツを教えてもらえます。体の動かし方をはじめ、きちんと習い、慣れれば問題ありません。資格取得などでステップアップしていくことも可能です。

介護施設でパート・バイトをする場合は、夜勤が必須というところもあります。夜勤ができないという人は、応募の際に必ず条件を確認してください。



誰もが迎える最期の日。一人一人の人生を支える介護職


介護される本人のみならず、家族の負担をも軽減することができる介護の仕事。単なる作業ではなく、いかに相手を尊重して向き合い、毎日を楽しく過ごしてもらえるかを考えられる尊い仕事だと言えるでしょう。


静岡県内の医療・介護・福祉のバイトを探す

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。
特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。
現在はWeb制作会社の経営や、1週間6万円から留学できる「Go Global」を運営している
https://dy-planning.net/
https://go-global.info/



関連するワード