アルバイト・パートで働く主婦のみなさんに、家事や子育てと仕事の両立についてアンケートを実施しました。(2023年11月)

理想のバランスと実態、両立のために工夫している具体例などをお伝えします。



Q1 子育てと仕事、理想のバランスは?



理想の働き方としては、どちらかというと子育てを優先して働きたいという回答が最も多く、次に子育ても仕事と同じくらい優先したいという回答が続きました。

子育て世代はまだまだ子どもに手が掛かることもあり、仕事重視の働き方よりも成長を見守りながら働きたいという志向が多いようです。



Q2 「家事」と仕事の両立。現実はどう?



約半数の人が、なんとか両立できているという結果でした。

働き方の多様性や企業側の制度整備が進み、家庭との両立がしやすい環境づくりに前向きな企業が増えています。

「働き方はご相談ください」などと記載された求人もあるので、よくチェックしてみましょう。



Q3 「子育て」と仕事の両立。現実はどう?



こちらも半数近くの人が、なんとか両立できているという結果でした。

子育てについては、パートナーに加え親やママパパネットワークの協力を得ているケースもあるようです。

きょうだいがいれば、家事の合間に子ども達だけで遊べるようにするなど、協力環境の整えがポイントとなりそうですね。



Q4 両立で工夫していることは?



多くの人が実施しているのが食料のまとめ買いでした。

その他、上位の回答を見てみると最近話題の「タイパ」※1 を上げる為の時間の効率的な使い方にヒントがありそうです。

そのような習慣を身につけ、タイパの良い生活基盤を作れるとより充実した日々がおくれそうですね。

※1 タイパ・・・タイムパフォーマンス(かけた時間に対する効果)



Q5 特に工夫している家事・育児の両立方法をおしえて!


4名の方に、具体的に声を聞いてみました。


■ Yさん(30代:パート勤務、女性)

夫婦で出来ることを分担して協力し合う

「朝食は主人が準備し、夕食と子どもの送迎は私が担当。できる範囲でお互い協力する。というのが今の私達のスタンスで、なんとか両立できています。」


■ Mさん(50代:パート勤務、女性)

子育て中からの習慣が家事の時短に繋がっています

「朝のうちに夕食の準備をしておくと、帰宅後の家事がとても時短になります。夕方の家事を減らせると急な残業や子どもの熱などに慌てることが少なく、心の余裕ができてオススメです。」


■ Kさん(20代:パート勤務、女性)

6年ぶりの社会復帰!週末の家事がポイント

「週末に食材のまとめ買いと平日分の作り置きをしています。その分平日の夜は子ども達を早く寝かしつけて、洗濯など、他の家事を程よくやっています。子ども達も夜のうちに持ち物準備を自分でしてくれるので、本当に助かっています。」


■ Hさん(40代:正社員、男性)

朝の子どもの送迎と休日は夕食作りも担当

「朝の送迎と、サービス業なので平日の休みの日は夕食作りを担当。料理はほとんど経験がなく、おかずの素を使ったりしていましたが、今ではスマホでレシピを調べて作れるまで成長しました。笑」



まとめ


家事や育児と仕事のバランスをとるために、どんな働き方をするかだけでなく、家族や身近な人とどのように協力していくかという点が非常に大切です。

工夫としては、帰宅後、忙しい夕方の家事や育児をどれだけ減らせるか。というひとつのポイントが見えてきました。


その分朝家事をする、その為に家事を分担する、子どものできることを増やす。など自分に合った方法が見つけられると良いですね。

是非参考に実践してみてください。


【調査概要】

調査対象:25~59歳のパート主婦・専業主婦、78名

調査エリア:静岡県・愛知県、ほか

調査方法:インターネットによるwebアンケート(インサーチ事務局調べ)

調査期間:2023年11月


2024年2月15日公開


※最新の「主婦・主夫歓迎」求人をチェックする⇒こちらをクリック


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード