大道芸がお好きな方なら、静岡で毎年秋に開催される「大道芸ワールドカップin静岡」は、当然ご存知のことでしょう。


今回は、その大道芸ワールドカップ、オン部門出場のご常連。シュールな世界観でファンを魅了する大道芸人、加納真実さんをご紹介します。



青いジャージがトレードマーク、不思議な世界観のパントマイム



加納真実さんの大道芸は、主にパントマイム。


観客の想像力を刺激するパントマイムは、芸が細やかであるほど解りやすく、観る者を物語の中へ引き込んでいきます。


彼女のパントマイムは、繊細でありながら、かなりシュールなものも多いので、観る側の想像力が試されます。




得体の知れない生き物と格闘の末……。ウソ?! 目つぶし決まっちゃった?!


しかし、そのぶっ飛んだ世界観はある種の中毒性を持っていて、一度見たらもう一度観たくなる。そして、もう一度観る頃には、すっかり「加納真実のとりこ」になっているのです。




不気味な踊りの中に笑いを散りばめた「仮面舞踏会」





ただ寝そべっているだけなのに……。怪しすぎる!!




舞台上へと客上げされた観客も一緒になって、異様な世界を楽しみます。


今回、芝居小屋での公演は3日間でしたが、予約段階で連日満員御礼。3日間通しで公演を観た方もいます。チケットは予約完売だったにも関わらず、当日券を求めて来られた方や、静岡在住のファンのみならず、県外から加納真実さんを追いかけて観に来られた方もいたほどで、公演は大盛況のうちに幕を閉じました。



喜怒哀楽。すべてが詰まった「加納真実」の世界



笑いだけ、怒りだけ、悲しみだけでは、真に人間の感情というものは表現出来ません。
顔は笑っていても、心の中では怒っていることもあるし、悲しみで泣き暮らしていても、お腹も空けば、あくびもする。感情というのは、厄介で複雑なものです。




音楽と指先だけで、二人の恋の機微をしっとりと表現する「めぐり逢い」



彼女のパントマイムの中には、人間の持っている喜怒哀楽、そのすべてがあります。コメディであっても、笑いの対極にある悲しみや苦しみが巧みに織り交ぜられていて、そのエッセンスがあるからこそ、さらに笑いが際立つという仕組みになっています。




いつになく乙女な雰囲気の加納さん。あ……、いつものジャージがスカートになってる?!


まさに、一本の素晴らしい演劇を観ているような、そんな気になるのが「加納真実」の世界なのです。


今回、加納真実さんは、七間町で開催される「劇街ジャンクション」にも特別ゲストとして登場しましたが、あいにくの雨……。




それでも、大勢の観客が彼女を観に集まっていました。




いつでも全力!! アメニモマケズ、熱演です。



普段の生活がそのまま大道芸になる?! 加納真実さんの素顔



「スイッチ芸人」という言葉があるように、普段の顔と芸人としての顔がまるで違う人がいます。


加納真実さんは、どちらか? というと、これは自他とも認める「素の人」らしいのです。


お話を伺っている時、誠実な受け答えの中にも、ユーモアを交えたエピソードを披露してくださることから、気さくな人柄や、普段の暮らしぶりが見え隠れします。


こういう柔らかくて温かいお人柄が、どんなに荒唐無稽な作品も、ユーモアに溢れた優しい作品に仕上げられるのかもしれません。




ふざけているわけではありません。これも稽古の一環なのです。




すれ違う人に「カッコいいバックですね」と褒められた?! 大道芸アイテムを詰め込んだドラムバケツと共に、劇街ジャンクションへの出演準備中。




加納さんの似顔絵などを描いたアイシングクッキーが、劇街ジャンクションで販売されていました。


荒唐無稽、シュールなネタだけではなく、誰もが「あるある!」と思える身近なネタも、まずは自分の内側に取り込み、観察し、時には疑い、独自の感性で丁寧に育てた上で、外側に向けて発信する作品に仕立てる。


そんな「加納真実」という大道芸人は、人の心を掴み、集まった観客を惹き付け、熱狂させることの出来る、魅力溢れる方なのだと、改めて感じました。



今年も大道芸ワールドカップに「加納真実」がやってくる!


さて、今年も「大道芸ワールドカップin静岡2018」オン部門に、加納真実さんが出場されます。

今年の開催日は、11月1、2、3、4日の4日間!!


夜には気温が下がるので、暖かい格好でお出かけになるか、ひざ掛けのご用意を忘れずに。
加納さんがゲスト出演した、劇街ジャンクションも、「チーム劇街ジャンクション」として、フリンジ部門で出場されます。







「加納真実」は、もちろん、何が起こるかわからない、大道芸とアーティストのコラボが楽しめる「チーム劇街ジャンクション」も、見逃せませんよ。


写真撮影:佐治惣一朗



<合わせて読みたい>
「大道芸ワールドカップin静岡 2017」世界のエンターテインメントを観る、幻想的な4日間!

街にハミ出す劇場のチカラ「劇街ジャンクション」を観に、七間町へ繰り出そう!

静岡、春の名物「廿日会祭大道芸」芝居小屋シアターは、静岡のエンターテインメント!

大道芸ワールドカップでも活躍!笑顔の伝道師「クラウン」の役割

<ライター>

猫たぬき
時に、舞台の脚本を書くシナリオライター。趣味、主婦業。静岡に住み始めて十年以上経つのに未だ関西弁が抜けない生粋の関西人。いつまでも新鮮な目で静岡を見つめ、楽しくおもしろい記事を綴っていきたいと思います。

関連するワード