『人は見た目が9割』という本が話題になりましたが、第一印象は「目から入る情報」が最も影響を与えると言われています。

採用担当者は毎日多くの履歴書を受け取りますが、最初に見るのは「履歴書の写真」。
写真が与える印象がいいか悪いかで書類選考の合否を左右することもあり得ますから、以下のポイントをしっかりおさえておいてください。

※DOMONETで未経験者歓迎のバイトを探す⇒こちらをクリック


ポイント1:履歴書の写真はとにかく「丁寧に」扱う



どんなに良い写真が撮れても、以下のような雑な印象を与える写真は、書類選考で落とされると考えましょう。

・写真の切り方が適当
・ノリがはみ出ていて汚れている
・履歴書の枠からはみ出て貼っている


どんな仕事であっても、「丁寧さ」は重要なこと。
履歴書のような重要な書類でさえ雑になってしまうような人は、「この人の仕事は雑なんだろうな」「信頼できなさそう」という印象を与えます。

はさみで切り取るタイプの写真は、まっすぐに切りとること。必要であれば、定規を使ってあらかじめまっすぐの線を書き入れ、そこにはさみを入れましょう。

ポイント2:履歴書写真は清潔感重視! 髪型が印象を左右する



特に接客業の場合、働く人が店のイメージに直結しますので、「清潔感」は大変重要です。
清潔感を左右するのは「髪型」
自分のこだわりもあると思いますが、相手にいい印象を与えるためには、自分の主張はさておき「一般的に清潔感があるとされているスタイル」に整えることが大切です。

無造作でオシャレなヘアスタイルが流行していますが、「毛先がボサボサだね」とマイナスのイメージを与えかねません。
面接に限ってはオシャレよりも清潔感のほうが重要です。

男女共、前髪は目にかからないようにし、顔周りがすっきりするセットを心がけてください。
長髪の方は一つにまとめておいてください。

ただし、美容・ファッション業界などはこれに限らないこともあります。オシャレさが重視されるバイト先では、ぞんぶんにご自身のスタイルをアピールしてもよいでしょう!

ポイント3:履歴書写真撮影時のメイク・ヘアスタイルのポイント



履歴書写真を撮るときは、基本的にナチュラルメイクを心がけます。
血色がよく元気な印象や、さわやかで信頼感がもてる雰囲気を出すために、いくつかのポイントをおさえてください。

・ヘアスタイルはとにかく清潔感が重要

ヘアスタイルは清潔感が表れやすい部分です。
髪の先がバサバサだったり、前髪やサイドの髪が目や顔にかかっていたりすると、よい印象を与えません。
髪はヘアワックスなどできれいにまとめ、ロングの人は一つにまとめておくとスッキリ見えます。

・素肌のお手入れが基本

化粧をする時は、素肌が整っていると化粧のりが良くなります。

まずは前の晩からしっかりと保湿し、十分な睡眠時間を取りましょう。
朝、化粧をする前にも保湿を忘れず、肌を整えてから化粧品を使うようにしてください。

・メイクは血色の良さがポイント

ファンデーションを塗っただけだと、のっぺりした印象で顔色が悪く見えてしまうかもしれません。
チークやリップで自然な血色を加えて、元気な雰囲気を出してみてください。

チークの入れ方が良くわからないという人は、大き目のブラシを使い、肌にのせる前に一度ティッシュの上でオフしておくとよいでしょう。

リップについては、グロスは避けたほうが無難です。少し色がついたリップクリームなど、ほんのり色がつくぐらいがベストです。

・アイメイクは決して濃くしない!

普段からアイライン、アイシャドウ、マスカラをしっかり入れている人は、いつもより軽めのアイメイクを意識します。
特にアイラインは、目のきわに細く入れる程度でOKです。アイシャドウはベージュ×茶色など、肌馴染みの良い色で目の周りを明るくすると印象がよくなります。

・高校生はメイクしなくてOK

いまどきは、高校生の方も綺麗にメイクをしていますが、履歴書の写真を撮るときや面接時は、メイクはしないほうが良い印象を持ってもらえるかもしれません。
血色を足す程度に留めるのが良いでしょう。

ポイント4:信頼性は服装でもアピール!「えりつき」がキーワード



「えりを正す」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
weblio辞書でその意味を確認してみると、「まじめな気持ちで物事に対処するという態度を示す」とあります。

このように、「えり」がついた服装は改まった場所での「正装」にあたるもの。
本来はえりつきのシャツにジャケットを羽織ったり、スーツを着たりして撮影するのがベストですが、バイトの面接ならえり付きのシャツだけでもよいでしょう。

もし手元にジャケットなどがあれば、羽織っておくとベターです。
シャツは無地で、きちんとアイロンをかけたものを。
しわが目立つと「だらしない」という印象を与えます。もちろんボタンはすべて閉じましょう。

ジャケットの色は紺、グレー、黒などの落ち着いた色を選んでください。
アクセサリーはよほど小さなもの以外、外しておくほうが無難です。

ポイント5:履歴書写真撮影のコツ~証明写真できれいに撮ろう!



駅などに証明写真撮影の機械がありますが、なかなかきれいに撮れないとお悩みの方も多いようです。機械でもきれいに証明写真が撮れるコツをご紹介します。

・適切な高さに椅子をセットする

目線はカメラのレンズよりちょっと上になるぐらいが良いでしょう。

・姿勢を正して胸を張る

壁にもたれず、背筋を伸ばして座ってください。
画面に縦横のラインがあるので、肩が左右同じ高さになっているか、顔がまっすぐになっているかを確認します。

あごは軽く引いておきましょう。
顎は上がり過ぎても下がり過ぎてもマイナスイメージになりやすいので、あらかじめどの角度がよいか研究しておくのもよいでしょう。

肩が内側に入っていると自信なさげに見えますので、胸を張ってポジティブな印象を与えましょう。

・膝の上に白いハンカチや紙を置く

白いもので光を反射させ、顔に光を集めると写りが良くなります。
白いハンカチがない人はコピー用紙を繋げたものでもよいですし、大き目のタオルなどでもよいでしょう。

・カーテンはぴったりしめる

外からの光が入るときれいに撮れませんので、しっかりカーテンで光を遮断します。
白いハンカチを膝の上に広げておくと、影がなくなって見栄えが良くなります。
ハンカチがない方は、白い画用紙でもOKですので持っていくとベターです。

・歯を見せずにっこりと

「にっこりと」と言っても、歯が見える笑顔はカジュアルすぎます。
唇は閉じ、口角をぐっとあげ、目はしっかりカメラを見据えましょう。
「目力(めぢから)」という言葉があるように、目にも力を入れて準備します。

・お勧め証明写真機は「Ki-Re-i EX」

「証明写真機Ki-Re-i」は、肌がきれいに見えるように補正してくれるのだそう。
明るく映るので印象がよくなるからか、女性はもちろん男性にも人気のようです。
また、機材の設置場所が事前に確認できるのも嬉しいポイント。
住所検索だとわかりづらいので、「駅名」で検索してみてください。

まとめ


履歴書の写真を撮るポイント、コツなどをご紹介しました。最近は、携帯電話で証明写真が撮れるアプリもたくさん出ているようです。
「証明写真 アプリ 比較」と検索すると、いろいろなアプリが紹介され、メリット・デメリットがわかります。

最後にプチアドバイスを。
写真を履歴書に貼る前に、写真の裏に名前を書き入れておきましょう。
採用担当者は履歴書を束にして管理することが多いのですが、時々写真がはがれ落ちることがあります。
そんな時、裏に名前が書かれてあるととても助かりますし、「気の利く人だなあ!」と感動させることもできるかもしれません。

2018年2月5日公開/2024年3月12日更新

※DOMONETで未経験者歓迎のバイトを探す⇒こちらをクリック


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業:https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


関連するワード