お客さんの「きれい」に貢献でき、華やかなイメージがあるエステティシャン。
施術以外にどのような仕事をしているのか、施術の種類によって仕事内容にどのような違いがあるのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。


また、資格や経験はないもののエステの仕事に就きたいと思っている人もいるでしょう。


そこで今回は、具体的な仕事内容や、仕事に就く方法を解説します。やりがいや大変さにも触れているので、ぜひご確認ください。


エステの仕事とは?具体的な仕事内容を解説


エステティシャンの主な仕事内容は、カウンセリング、施術、商品の販売や使い方の説明です。
開業する場合はこれに加えて経営に関する業務も担います。


それぞれの具体的な内容を詳しく見ていきましょう。


・カウンセリング

カウンセリングでは、お客さんの悩みや希望、肌や身体の状態をヒアリングします。
そのうえで、どのような施術をすると効果的なのか、施術でどの化粧品や機器を使うのかを提案し、具体的な施術内容を決定します。


お客さんの悩みを解消するため、日頃の生活に関するアドバイスをすることも仕事の一つです。


・施術~エステの種類により異なる

カウンセリングの内容を踏まえ、実際に施術をしていきます。
エステにはフェイシャル、ボディ、脱毛、痩身などの種類があり、それぞれで施術内容が異なります。


フェイシャルは、顔・頭部・首に施術をするエステです。
ケミカルピーリングといって薬剤で古い角質を落とす施術や、イオン導入といって機械で美容成分を浸透させる施術、フェイシャルマッサージなどが該当します。


ボディでは、身体の凝りをほぐしたり、リンパを流したりします。
施術時に使用するのは、機械やオイル、クリームです。
あくまでもエステであり医療行為ではないため、医療機器は使いません。


脱毛では、光脱毛もしくはワックス脱毛をします。
光脱毛では光を照射し、ワックス脱毛では対処箇所にワックスを塗り一気に剥がします。
レーザー脱毛や強い光を照射しての脱毛は、エステではできません。


痩身とは、脂肪やセルライトをほぐし、発汗させることで老廃物を体外に排出する施術です。
脂肪やセルライトは手でほぐすこともあれば機械でほぐすこともあります。
その後は機械で脂肪を破壊し、発汗を促すため筋肉運動をしたり身体を温めたりします。


・商品の販売や使い方の説明

ホームケアで使える商品の販売や使い方の説明をすることも、エステティシャンの仕事です。
ホームケア商品もエステティックサロンの重要な収益源となっています。


施術で使っている化粧品についてお客さんから質問され、その流れでおすすめすることもあれば、カウンセリング時や施術後の会計時におすすめすることもあります。


・開業する場合は経営に関する業務も必要

個人あるいはフランチャイズ等でエステティックサロンを開業する場合は、オーナーとして集客のための企画立案や売上管理、新しい機器の導入や化粧品の在庫管理など、経営・店舗運営に関する仕事もします。


従業員の採用や教育も必要です。


ただし、フランチャイズなら本部のマニュアルがあったり、定期的に本部から指導を受けられたりします。
一方、個人で開業する場合は全て自分で、一から自由にお店づくりができます。


エステの仕事をするための3つの方法


エステの仕事をするために、必須の資格や経験はありません。
ここでは、事前に学んでからエステシャンになる方法2つと、資格や経験がない状態からエステシャンになる方法1つを解説します。


①美容専門学校に通う

美容専門学校に通い、知識や技術を身につけたうえでエステの仕事に就く方法です。
美容専門学校では、エステに限定しない幅広い美容知識が身につきます。


カウンセリングでホームケアについてアドバイスする際にエステ以外の美容知識が役に立ったり、幅広い知識・技術を身につけることでより一層「手に職がつく」感覚が得られたりします。


就職でも専門学校での学びが評価され、即戦力として判断されやすいです。


②エステティックスクールに通う

エステの知識や技術を学んだうえでエステシャンになりたいなら、エステティックスクールに通うのも1つの手です。
一番手堅い方法といえるでしょう。


エステティックスクールではエステについて集中的に学びます。
通信教育もあるので自分のスタイルに合った方法で勉強できる点もメリットです。


エステシャンとしての知識・技術に絞って効率良く学習したい、家事や子育て、仕事などで専門学校に通う時間的余裕がないという人におすすめです。


③資格や専門学校の経験がないまま就職する

先述の通り、エステの仕事は資格や経験、専門的な知識・技術がなくてもできます。よって、美容関連以外の学校・職場出身でもエステの仕事に就くことは可能です。


ただし、清掃や受付など施術に関わらない仕事を優先的に任される可能性があります。


初めはアルバイトとして働く傍ら、先輩スタッフから学んだり、資格取得を目指したり通信制のエステティックスクールで学んだりすることがおすすめです。この際おすすめの資格としては、以下があります。


● 認定エステティシャン
● 認定上級エステティシャン
● 認定トータルエステティックアドバイザー


エステの仕事のやりがいや魅力は?


エステの仕事のやりがい・魅力には、「お客さんに感謝される」「美容の知識に詳しくなれる」といったものがあります。
具体的にどのような点でやりがいや魅力だといえるのか、解説します。


・お客さんに感謝される

エステの仕事では、お客さんの悩みを施術によって緩和・解消したり、きれいになるお手伝いをしたりします。
効果を実感したお客さんや施術でリラックスしたお客さんの表情が明るくなり、感謝されることでやりがいを感じる人は多いです。


リピーターとして指名してくれるお客さんが出てくると自分の施術や接客に自信が生まれ、さらなるモチベーションにもつながります。


・美容の知識に詳しくなる

美容のトレンドやお客さんの悩みの傾向は変化していきます。
日々お客さんから話を聞き、それに合わせたアドバイスのため美容のトレンドを押さえるうちに、どんどん美容の知識に詳しくなっていきます。


自分自身をケアする際にも、知識を活かして食材や化粧品を選べるようになり、お客さんだけでなく自分の美容にも良い影響が生まれるのです。


エステの仕事の大変さは?


やりがいのあるエステの仕事ですが、大変な点もあります。
具体的には身体に負担がかかりやすい、お客さんからクレームを受けることがあるといった点です。


いずれも対処法があるので、合わせて確認していきましょう。


・身体に負担がかかりやすい

エステの施術では機器を使うことも多いですが、手で直接お客さんの身体に触れることもあります。後者の場合、手で圧力を加える必要がるので体力は必要になります。


また、機械を使う場合でも手を使う場合でも、施術中は前かがみの姿勢になることが多いです。
体に負担がかかりやすいため、自分自身のケアも日頃から意識的におこなうようにしましょう。


・お客さんからクレームを受けることもある

エステの仕事では、お客さんからクレームを受けることもあります。


ちょうど良い力加減は人それぞれなので、いつもと同じように施術していたのに痛いと言われたり、効果を過度に期待したお客さんから不満を言われたりすることがあるのです。


よくあるクレームについてはこのように答える、という対処法を確認しておくと、スムーズに対応できストレスも軽減できます。


まとめ


エステの仕事では、カウンセリングや施術、商品販売などを通してお客さんの身体に関するお悩みを解消し、きれいになるお手伝いをします。


資格や経験は必須ではありませんが、本格的に施術に携わりたい、自身をもって臨みたい場合は知識や技術を学んだり、資格を取ったりすることがおすすめです。


エステティックサロンでアルバイトとして働きながら資格取得を目指すことも可能なので、興味がある場合はまずどのような求人があるのか、見てみましょう。


2024年2月9日公開


※DOMONETでエステ・マッサージ関連のシゴトを探す⇒こちらをクリック


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード