テレビ番組の撮影現場に入れるなど非日常的な経験ができる、テレビ局のアルバイト。
でも、興味はあるものの、具体的にどんな仕事をするのかわからない、仕事の時間が不規則なイメージで大学と両立できるか不安という大学生も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、大学生がテレビ局バイトをする場合の仕事内容ややりがいを解説します。


「バイト経験を就活に活かせるのか」にも触れているので、ぜひご確認ください。


大学生ができるテレビ局バイトの仕事内容


大学生ができるテレビ局バイトの仕事には、以下があります。


● 番組制作の補助
● 動画コンテンツの制作補助
● 大道具やセットの設営補助

それぞれの仕事内容について、詳しく解説します。


・番組制作の補助

番組制作の補助では、番組の収録現場でのカンペ出しやモニターチェック、番組で必要な資料や原稿のコピー・配布、カメラや音声の補助などをします。


番組制作に直接関わる業務以外にも、出演者のお弁当の手配をしたり荷物を運んだりすることもあり、仕事内容は幅広いです。
担当する番組によっても仕事内容は変わり、例えばスポーツ番組の担当なら中継の補助を任されることもあります。


・動画コンテンツの制作補助

テレビ局では、テレビ番組以外にネット配信番組を制作していることも多いです。
大学生がテレビ局でバイトをする場合、こうした動画コンテンツの制作現場で動画編集や企画出しをすることもあります。
デジタル全般に長けている学生ならではの仕事ともいえます。


情報のリサーチという形でコンテンツの企画に携われることもあり、番組がゼロから出来上がる過程を体験できます。


・大道具やセットの設営補助

テレビ局バイトの仕事には、撮影スタジオなどで使われる大道具やセットの組み立て・解体も含まれます。
例えばドラマ撮影の現場だと、撮影シーンが切り替わる時に素早くセットの解体・組み立てをするのです。


大道具やセット自体の製作ではなく組み立て・解体が主な仕事になるため、基本的には美術系を学ぶ学生でなくても働けます。


大学生がテレビ局バイトをするメリット・やりがい


大学生のテレビ局バイトには、「テレビ局や番組撮影現場といった普段入れない場所に入れる」ことに由来するメリットのほか、就活で役立つメリットも多くあります。


具体的なメリットを4つ解説します。


・非日常感を味わえる

テレビ局バイトでは、いつも見ているテレビ番組や動画コンテンツの裏側に入り込め、時には画面越しに見ていた芸能人やアナウンサーに会えることもあります。


こうした非日常感を味わえる点は、テレビ局バイトならではです。


自分が入れたテロップが番組で流れる、自分が組み立てたセットがテレビに映るといった体験も、珍しく貴重な経験と言えますね。


・チームでクリエイティブなものづくりができる

演者やスタッフで一丸となり、番組というクリエイティビティあふれ、なおかつスケールの大きなものづくりができる点も、テレビ局バイトのメリットです。


番組は回によって出演者や企画が違うことも多いので常に新鮮味を持って働ける点や、生放送で自分の仕事がリアルタイムに人々に伝わっている実感が持てる点も、テレビ局バイトならではの醍醐味です。


・テレビ・マスコミ業界の就活に役立つ

テレビ局バイトの経験は、テレビ・マスコミ業界の就活に役立ちます。
入社後に活かせるスキルや知識、経験があり、即戦力になりやすいと評価されるからです。


なぜテレビ局バイトをしようと思ったのか、バイトを通して何を学び、どのようなスキルを身につけたのかアピールできるよう意識しておきましょう。


・その他の業界の就活でもアピールできる経験が積める

テレビ局バイトの経験は、テレビ・マスコミ業界以外の就活でも役に立つ可能性があります。


一般的に忙しいといわれ且つ“生もの”に携わるテレビ局バイトの経験から、根気強さや体力的・精神的なタフさ、変化対応力などをアピールできるからです。より社員に近い体験ができる点も強みになります。
テレビ局と同様忙しい、体力が必要、変化に富む業界だと特にバイト経験が活かせます。


大学生がテレビ局バイトをするデメリット・大変さ


大学生のテレビ局バイトには、デメリットや大変さもあります。


どのようなバイトでもデメリットや大変さはあるので心配しすぎるのも良くありませんが、事前にどのような点に注意すべきなのかは確認しておくべきです。


詳しく見ていきましょう。


・拘束時間が長く、深夜・早朝のシフトもある

テレビ番組の制作は、準備など収録以外の時間も含めると深夜・早朝に行われることもあります。
担当する仕事にもよりますが、大学生のバイトであっても深夜や早朝にシフトが入る可能性はあります。


また、例えば「番組収録中に退勤するのは難しい」などの理由で、拘束時間も長くなりがちです。
どちらも疎かにならないよう、大学の授業やサークル活動などとのバランスを考える必要があります。


・社員に頼れない場面もあり自分で考え動く力が必要

番組制作の現場は慌ただしいことが多いです。
放送日までに収録や編集を終わらせる必要があったり、収録が延びないよう手際よく進行する必要があったりするからです。


そうした中では、ゆっくり時間をかけて研修を受けたり、わからないことをすぐに聞いたりできない場面もあるでしょう。
生放送で社員の指示を仰ぐ余裕がないこともあるので、自分で考えて動く力が求められます。


・緊張感があり体力も必要

テレビ局バイトは緊張感があり、体力が必要な仕事です。
例えば生放送の撮影現場でミスをすると、誤った情報の発信や放送事故が生じるおそれがあります。
多くの人が見る番組に携わるからこその緊張感があるのです。


また、仕事中は重い機材を運んだり頻繁に動いたりすることも多いです。
こうした点から体力が必要なバイトであると言えます。


大学生がテレビ局バイトを探す方法


大学生がテレビ局バイトを探す場合は、求人サイトやテレビ局のホームページを確認してみましょう。


特に学生バイトが就職等で辞めてしまう新年度前はバイトの求人が出ることが多いので、確認してみてください。
番組制作に携わりたい場合は、制作会社の求人を見てみるのもおすすめです。


まとめ


大学生がテレビ局でバイトをする場合、一般的に番組制作の補助や動画コンテンツの制作補助、大道具やセットの設営補助などを任されます。


テレビ局バイトでは深夜・早朝のシフトがあったり拘束時間が長かったりしがちですが、一方で普段できない貴重な体験ができますし、テレビ局でのバイト経験は就活でのアピール材料にもなります。
興味がある場合は大学の授業などとのバランスも見ながら挑戦してみてください。


2024年2月15日公開


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

※DOMONETで「学生歓迎」のバイトを探す⇒こちらをクリック

関連するワード