パート勤務を希望し、面接にも見事合格! しかし、2社面接を受けて、2社とも内定が出た場合、どちらかに辞退の連絡をしなければなりません。辞退の連絡はとても言いだしづらいものですが、以下のポイントを踏まえて対応してください。



パートの内定辞退の連絡はとにかく早めに!



「辞退の連絡はなるべく早く」というルールは、一般常識かつ大人のマナー。しかし企業にとっては、マナー以上に早く連絡が欲しい事情があります。それはもちろん「別人材の確保」。企業が求人を出すときは、当然ながら人手不足の時。内定を出した人が来られないのなら、早く次の人にアプローチしなければなりません。


採用活動には意外と時間がかかりますので、新しい人を探さなければならない採用担当者としては、一刻も早く連絡が欲しいのです。



内定辞退の理由は正直に伝えなくてもOK



忙しい採用担当者のことを考えれば、端的に内定辞退の意思を告げる必要があります。電話をかける前に、あらかじめ伝えるべきことをまとめておいてください。


内定を辞退するときは、待遇、交通の便、シフトの柔軟さなどの理由が考えられますが、それを正直に伝える必要はありません。実際の理由は伏せて、「諸事情により内定を辞退させていただきたい」と伝えればOKです。


もし「辞退の理由を聞かせてもらえますか?」と聞かれても、「個人的な理由で詳細は申し上げられないのですが、ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と濁しても構わないでしょう。



パート先に電話で謝罪&メールフォロ―で完ペキ



採用担当者は応募に始まり、書類選考、面接調整、面接、選考、事後連絡と、かなりの時間と労力をかけています。相手の苦労を思えばこそ、直接電話で伝えて謝りたいと思うもの。


しかし、何度電話してもつながらない場合など、忙しい担当者にとっては逆に迷惑になることもあります。臨機応変に、メールでのお詫びに切り替えることも検討してください。


また、電話でお詫びと辞退の意思を伝えられたときも、同じ内容をメールでも送っておくのがベター。雇用や契約に関わることは、後で「言った、言わない」と問題になりかねません。内定辞退を確実にしたことを、メールで証拠に残しておくとよいでしょう。


【メール文例】
件名:採用辞退につきまして -静岡花子

神田株式会社
人事部 三島様

お世話になります。先日パートの内定連絡をいただきました静岡花子です。
お忙しい中、先ほどはお電話にてありがとうございました。お伝えした通りですが、この度の内定を辞退させていただきたく、文書にて再度ご連絡をさせていただきます。

貴社の業務内容に関心を持ち、ぜひパートとして働きたいと願っていましたので、諸事情により内定を辞退させていただくこととなり、大変残念に思います。
三島様におかれましても、お忙しい中お時間を割いていただきましたのに、申し訳ございませんでした。

もし今後またのご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、貴社ますますのご発展をお祈りしております。

静岡花子



パート先企業を惑わせない! 内定辞退の意志はしっかり伝えて


申し訳ない思いから、つい「辞退させていただきたいと思っているのですが……」などとあいまいな表現になってしまうのはNG。「交渉の余地があるのかも?」と相手に誤解を与えかねません。腹をくくり、きちんと意志を伝えるのも大人のマナーです。


お断りするということは、どんな時でも心苦しいもの。感謝を伝え、お互いに気持ち良く理解しあえるとよいですね。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
1週間45000円からできる留学サポートGo Globalを運営。採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。

関連するワード