身近な存在であり「安定した仕事」というイメージのある銀行の仕事。
そんな銀行のパートの仕事に興味はあるものの、具体的にどんな仕事をするのか、きついところはあるのかなど気になっている人も多いのではないでしょうか。


本記事では、銀行のパートの仕事内容ややりがい・きついところ、求められる資質を掘り下げましたので、ぜひ参考にしてください。


銀行のパートの仕事内容とは?


一般的に、銀行パートの仕事内容は、大きく「窓口業務」「一般事務」「ロビーでの案内業務」の3つに分けられます。


・窓口業務

銀行の仕事として真っ先に思い浮かぶであろう窓口業務は、銀行パートの重要な仕事のひとつです。


各種手続きの方法はもとより、その時々でPRしている金融商品やサービスについても答えられるよう、担当外の領域に関する知識も身に付けておく必要があります。


より詳細な案内をするために専門の担当者に引き継ぐケースもあるため、それぞれの窓口・担当者を把握しておくことも大切です。


・一般事務

銀行のパートが行う事務には、窓口で受け付けた手続きをデスクで行う後方支援事務と、電話対応やデータ入力などの一般事務があります。


後方支援事務とは、口座開設・税金の収納処理など、各種手続きに必要なデータ入力や事務処理などを指します。
後方支援事務と一般事務が業務として分かれているか、区別なく兼任しているかは銀行や支店などによって異なるようです。


・ロビーでの案内業務

ロビーでの案内業務も、銀行のパートが行う仕事のひとつです。


たとえば、ATMの操作方法や各種手続きの窓口を案内したり、システムによる受付を促したりなど、来店したお客さんの目的に応じて案内やサポートを行うため、その内容は多岐にわたります。
また、来店したお客さんが最初に接触する銀行スタッフでもあるため、相応の身なりやマナーなどが求められます。


銀行員のパートに求められる要素


銀行パートの仕事は、性格面での適性も影響します。
銀行パートの仕事をきついと感じている人は、ここで紹介する適性に合っていない可能性があります。


・几帳面さ・正確性

銀行員のパートには、几帳面さや正確性が求められます。重要な手続きやお金に関わる業務が多く、些細なミスもお客様や関係者に迷惑をかけてしまうためです。


集中力が必要な細かな作業を根気強く行う必要があるため、このような作業が苦にならない、または得意という人に向いている仕事といえます。
一方で、性格的にこのような細かな仕事やチェック業務が苦手という人もいるでしょう。


このような適性から、仕事に対する難易度や印象にばらつきが生まれています。


・モラルの意識が高い

銀行のパートは、モラルに対する意識の高さが求められます。
お客さんの預金額や資産など、重大なプライバシーに関わる個人情報を多く扱うためです。


間違ってもプライベートで誰かに知られることがあってはならない情報ばかりであり、このような情報の流出は銀行そのものの信用にも関わります。


秘匿性の高い情報を扱うという性質上、法律や行員としてのルールも多く、法令・ルールを遵守する高い意識が非常に重要です。


・向上心、勉強する意欲がある

銀行のパートには、新しいことを学ぶ意欲や勉強し続ける姿勢が求められます。


近年はお客さんの資産形成や投資をサポートする銀行も多く、そのための新しい金融商品やサービスが頻繁にリリースされるためです。
パート・社員に関わらず、窓口や電話でお客さんからの問い合わせや質問を受ける機会があるため、答えられるよう理解しておく必要があります。


・きちんと自己主張できる

銀行の仕事に限った話ではありませんが、きちんと自己主張できることも大切です。
疑問点・不明点が出てきた際、「みんな忙しそうだから」と遠慮していては問題が解決できないためです。お金という大事なものを扱うゆえ特に、個人の遠慮等で事を流してしまってはいけません。


新人に対する教育が充実している職場もあれば、長年人材の入れ替わりがなく、教育制度自体がほとんど存在しない職場もあります。


自分から積極的に働きかけなければ答えを得られないケースも多いため、そのような環境を重荷に感じ、次第に居心地が悪くなってしまうケースもあるでしょう。


銀行のパートのメリット・やりがいとは?


ここでは、銀行パートにおける3つのメリット・やりがいを紹介します。


・ワークライフバランスを取りやすい

働く職場によって状況は異なりますが、銀行のパートはワークライフバランスを取りやすい傾向にあります。少なくとも土日は休みであることが大半であり、営業時間も比較的短いためです。


夕方に仕事を終えて、買い物や家族の夕食の準備に取り掛かることもできるため、子育て中のママであっても家事育児と両立しやすいでしょう。


・地域の人の役に立てる

地域の人の役に立てているという実感がもちやすいのは、銀行パートならではのやりがいです。
来店するお客さんの多くはその地域に住む人たち、その土地で働く人たちだからです。


地元で働く場合は、元々知っている人や事業者、企業について知ったりサポートしたりもできるため、より大きなやりがいを感じられるでしょう。


・お客さんからの感謝が嬉しい

お客さんから、対面で直接感謝の言葉をかけられるのも銀行パートのやりがいです。


作業や手続きがスムーズだったり、対応が良かったりすると、声をかけてくれるお客さんも珍しくありません。
目の前のお客さんの役に立てたときや、直接お礼を言われたときはやりがいを感じると同時に、新たなモチベーションにもつながるでしょう。


銀行のパートがきついと感じるかは人それぞれ


銀行パートの仕事そのものがきついとは一概にはいえません。
前述した「求められる要素」と照らし合わせて、自分の適性ではないと感じる場合は、実際に仕事に就いた際「きつい」と感じてしまうかもしれません。


銀行のパート求人の探し方


銀行パートの求人の探し方は主に2つです。


1つ目は、一般的な求人サイトから探す方法です。
「銀行事務」といった直接的なキーワードのほか、「金融事務」という名称で募集している場合もあります。


2つ目は派遣会社に登録して紹介してもらう方法です。
登録前後に銀行勤務を希望している旨を伝えておけば、該当する求人が見つかった際に紹介してもらえる可能性があります。


どちらか片方にしか求人がない場合や、探す場所によって条件が異なる場合もあるため、両方調べてみると良いでしょう。
ただし、地域によって求人の有無や数が異なることは理解しておく必要があります。


まとめ:銀行パートは能力以外に性格面の適正も必要


銀行で働くスタッフに求められる几帳面さ・正確性・モラルの意識などはどの銀行でも求められる共通の資質であり、能力以外に必要とされる適性といえます。


適性によっては「きつい」と感じる人がいる一方で、向いている人にとっては特別な苦労感なく、対人仕事の面白さを感じられるなどのやりがいある仕事です。未経験OKの求人も散見されるため、自分に合いそうと感じたらぜひチャレンジしてみてください。


2024年2月9日公開


※DOMONETで仕事を探す⇒こちらをクリック


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード