バイトでは、一か月や2週間など一定期間のシフトがまとまって決まることが多いもの。
こうした状況で「まだシフトが残ってるけどバイトを辞めたい」ということもあるでしょう。


そこで今回は、決められたシフトが残ってる状態でもバイトは辞められるのか、シフトを残してバイトを辞める際の注意点や、配慮すべきことを解説します。

なるべく円満にバイトを辞めるために、ぜひ確認してみてください。


求人をさがす

シフトが残ってる場合でもバイトは辞められる


まず、「決まったシフトがまだ残ってるから、バイトを辞められない」ということはありません。


ただ、すでにシフトが決まった状態で急にバイトを辞めたいと申し出ると、誰かが代わりに残りのシフトに入ることになります。
シフトを管理する人にも他のメンバーにも迷惑がかかるので、「シフトを終えるまでは続けられないか」相談される可能性はあるでしょう。


バイト先ときちんと話し合い、できる限り迷惑がかからないよう配慮したうえで辞めることが大切です。


シフトが残ってる状態でバイトを辞める場合の注意点


シフトが残ってる状態でバイトを辞める場合は、以下の点に注意しましょう。


● バイトを辞める意思は遅くとも2週間前までに伝える
● バイトを辞めようか考えていることは早めに相談する
● シフトが残ってる状態で無断でバイトを辞めるのは厳禁


それぞれについて詳しく解説します。


・バイトを辞める意思は遅くとも2週間前までに伝える

バイトを辞めることは、退職希望日の2週間前までに申し出ましょう。このことは、民法627条に定められています。


第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。


法律とは別に、バイト先の社則や就業規則で退職を伝えるべきタイミングが定められていることもあります。
こちらも確認しておきましょう。


法律と社則の内容が違う場合は、一般的には法律である民法が優先される傾向にあります。
ただし、考え方はバイト先によっても異なります。
民法と社則のうち、より早く退職を伝えるよう定めているほうに従っておくと無難です。


・バイトを辞めようか考えていることは早めに相談する

先述の通り、民法に従えば退職の申し出は2週間前までで良いとされていますが、バイトを辞めようか考えていることは早めに店長などの責任者に相談しましょう。


法にのっとり2週間前に退職を伝えたとしても、バイト先は「急に言われても…」と困惑してしまうかもしれません。


「辞めるか迷っている」「辞めるかもしれない」程度で良いので、相談しておけばバイト先は新たな採用や他スタッフのシフト調整の準備ができます。
場合によっては、バイトを続けていける対応をしてもらえることもあるでしょう。


・シフトが残ってる状態で無断でバイトを辞めるのは厳禁

バイトを無断で辞めること自体そもそもご法度ですが、シフトが残ってるならなおさらです。

相手の立場にたって考え、無断で辞めるのは絶対避けましょう。


ある日突然バイトを辞めると、しばらくの間少ない人数で仕事を回すことになり、それぞれに大きな負担が生じます。
現場がスムーズに回らず、スタッフだけでなくお客様にも迷惑をかけてしまうかもしれません。
状況によっては突然の欠員で損害を受けたとして、バイト先から損害賠償請求される可能性も否定できません。


また、事件や事故に巻き込まれたのかと心配したバイト先から、家族に連絡が入ることもあるかもしれません。
無断退職は迷惑がかかるだけでなく、周りを巻き込んだ問題に発展する可能性もあるのです。


シフトが残ってる場合、なるべく迷惑をかけないためにすべきこと


法的に問題なかったとしても、バイト先の納得を得られていたとしても、シフトが残ってる状態でバイトを辞める場合、迷惑がかかりやすいです。


少しでも迷惑をかけないためにすべきことを2つ紹介するので、意識してみてください。


・引き継ぎが必要な場合は丁寧に対応する

バイトで担当していた仕事を他の人に引き継ぐ場合は、丁寧に対応しましょう。


きちんと引き継ぎをしないまま辞めてしまうと、後任の人がその仕事に慣れるまでに時間がかかってしまいます。
後任にも負担がかかりますし、バイト先全体の業務にも支障が出かねません。


自分が辞めた後も問題なくバイト先が回るように、責任を持って引き継ぎをしましょう。
「立つ鳥跡を濁さず」です。


・代わりにシフトに入ってくれる人を探す

シフトが残ってる状態でバイトを辞めるなら、代わりにシフトに入ってくれる人を探すことも検討しましょう。


ただし、代わりの人を探すのは義務ではないため、可能な範囲で問題ありません。
あくまでも、お世話になったバイト先への気遣いです。
バイト先から「代わりの人はこちらで探すので何もしなくて良い」と言われることもあるので、探す前にバイト先とも相談してみてください。


代わりの人が決まったら、バイトを辞めるまでの間、その人のシフトに代わりに入るなどのフォローも重要です。


まとめ


ここまで解説してきたように、シフトが残ってる状態でもバイトを辞めることは可能です。
民法によれば退職の申し出は2週間前までで良いですが、バイト先の社則も確認しておきましょう。


なお、バイトを辞めると確定していなくても、早めに店長などに相談しておくことも重要です。


シフトを残してバイトを辞めることが決まったら、丁寧に引き継ぎをするなどバイト先への影響がなるべく少なく済むような配慮も必要です。
最後まで誠実に対応し、気持ち良くバイトを終えられるようにしましょう。


2024年4月5日公開


求人をさがす

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード