旅館の仕事に関心があるものの、さまざまな職種があってどの仕事にチャレンジしようか迷っている人もいるのでは?


旅館で働くという点は同じでも、職種によって具体的な仕事内容は異なります。
今回は旅館の仕事内容や魅力を職種別に解説します。


自分の適性「どのような形でお客さんに貢献したいか」といった点を意識して1つずつ確認してみてください。
合わせて、旅館のシフトの仕組みや旅館の仕事に向いている人の特徴も紹介します。


※DOMONETでホテル・旅館・ブライダルのシゴトを探す⇒こちらをクリック


旅館の仕事内容は?仕事の魅力も紹介


一口に「旅館の仕事」といっても、さまざまな職種があります。
アルバイトなどの募集では、職種ごとに求人が出されていたり、面接で希望職種を聞かれたりすることもあります。


仕事内容や仕事の魅力は職種によってさまざまなので、確認していきましょう。


・接客(仲居)

接客は「仲居」と呼ばれることも多い職種で、部屋ごとに担当を持ち、荷物の運搬や旅館内の案内、食事の配膳、布団の用意などを行います。
周辺の観光地についてお客さんに情報を伝えたり、タクシーの手配をしたりすることもあります。


お客さんとコミュニケーションをとる機会が多いため、旅館に対する満足度を左右する大事に役目といっても過言ではありません。
お客さんに直接役立つ仕事を担える点が、この職種の魅力です。
「おかげでゆっくり寛げましたよ」「また来ますね」といった言葉をかけてもらえるかもしれませんね。


・フロント

フロントは、チェックイン・チェックアウトや宿泊予約の受付、会計業務などをする仕事です。


お客さんと最初に接する「旅館の顔」として働ける点や、満足して旅館から帰っていくお客さんをお見送りできる点が、フロントの仕事の魅力です。


仲居のようにお客さんの担当につき、密にサービスを提供するわけではありませんが、その分幅広いお客さんと接する機会がある点もフロントの仕事の特徴といえます。


・清掃・裏方

清掃・裏方は、客室や温泉の清掃、アメニティの補充などをする仕事です。
旅館によっては仲居の代わりに清掃・裏方がお客さんの布団の準備をすることもあります。


部屋に誰もいない間にお客さんが使うスペースを整えることが仕事なので、直接的にお客さんと接する機会は少ないです。


コミュニケーション能力や接客に苦手意識があっても、快適な空間づくりに貢献できる点が清掃・裏方の魅力といえます。


・調理

旅館で提供する食事をつくる仕事で、アルバイトやパートの場合は調理補助のような形で、食材の下処理や盛り付けなどをすることが多いです。


旅館を訪れるお客さんには、料理を楽しみにしている人も多くいます。
旅館での料理が旅の思い出となることも多々あります。


このように旅館サービスの中でも特に重要な「料理」という面からお客さんに喜んでもらえる点や、仕事をする中でプロのテクニックを学べる点が、調理の仕事の魅力です。


・従業員の取りまとめ(女将)

旅館には女将と呼ばれる職種もあり、従業員の取りまとめや教育、マネジメントをします。
時には女将自ら接客をすることもあります。


アルバイト・パートとして女将になることはほぼありません。
しかし、職種によっては女将と一緒に仕事をしたり、女将から教育・指導を受けたりすることもあるので、ここで紹介したような女将の仕事内容も把握しておくと良いでしょう。


・旅館の運営(支配人)

アルバイト・パートとして務めることはないものの、知っておくべき職種として、旅館の運営をする支配人も挙げられます。


支配人は旅館の売上管理や各種企画立案など、旅館運営に関する仕事をします。
ただし、支配人が従業員の教育・マネジメントをすることもありますし、アルバイト・パートの面接官をすることもあるので、接する機会があるかもしれません。


旅館の仕事の勤務時間・シフトの組み方


旅館の仕事の勤務時間・シフトの組み方は、職種によります。


例えばフロントだと基本的に24時間常に対応できる体制を整えておく必要があるため、バイトのシフトは2交代制や3交代制となることが多いです。
深夜にシフトに入る場合は深夜手当がつくので、より効率良く働きたい場合はフロントを志望するのもおすすめです。


一方、調理や仲居は深夜には仕事がありません。
よって、深夜以外の時間帯でシフトが組まれることが多いです。


旅館の仕事に向いている人の特徴は?


旅館の仕事に向いている人の特徴としては、以下の3点が挙げられます。


日本的なマナーや日本文化に興味がある人
人と接すること・もてなすことが好きな人
体力がある人


なぜこのような人が旅館の仕事に向いているのか、解説します。


・日本的なマナーや日本文化に興味がある人

日本的なマナーや日本文化に興味があり、和室での所作や日本らしい細やかな気遣いができる人、あるいはそうしたことを学びたい人は、旅館の仕事に向いています。


特に仲居などお客さんと接する機会の多い職種では、日本的なおもてなしをする必要があるからです。


また、旅館には日本らしさを重視するお客さんが多く訪れます。
昨今では、外国人のお客様が増えている旅館もあるでしょう。
日本文化について聞かれる可能性もあるので、最低限の知識があると喜ばれることもあり、仕事のやりがいにつながります。


・人と接すること・もてなすことが好きな人

旅館の中でも仲居やフロントなど接客を担う職種は、人と接することが好きで、日頃からもてなすことが好きな人に向いています。


仲居やフロントがお客さんにどう接するかによって、お客さんの旅館に対する満足度は変わってきます。
よって、人と接することが好きで、お客さんに好印象を持ってもらえる言動が自然とできたり、お客さんのニーズを先読みしたりできる人は向いているといえます。


・体力がある人

体力がある人も、旅館の仕事に向いています。旅館の仕事では立っている時間が長かったり、重いものを運ぶことが多かったりするからです。


また、旅館に滞在するお客さんのサポートをするという点から、シフトの時間も長めに設定されている傾向にあります。


こうした点から、体力が必要な仕事を長時間こなせるような人も、旅館の仕事に向いているといえます。


まとめ


アルバイトやパートとして旅館で働く場合、職種には仲居やフロント、清掃・裏方、調理などがあります。


それぞれで仕事内容やお客さんへの貢献方法は違いますが、どの職種もお客さんの旅の満足度を左右するやりがいある仕事です。


また、日本的なマナーや日本文化に興味がある人、人と接することが好きな人、体力のある人などは旅館の仕事に向いています。
人と接することが苦手な人でも清掃・裏方なら安心なので、興味があればぜひチャレンジしてみましょう。


2024年3月11日公開


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

※DOMONETでホテル・旅館・ブライダルのシゴトを探す⇒こちらをクリック

関連するワード