理由は人によって異なるものの、「バイトが楽しくないな」と感じるのは誰にでもあること。


楽しくないことを理由に辞めるべきか迷いつつ、答えを出せないという人もいるのではないでしょうか。


本記事では、楽しくないと感じるいくつかの理由を挙げています。
合わせて、「楽しくない」という理由でバイトを辞めるのはありなのか、迷った場合の判断基準や、楽しくするためのアイデアなども解説します。


バイトが楽しくないと感じる理由


「バイトが楽しくない」と感じるときは、冷静にその理由を探ってみましょう。
そのバイトを続けるにしても辞めるにしても、理由が分かっていなければ対処もできず、バイトを変えても同じ状況になってしまうかもしれません。


・職場の「人間関係」に問題がある

人間関係に問題があると、バイトそのものが楽しくないと感じてしまいがちです。


仕事内容が楽しかったとしても、苦手な人がいたり、雰囲気がギスギスしたりしていると、それだけでバイトに行くのがおっくうになる人も少なくありません。
ストレスも溜まりやすく、仕事に集中しづらくなるため、結果的にバイトそのものを楽しめなくなってしまいます。


・仕事に「やりがい」を感じられない

仕事にやりがいを感じられないことが、楽しくない理由になっている場合もあります。


人によって得意・不得意や、興味関心の有無、価値観が異なるため、同じ仕事内容でも人によって楽しいと感じたり、つまらないと感じたりと反応が分かれます。


今の仕事が自分の適性や志向に合わないと成果も出づらく、また達成感ややりがいを感じる場面が少なくなり、「バイトがつまらない」と感じてしまうのです。


・仕事内容と待遇が見合わない

仕事内容や仕事量と待遇が見合わない場合も、仕事が楽しくないと感じやすくなります。


特に体力的・精神的にハードな仕事の場合、給料が割に合わないと感じる人が多くなる傾向にあります。
「こんなに頑張ってこんなに疲れるのに給料はこれだけか…」という状況では、仕事が楽しくないと感じるのも無理はありません。


・時間や体力に余裕がない

日々が忙しすぎてバイトを楽しむ余裕がない場合もあります。


バイトと育児や家事、学校やサークル活動などと両立するのはなかなか大変なことです。
それでも、人が足りないからと出勤を頼まれたり、自分の希望が通らなかったりすると、ますます時間にも心にも余裕がなくなってしまいます。


「バイトが楽しい」と感じるためには、ある程度のゆとりが必要です。


「楽しくない」という理由でバイトを辞めるのはあり?


「楽しくない」理由によっては、バイトを辞めることが解決につながる場合もあります。
そのまま続けていてもモチベーションが上がらず、十分に力を発揮できない可能性が高いためです。


ただし、勢い任せで行動せずに、辞めるかどうかを慎重に判断することが大切です。
何かにメリットを感じたから応募し、縁があって今のバイトに入ったはず。


のちのち「辞めなければよかった」と後悔しないよう、今の気持ちや状況をもう少し掘り下げて考えてみましょう。


バイトを辞めるべきか迷ったときの判断基準


バイトを辞めるべきか迷ったときは、以下の4つを判断基準にするのがおすすめです。


・何のためにバイトをしているか、なぜこのバイトを選んだか

バイトをしている目的は何だったか、数あるバイトの中からなぜこのバイトを選んだのかを思い返してみましょう。
バイトが楽しくないと感じるときは、大元の目的を見失っているケースが多いためです。


初心にかえって、バイトを始めた頃のワクワクした気持ちを思い出してみるのも良い方法です。
そのうえで、今のバイトをしようと思った目的が果たせているかどうかも判断基準にすると良いでしょう。


・今のバイトを続けるメリット・デメリットは何か

今のバイトを続けるメリット・デメリットを書き出してみるのもおすすめです。
どんな仕事・職場にもたいていメリットとデメリットがあり、それらを天秤にかけることで判断がしやすくなります。


「楽しくない」などネガティブな状態のときにはデメリットばかりに目が向いているかもしれません。
フラットに考え挙げてみましょう。
メリットのほうが大きければ続ける、デメリットのほうが多ければ辞めることを検討してみましょう。


・辞めた後はどうするか・どうなるか

辞めた後のことも大切な判断基準になります。


たとえば、次の仕事はすぐに決まりそうか、一時的に収入がストップしても生活に支障が出ないかどうかなどです。


もし今の仕事・給料が絶対に欠かせないものなら、楽しくないという理由だけで辞めるのはリスキーです。
「自己都合」での退職は、失業保険の給付も数か月先になります。/p>

バイトを辞めるかどうかと合わせて、その後どうするかも考えておくことも重要です。


・心身の健康状態に問題はないか

心身の健康状態をセルフチェックしてみることも大切です。
「楽しくない」というストレス状態が長期間続くと心身の不調につながる恐れがあるためです。


心身の不調を感じる場合は、無理せずに休息し、回復することを優先すべきです。
職場や仕事内容が合っていないだけでもストレスを感じる場合があり、必ずしも自分に直接的な原因や責任があるとは限りません。


いたずらに自分を責めすぎず、ゆっくり休んだり、より楽しいと感じられる仕事を探したりするのもひとつの解決策です。


バイトを楽しくするための3つのアイデア


今のバイトを続ける場合、少しでも仕事が楽しくなるようなアイデアを3つ紹介します。


・目標を持つ

目標を持つことでモチベーションが上がり、楽しくない状況から脱出できる可能性があります。
仕事が楽しいかどうかは、「何をやるか」のほかにも「なぜやるか」影響するためです。


目標は仕事に関するものでもいいし、プライベート関連でも良いでしょう。
たとえば、「これまでよりも作業時間を5分短くする」「給料を貯めて◯◯を買う」「●●円貯金して、夏休みに海外旅行をする」などです。


目標を持つだけで、やることは同じでも見える景色が変わってくるでしょう。


・仕事中の楽しみを見つける

仕事中の楽しみを見つけるのもおすすめです。
業種・職種によっても異なりますが、以下のようなものが考えられます。


• ユニークなお客さんを探してみる
• 今日一番売れるものを予想する
• 今よりも効率の良いやり方を探す


いつもとは違う部分に目を向けてみると、新たな発見や楽しみが見つかるかもしれません。


・バイトから得られるものを探す

今のバイトから得られるものは何かという視点を持ってみるのもおすすめです。
具体的には以下のようなものが挙げられます。


• 新しい知識やスキルが身につく
• 友達が増えて世界が広がる
• いち早く新製品情報を得られる
• 特定のジャンルに詳しくなれる


バイトの目的は収入であることがほとんどですが、実際に得られるものはそれだけではないはずです。
給料以外の部分に価値を感じられれば、今の仕事に新たな楽しみを見出だせる可能性があります。


まとめ:バイトが楽しくない時は理由を探ることから始めよう


多くの人が「バイトが楽しくない」と感じたことはあるものです。
一方で、なぜ楽しくないかは人それぞれで、その理由によってすべきことが変わってきます。


感覚的に楽しくないと感じているときは、その理由を特定しつつ続けるか辞めるかを慎重に判断しましょう。
ただし、バイトを辞めると一時的に収入が途絶えてしまううえ、新しいバイトを探すにはそれなりの時間と労力がかかります。


勢い任せで安易に辞めることはせずに、じっくり考えつつ今のバイトを楽しくする工夫もしてみましょう。


2024年4月3日公開


求人をさがす

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード