バイト先の人間関係は、仕事にも影響します。学校とかけもちしながらバイトをしている人も、多数いることと思いますが、学校での人間関係と仕事とでは、異なってくるといえるでしょう。毎日楽しくバイトをしたいという人は、自分の仕事だけではなく、働く仲間にも意識を向けると良いでしょう。どんなことに気をつければよいのか、良好な人間関係を築くにはどうしたらよいか、秘訣をお伝えします。

人間関係の基本、あいさつを「自分から」すること



バイトに入る時のあいさつは、できるだけ相手が言う前に、自分から言うことを心がけると積極的で好印象になります。バイトをしている期間が長くなればなるほど、バイトに行きたくないなあと思ってしまう時も、あると思います。しかし、あいさつでは自分の都合は二の次にして、相手にちょっとでも良い印象を与えられるよう意識してみて下さい。また、あいさつだけではなく相手の知りたいこと、趣味などの話題をふることができれば、関係づくりによいきっかけとなります。あいさつにプラスアルファができると、いろいろな人とのコミュニケーションが楽になるでしょう。また、他の仕事を始める時でも役に立ちます。

相手の話を聴く、否定しない姿勢が大切



会話の中で、「っていうか…」「逆に…」という言葉づかいをしていること、ありませんか?もし、このような言葉をたくさん使っている人がいたら、注意しましょう。人は認められたいという承認欲求をもっています。先ほどの「っていうか」のような発言は、相手を認めないという意図を発しているため、敵を作りやすくなります。もちろん自己主張をすることも大切ですので、相手の言うことに対して否定をしたくなったら、まず相手を認めたうえで、自分の意見を述べるようにしましょう。「君はそう思うんだね、私はこう思っているよ」という会話の流れであれば、相手を不愉快にさせることは少なくなるでしょう。

悪口は絶対言わないと心に決める



バイト先の人間関係で悩んだという経験をしている学生やフリーターの中には、バイト仲間の悪口を言い合っている環境が嫌、という人も少なくないでしょう。悪口は聞いている人も不快になってしまうほど、雰囲気を悪くするものであると心得ましょう。悪口は、ゆくゆく自分の立場さえも危うくするリスクがあります。言わないことはもちろん、言う人たちの仲間に入らないようにしましょう。悪口を言っている人たちに同意を求められた場合も、安易に同意するのではなく、「そうなの?」「私はよくわからないからなぁ」と、関心がない雰囲気を出すようにするとよいです。

まとめ


前もって人間関係が良好そうなことを見極める方法には、働きたい場所に行き、働いている人たちの姿を観察してみるのもおすすめです。活き活きと働く人が多い職場や、お客様へのサービスが良好であれば、期待が持てます。自分に合うバイト先を見つけてみましょう。


関連するワード