園児と遊んだりお世話をしたりしながら成長をサポートする保育士の仕事は、子供が好きな人や子育て経験を活かしたい人を中心に、憧れを集める職業です。


しかし、保育士の資格がなくても働けるの?と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。


今回はその疑問にお答えし、資格がなくても保育園での仕事ができる「保育補助」について解説していきます。


保育士は資格なしでも働ける?


まずは、保育士の仕事を資格なしでもできるのかという点を解説します。


結論から言えば、資格がない状態では保育士としては働けませんが、保育補助としては働けます。
では、保育補助とはどういった職業なのか、保育士とは何が違うのか、見ていきましょう。


・保育補助なら資格なしでも働ける

保育士の資格を取得するには厚生労働省が指定する養成施設を卒業するか、国家試験を受けて保育資格を得ることが必要です。しかし、保育補助としてなら資格がなくても働けます。


保育補助とは、保育士不足を解消するために保育士のサポートをする仕事です。


認定保育園や認証保育園では、法律により年齢ごとの保育士の最低人数が決められています。しかし、実際にはその人数だけでは足りないことが多いのが現状です。そこで、保育士の補助をする役割を果たすのが保育補助なのです。


・保育補助の仕事内容や保育士との違いは?

保育補助の仕事内容は、保育園の規模や保育士の人数などによっても変わってきます。


基本的には登園・降園の対応や、食事や排泄のサポート、掃除や洗濯、見守りながら園児の遊び相手になることなどが仕事内容となり、保育士と大きくは変わりません。


ただし、保育補助は補助としてクラスを受け持つことはあっても、主担任となることは基本ありません。
クラスだよりの作成や指導計画の立案も主担任が行うので、保育補助がこれらの業務を担当することはないと考えて良いでしょう。


保育補助として働くメリット・やりがい


続いて、保育補助として働くメリットややりがいとして、以下の2点を解説します。


● 保育士を目指す際に、現場経験が役に立つ
● 残業が少なく柔軟な働き方が可能


・保育士を目指す際に、現場経験が役に立つ

保育補助として現場で働いた経験は、保育士を目指す際に役立ちます。もちろん、実際に保育士として働く際にも経験が活きてくるでしょう。


保育士資格を取得するルートの一つに、「2年以上の実務経験を積んだうえで国家試験を受ける」というものがあります。(中・高卒の場合)
保育補助の仕事も実務経験に含まれるため、受験資格を満たす要件となり得ます。


また、保育士資格を得たあとは、保育補助として働いていた保育園でそのまま保育士として働けることもあります。
こうした点でも、保育補助の経験は保育士を目指す際に役立ちます。


・残業が少なく柔軟な働き方が可能

保育補助はアルバイトやパートとして雇用されることが多いです。
正規の保育士の場合は残業や持ち帰り作業が伴うことがありますが、アルバイト・パートの場合はほとんどありません。
よって、ライフワークバランスを保ちながら働きやすい点がメリットです。


また、シフト制であるため働く日数や時間にも融通が利きやすいという特徴もあります。


子供の手が離れたから日中に保育補助に挑戦してみたい、保育士を目指す勉強をしながら実務経験も積みたいという人でも取り組みやすい勤務体制となっています。


※DOMONETで医療・介護・福祉のバイトを探す⇒こちらをクリック


保育補助として働くデメリット・大変さ


保育補助として働く際には、以下のようなデメリットや大変さもあります。


● 対応できる仕事内容に制限がある
● 保育士に比べて待遇が低い


上記2点についても詳しく確認しておきましょう。


・対応できる仕事内容に制限がある

保育補助は基本サポート的な仕事に携わるため、実際に任される仕事が限定的になることがあります。


例えば、「ピアノが得意なので、園児と一緒に歌や楽器などの音楽を楽しみたい」という理想があったとしても、その仕事は保育士だけで間に合っている場合は別の仕事を任される可能性もあります。


このように、サポートであるが故に「保育園で働くならこんなことをしたい」と思っていたことがすぐに叶わないことがある点には注意してください。


・保育士に比べて待遇が低い

保育補助の待遇は、保育士に比べて低い傾向にあります。


保育補助は保育士とは違って基本的にサポート的な仕事、資格がなくてもできる仕事であることが主な理由です。


また、アルバイト・パートの場合はボーナスが出ないことがあり、年収で比較すると特に保育士との差を感じやすいです。


資格なしでも働ける保育補助に応募する際のポイント


保育補助は資格なしで働けるとはいえ、求人に応募すれば誰でも採用されるわけではありません。
保育補助として採用されるために意識すべきポイントを解説します。


・子育て経験があればアピールする

子育て経験がある場合は、保育補助の求人に応募する際にその点をアピールしましょう。


保育補助は資格がなくてもできる仕事ですが、大切な子供を預かるという点は保育士と変わりません。
子供との接し方や世話の仕方を心得ている人だとわかれば、保育園側も安心して採用しやすいでしょう。


・子育て経験がないなら子供好きをアピール|おすすめ資格も紹介

子育て経験がない場合は、子供が好きなことをアピールしたり、「子育て支援員」の資格を取得したりすることがおすすめです。


子育て経験がなくても子供のことをある程度理解していることがアピールできるため、採用にプラスに働く可能性があります。


子育て支援員の資格取得には、市などの自治体が定めた研修(基本研修及び専門研修)を受け「子育て支援員研修修了証書」の交付を受ける必要があります。多くの場合、テキスト代以外は無料で受けられます。


・事前に具体的な仕事内容を確認する

保育補助に応募する際は、その保育園における保育補助の仕事内容をよく確認してください。


保育補助として何を任されるかは保育園によってさまざまだからです。
「子どもと触れ合う仕事をしたい」はずが、場合によっては行事の準備や園内の片づけなど裏方の仕事が多くなり、園児とあまり触れ合えない可能性もあるのです。


求人票にある仕事内容を確認するとともに、面接でも質問してみると安心です。応募前に問い合わせてみるのも良いでしょう。


まとめ


資格がない場合、保育士としては働けないものの保育補助としてなら働けるということを解説してきました。


正規の保育士と比べて待遇が低い、携わる仕事に制限があるといった面はありますが、ライフワークバランスを保ちながら働きやすい点や、保育士を目指すうえで経験が役立つ点は大きなメリットです。


保育補助として実際に任される仕事内容は保育園により異なるため、やってみたい仕事内容がある場合は事前にしっかり確認してください。


2024年2月7日公開


※DOMONETで医療・介護・福祉のバイトを探す⇒こちらをクリック


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード