爪を美しく、オシャレに彩るネイリスト。
女性だけでなく、男性でも取り入れる人が増えました。
華やかなイメージとその身近さから、ネイリストの仕事に興味を持つ人は少なくありません。


しかし、ネイリストに興味はあるものの、目指し方や活躍できる場のイメージが付かず、なかなか一歩を踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。


本記事では、未経験でもネイリストになれる2つの方法と必要な費用を解説します。
多様化しているネイリストの働き方も紹介しているので、興味がある人はぜひ参考にしてください。


未経験でもネイリストになれる2つの方法


未経験からでもネイリストを目指せる2つの道を解説します。


・アルバイトとしてネイルサロンで働き経験を積む

ネイリストとして働くための必須資格はないため、実務経験を積みながらネイリストを目指すこともできます。


ただし、未経験の場合は正社員ではなくアルバイトとして採用される場合が多く、まずはさまざまな雑用やアシスタント・サポート的な仕事からスタートするのが一般的です。
なかには未経験OKとしているサロンもあり、そのようなサロンは研修などのサポートが充実している傾向にあります。


このように、未経験でもアルバイトとして携わることで経験や知識を重ね、一人前のネイリストを目指すことができます。


・通信講座やスクールで基礎を学ぶ

もう一つは、通信講座やスクールで基本的な知識や技術を学ぶ方法です。


ネイリストに関連する資格はすべて民間資格であり、資格がなくてもネイリストを名乗ることはできます。
ここでの資格は直接的にネイリストになるためのものというよりも、一定の知識や技術が身に付いていることを第三者に証明するためのものと考えると良いでしょう。


有資格者は育成にかける時間を短縮できることから、就職・転職で採用されやすいほか、未経験者よりも給料面で優遇される傾向にあります。


なお、資格取得を目指す「通信講座」と「スクール」にはそれぞれメリットデメリットがあるため、自分に合ったやり方、続けやすいやり方を選ぶことが大切です。


通信講座・スクールの特徴や費用相場


通信講座は空き時間などを活用して自分のペースで学べるため、仕事・学校・家事育児などと両立しながら学びたい人におすすめの方法です。


通信講座の費用は道具なしで5万円程度から、道具ありの場合は20万円前後が相場といわれており、スクールに比べて少ないコストで済みます。


自分のペースで学べる反面、自己管理能力が問われる側面があり、スクールに比べて挫折しやすいのがデメリットといえます。


一方、ある程度の時間やお金が確保できて、本格的に学びたい場合はスクールがおすすめです。取得したい資格や通学の有無などによって費用は異なりますが、年間20万〜100万円程度が相場といわれています。


どちらも向き不向きがあり一長一短なので、自分に合った方を選びましょう。


ネイリストの給料相場


ネイリストの給料は地域・経験・雇用形態などによって大きく異なるため、一概にはいえないというのが実情です。


あくまで目安となりますが、アルバイトの場合は概ね時給1,000〜1200円程度、正社員の場合は年収で300万円前後が相場といわれています。


ただし、未経験の場合は上記よりも給料が低めに設定されている場合があります。最初から給料にこだわり過ぎず、「お金をもらいながら経験を積める」とポジティブに考えると良いでしょう。


多様化するネイリストの働き方


一昔前は、ネイリストはサロンで働くのが一般的でした。しかし近年は、働き方にも多様性が生まれ、活躍できる場がどんどん広がっています。


ここでは代表的なネイリストの4つの働き方を紹介します。


・「美容室」で働く

ネイル専門のサロンではなく、ネイルメニューを提供している美容室で働くスタイルで、最もポピュラーな働き方といえます。


「美容室を利用するお客さんがついでにネイルサービスも受ける」といったシステムのため、ネイル単体で広告を出したり集客する必要がなく、比較的低価格でサービスを提供できる点がメリットです。


・「出張専門」で働く

店舗に所属せず、予約してくれたお客さんのところに自ら出向くスタイルです。


サロンを構える場合と違い、固定費がかからないのがメリットで、フリーランスに適した働き方といえます。


アイデア次第でさまざまな状況に対応できる一方、収入を上げるためには近隣で複数人の施術を行うなど、効率的な運営体制を築くことが求められます。


・「老人ホーム・介護施設」で働く

外出が難しい高齢者のために、訪問美容としてネイルサービスを提供するスタイルもあります。


爪のケアのみ、単色カラーのみなど、サロン等での施術と比較してシンプルな施術が多いため、ネイリストとしての経験を積みたい場合にも適している働き方です。


また、働く時間をコントロールしやすい側面もあるため、空き時間をうまく活用したい場合にもおすすめです。


・「講師」として働く

ネイルスクールの講師として、検定や資格取得を目指す人を指導する立場で働いている人もいます。


ほかの働き方よりややハードルは高いものの、施術とは異なる特性を活かすことができ、収入も高くなる傾向にあります。
特に人に教えることや成長していく姿を見るのが好きな人、教育に携わりたい人などにはぴったりの働き方といえるでしょう。


ネイリストの魅力ややりがい


ネイリストの主な魅力ややりがいを2つ紹介します。


・自分に合った働き方を実現しやすい

ネイリストは、自分のライフスタイルに合わせた働き方を実現しやすい職業といえます。


多様な働き方があり、専業・副業・介護や子育てとの両立など、自分が優先したいことを考慮した働き方を選択できるためです。


一方で自由度が高い反面、自分は何を目指し、何を優先して働きたいかが問われる仕事といえるかもしれません。


・自己成長と感謝される楽しさがある

ネイリストの技術には上限がないため、どこまでも上達でき、自身の感性を活かしてオリジナリティを追求できる楽しさがあります。
技術が向上することによる自己成長も感じやすいでしょう。


お客さんの喜ぶ姿を身近で見られるのも大きなやりがいであり、仕事のやりがい、今後のモチベーションにつながるはずです。


まとめ:未経験でもネイリストは目指せる!最初の一歩を踏み出そう!


熱意があれば、未経験からでも目指すことができるネイリスト。
老若男女問わずネイルを楽しむ人が増えていることから、活躍の場も多岐にわたります。


また、専門的な知識や技術を効率よく学べるうえ、一定のレベルである証明にもなることから、民間資格を取得するのが一般的です。
未経験OKの職場でなら、バイトと勉強を兼ねながら一人前のネイリストを目指すことも可能です。
自分に合った方法で、ネイリストへの一歩を踏み出してみてください。


2024年2月15日公開


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

※DOMONETでエステ・マッサージ関連のシゴトを探す⇒こちらをクリック

関連するワード