利用者の自宅に訪問し、さまざまな介護・介助を行うのが「ホームヘルパー」の仕事。
「生活のサポートや自立を支援しながら、個別に深い関わりを持てる仕事」という介護の仕事ならではのやりがいに関心を持っている人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、ホームヘルパーの仕事内容や資格取得について解説します。
やりがいや大変さも紹介するので、ホームヘルパーにチャレンジする際の参考にしてみてください。


医療・介護・福祉の求人をさがす

ホームヘルパーの仕事内容は大きく3種類


ホームヘルパーの仕事には、大きく分けて以下の3種類があります。


• 身体介護
• 生活援助
• 通院等乗降介助


それぞれの仕事内容がどのようなものなのか、詳しく解説していきます。


(1)身体介護~食事や入浴などの介護

例えば食事や入浴、トイレ、着替えといった日常生活での動作のお手伝いなど、利用者さんの身体に直接触れて行う介助のことです。
これらに伴う、準備や片付けも含まれます。


身体介護には床ずれを防ぐための体位変換介助や服薬をサポートする服薬介助なども含まれ、具体的な介護の内容は多岐にわたります。


(2)生活援助~掃除や買い物の援助

生活援助とは、掃除や洗濯、調理、買い物の代行など、清潔で快適な日常生活を送るうえで必要なサポートすること。
他にもゴミ出しや調理なども生活援助に含まれます。
身体に直接触れない身の回りのサポートになります。


掃除、洗濯、調理などは利用者さんのこだわりや好みが表れやすい部分でもあるため、事前にどのような援助を希望しているのか、すり合わせておくことが大切です。


(3)通院等乗降介助~通院時の介助

通院等乗降介助とは、利用者さんが通院する際の介助のこと。
具体的には通院準備や通院先までの移動のサポート(自ら車を運転するなど)、受診手続き、受診後の支払い、自宅への移動のサポートなどが挙げられます。


なお、介護保険サービスを適用した介護では、ホームヘルパーは病院の中までは付き添いません。
病院内では基本的に病院側のスタッフが利用者さんに付き添います。


ホームヘルパーにはできない仕事もある


ホームヘルパーは、以下の仕事はできません。


• 利用者さんの家族の食事を作るなど、利用者さん本人以外に対する各種家事
• 嗜好品や誰かへのプレゼントなど、生活必需品以外の買い物代行
• 家屋の修繕、引越し準備など日常生活の範囲を超える介護


ただし、介護保険の適用を受けない自費サービスでのホームヘルパーであれば、上記のような仕事も可能です。


また、ホームヘルパーは介護保険の適用の有無にかかわらず、医療行為はできません。
当然ながら、ホームヘルパーは医師や看護師のような医療者ではないからです。


ホームヘルパーに必要な資格や介護福祉士との違いは?


ホームヘルパーとして働くためには、資格が必要です。また、ホームヘルパーは介護福祉士と混同されやすいですが、両者には違いがあります。


ホームヘルパーには資格が必要

ホームヘルパーとして仕事をするためには、介護の資格が必要です。
比較的短期間で取得できる資格から、難易度の高い国家資格までいくつかあります。


介護の仕事をするうえでスタートラインとなる資格が「介護職員初任者研修」です。
受講するための条件は特になく、民間のスクールなどで受講できます。
この研修を修了していないと、利用者さんの身体に触れて行う身体介護ができません。


なお、より上位の資格には「実務者研修」や「介護福祉士」、「認定介護福祉士」などがあります。
例えば介護福祉士の資格を取るとケアマネージャーの仕事もできるようになるなど、キャリアアップも可能です。


ホームヘルパーと介護福祉士の違い

ホームヘルパーと介護福祉士の大きな違いは、働く場所と求められる資格です。


ホームヘルパーは利用者さんの「自宅」に訪問して各種介護・サポートをしますが、介護福祉士は特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの「施設」で働くこともあります。
また、介護福祉士になるには介護福祉士国家資格を取得しなければなりません。


介護職初心者の場合、資格の観点から言えばホームヘルパーの方が始めやすいといえるでしょう。


ホームヘルパーの仕事の魅力・やりがい


ホームヘルパーの仕事には、以下のような魅力ややりがいがあります。

それぞれについて詳しく解説します。


時間や場所を柔軟に選びやすい

ホームヘルパーの働き方には、常勤(正社員などの社員)、非常勤(アルバイト・パート)、業務委託などさまざまな形があります。


ホームヘルパーとして本格的に活躍したいなら常勤として雇用されて働く、家事や育児などと両立しながら柔軟に働きたいならパートや業務委託で自由度高く働くといった選択ができるのです。


このように自分の志向やライフスタイルに合わせた働き方ができる点は、ホームヘルパーの魅力です。


利用者さんに頼ってもらえ、感謝される

ホームヘルパーは、自宅で暮らす要介護者の自宅に訪問し、さまざまなサポートをします。
また、複数人を一度にサポートする施設とは違い、利用者さん宅に訪問中は個別にその利用者さんだけのためにサポートをします。


利用者さんからすると、住み慣れた家にいながら生活を快適に過ごす手助けをしてくれるという実感を得やすいため、感謝の言葉をかけてもらえることもよくあります。
このように自分の働きが、目の前の人の役に立っていることがダイレクトに感じられるやりがいある仕事です。


ホームヘルパーで働く大変さ


ホームヘルパーの仕事に、以下のような大変さもあります。
良さだけでなく、大変な点も理解した上でスタートできれば、長く続けてキャリアアップにもつながりやすいでしょう。


体力が必要な場面がある

ホームヘルパーの仕事をするには、ある程度の体力が必要です。


身体介護では利用者さんの身体を動かす場面も多いですし、他にも買い出しの代行や複数の利用者さん宅の移動なども多いため、1日を通して体を使います


しかし、最近では移乗介護ロボットや歩行介助ロボットなどを使った介護の自動化・機械化も進んでいて、ホームヘルパーの体力的負担も軽減されつつあります。


ストレスが溜まることがある

ホームヘルパーの仕事をしていると、ストレスを感じる場面もあります。


例えばルール上ホームヘルパーにはできない仕事を頼まれ、断ったことでクレームになったり、病気や認知症などの関係できつい当たり方をしてくる利用者さんがいたりもします。


こうした利用者さんにもうまく対応して、いかにきちんとサービスを提供するかは、ホームヘルパー腕の見せどころともいえるでしょう。


まとめ


ホームヘルパーは、利用者さんの自宅に訪問して身体介護・生活援助・通院等乗降介助を行う仕事です。


体力が必要だったり、人と関わる仕事だからこそのストレスがあったりはしますが、柔軟な働き方も可能で、利用者さんから直接感謝されることが多いやりがいのある仕事です。


ホームヘルパーになるには資格が必要で、はじめの一歩としては「介護職員初任者研修」の修了が必要ですが、特に受講資格はありません。
ホームヘルパーの仕事に魅力を感じたら、ぜひ挑戦してみましょう。


2024年6月12日公開


医療・介護・福祉の求人をさがす

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード