平成27年10月以降、一人一人に通知されている「マイナンバー」。制度の内容がいまいち理解できないという人も多い中、新しい職場に行くと「マイナンバーカードを提出してください」と言われ、戸惑いの声も聞こえてきます。


マイナンバーは重要な個人情報とひもづく番号なだけに、必要以上に心配をしている人もいるようです。ここでマイナンバーの基本を押さえ、パート先に提出する意味をおさらいしておきましょう!



オトナの常識をおさえておこう! マイナンバーの基本



マイナンバーカードを持っていても、実際にどんな制度なのかをきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。大人の知識として、マイナンバーの意味やその必要性をしっておきましょう。内閣府のホームページを見てみると、以下のように解説があります。


『マイナンバーとは、日本に住民票を有するすべての方(外国人の方も含まれます。)が持つ12桁の番号です。※原則として生涯同じ番号を使っていただき、マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められる場合を除いて、自由に変更することはできません。
マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の3分野で、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。』


一人一人が独自の番号を持つことで、煩雑な事務処理を簡素化し、データの一元管理を可能にしているのです。



パートなのにマイナンバー提出? 本当に大丈夫?



個人情報がつまったマイナンバー。パートで働くだけなのに会社に提出する必要があるのかと、不安に思うかもしれません。


結論から言うと、パートでも提出する必要があります。
入社時に手続きをする社会保険や雇用保険、毎年の年末調整、源泉徴収票などの書類でマイナンバーを書く欄があるからです。



マイナンバーをパート先に提出したくない! 断っても大丈夫?



個人情報に敏感な人は、マイナンバー提出を断りたいという人もいるかもしれません。しかしマイナンバーは国で定められた制度。企業では、マイナンバーを確認し、正式書類を作成する必要があります。提出をかたくなに拒むと、「何かやましいことがあるのでは? この人を雇って本当に大丈夫?」と、不信感を与えることも。


マイナンバーには様々な個人情報が紐づくため、セキュリティ事故を心配する声も多く聞かれますが、当然ながら、マイナンバーのセキュリティや管理などもしっかり考えられています。「個人情報保護委員会」による管理・監視や、通信時の暗号化などがその例です。



マイナンバーをパート先に提出する方法



マイナンバーのカードをすでに発行している人は、そのカードを持参すればOK。現物を持参して会社がカードを参照する場合と、コピーの提出でよい場合がありますので、指示に従って提出しましょう。


まだマイナンバーカードを発行していなくても、「通知カードなら持っている」というケースもあるでしょう。通知カードの場合は別途、身分証明書が必要になることが多いですので、免許証やパスポートなども用意してください。


または、通知カードのかわりにマイナンバーの記載がある住民票でも構いません。この場合は役所で発行してもらう必要があります。



短期や一日限りのパートでもマイナンバーは要提出!



季節限定の仕分けパートや、1日だけお手伝いという仕事でも、マイナンバーカードは必要です。社会保険や雇用保険などは「社会保障」にもつながるものですから、しっかり提出しておきたいものですね。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード