雇用形態にかかわらず応募の際に必要になる「履歴書」。
ビジネスシーンで使う書類のため、様式に合わせてビジネス用語を用いる必要があります。


しかし、ビジネス用語には混同されがちなものも多く、書き方が正しいのか迷うケースも少なくありません。
実際に履歴書では「御社」「貴社」どちらを用いるのが適切か、判断に困ったことはないでしょうか?


本記事では、「御社」と「貴社の」違いを解説しつつ、使い方の例文も紹介します。
あわせて、これら以外に混同されがちな用語の意味や使い方もまとめているので、ぜひ参考にしてください。


求人をさがす

履歴書では「貴社」が正解


履歴書に表記する場合は「貴社」と書くのが適切です。


「貴社」と「御社」はどちらも相手の会社を指す敬語ですが、「貴社」は書き言葉「御社」は話し言葉である点が明確な違いです。


履歴書やメールなどの文面では書き言葉の「貴社」を、電話や面接など口頭で話す場合は話し言葉の「御社」を使うのが正解となります。


・「貴社」を使った例文

イメージしやすいよう、実際に書き言葉である「貴社」を使った例文を紹介します。


【履歴書に書く場合】
(本人希望記入欄に)貴社の規定に従います。


【メールに書く場合】
(冒頭で)時下、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
(文末で)末筆ながら、貴社のますますのご発展をお祈りいたします。


・「御社」を使った例文
「御社」は話し言葉なので、例文は口頭による会話を想定しています。


【電話の場合】

「御社のアルバイト求人を拝見してお電話いたしました。」

【面接の場合】

「御社を知ったきっかけは…」
「私が御社を志望した理由は…」

注意!御社・貴社のどちらも不適切なケース


「御社・貴社」はいずれも相手の会社を指す言葉のため、「会社」以外の相手に使うのは不適切です。
「御社・貴社」に代わる言い回しは対象によって異なるため、相手によって以下のように使い分ける必要があります。


• 店舗:貴店・御店
• 学校:貴校・御校
• 銀行:貴行・御行
• 病院:貴院・御院
• 役所:貴庁・御庁


会社以外の勤務先に応募する際は、上記を参考にその組織に合わせて言い換えましょう。


使い方を間違うとどうなる?


「御社・貴社」に限った話ではありませんが、ビジネス用語の使い方を間違うと「知識が薄い」「マナーが身に付いていない」などのマイナス評価になる可能性があります。


履歴書や面接で間違えたからといって、それだけで不採用にはなりませんが、正しく使えないのは恥ずかしいことでもあります。


ビジネスパーソンとしての常識やマナーが身に付いていることをアピールするためにも、しっかり覚えて正しく使い分けましょう。


「御社・貴社」以外で気をつけたい用語


「御社・貴社」以外に迷いがちなビジネス用語を3つ紹介します。


・弊社・当社

「御社・貴社」と似ている言葉に「弊社」「当社」がありますが、これらは意味が全く異なるので注意が必要です。


どちらも「自分の会社」「自分が所属している会社」を指す言葉ですが、「弊社」は謙譲語であり、主に顧客やパートナー企業などの社外の人に対して使います。一方、「当社」は丁寧語であり、身内や自分と対等の相手に使うのが適切です。


このように「御社・貴社」も相手が誰かによって正しく使い分ける必要があります。


・御中・様

「御中・様」は書き言葉であり、応募書類やメールの宛名に敬称として書き添える言葉です。
相手の名前がわからない場合は「御中」、相手の名前が分かる場合は「様」を使います。


たとえば、「◯◯株式会社 ◯◯部 御中」とした場合、担当者が誰かはわかりませんが「◯◯株式会社の◯◯部に所属しているどなたか宛」という意味になります。


ただし、相手の名前がわからなくても「担当者」などの個人宛の場合は「採用御担当者様」と書くのが一般的です。


・自分・わたし・わたくし

自分を指す一人称にもさまざまな呼び方があります。


たとえば、「自分」や「僕」は自分と同等か目下の人に対する言い回しなので、上司に言う場合や面接などでは不適切な表現です。


また、ビジネスの場では性別に関係なく一人称は「わたし」「わたくし」と表現します。
「わたし」と「わたくし」はほとんど同じ意味ですが、「わたくし」のほうがよりフォーマルで丁寧な印象を与えられます。


バイト敬語にも要注意!


バイト敬語とは、本来の意味としては正しくないのに広く使われている言葉です。


伝えた相手によっては違和感を覚えたり、教養不足を疑われて評価を下げたりするケースもあるため、できる限り避けるのが無難です。


バイト敬語は数が多いため、ここでは特に間違われがちな表現を4つ紹介します。


「了解しました」

「了解」は自分と同等か目下の相手に使う表現のため、相手を立てるべき状況では不適切です。
言い換える場合は「かしこまりました」「承知しました」が正しい表現になります。


「了解しました」は、人によって「常識がない」「失礼だ」と受け取られかねないので、特に注意したい言い回しです。


「なるほどですね」

「なるほどですね」もよく使われる表現ですが、「なるほど」と「そうですね」が合体した造語です。丁寧語でも敬語でもなく、文法的にも誤った表現といえます。


相手の話に同意する際の返事として使われますが、この場合は「おっしゃる通りですね」や「はい、その通りです」などに言い換えた方が良いでしょう。


「こちら〜になります」

飲食店などで「こちらお水になります」といった表現が使われがちですが、これも誤用です。


「〜になる」は「氷が水になる」のように、何かの状態が変化する様子を表す言葉のためです。正しく言い換える場合は「お水をお持ちしました」や「お水です」と言い切りましょう。


「大丈夫です」

「問題ありません」という意味で「大丈夫です」という言葉を使いがちですが、意味が正しく伝わらない場合があるので避けたほう無難です。


「大丈夫」は「問題ない」のほかに「結構です」という拒否の意味もあるためです。
回答がどちらの意味なのか曖昧になってしまうため、ストレートに「問題ありません」と答えたほうが良いでしょう。


まとめ:正しいビジネス用語で教養をアピールしよう


「相手の会社」を意味する「御社」と「貴社」。「貴社」は書き言葉、「御社」は話し言葉のため、履歴書に書く場合は「貴社」が正解となります。


「バイト敬語」のように、本来の意味とは異なり、文法上は誤っているにもかかわらず誤用が広まっている言葉もあるため、一層正しい言葉がわかりづらくなっています。


しかし、教養がある人が聞けば間違った使い方であることはすぐにわかるため、知らず知らずのうちに恥ずかしい思いをしているかもしれません。
この機会に正しい言葉遣いをマスターして、状況に応じてしっかり使い分けましょう。


2024年3月11日公開


求人をさがす

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード