バイトを続けていると、退職したいと思うこともあるでしょう。

その理由は職場の環境や、仕事そのものが合わなかったなどさまざまです。

しかし辞める理由として、どこまで本音を伝えていいものなのでしょうか。


今回はバイトを円満に辞めるための、最適な理由をご紹介していきます。現在バイトをしている方も、退職する際の参考にしてみてください。


<DOMONETで仕事を探す>⇒ こちらをクリック

まずはバイトを辞める際に知っておきたいルール



バイトを退職する際に、法律上にのっとったルールがあることをご存知ですか?

一般的にバイトの退職は、辞める2週間以上前にその旨を伝えるのがルールです。しかし、実際に新しいスタッフが加わっても研修や仕事に慣れるまでなかなか戦力にはなりにくいため、こういった事情をくみ取ってなるべく1~2カ月前には退職の旨を伝えるのが良いでしょう。


例えば、今日明日中にバイトを辞めたいなんてこともあるかもしれません。

しかしそれは、バイト先やお客様に迷惑をかけることになり、信頼も無くしてしまいます。

また、職場によっては法的処置をとることもあるかもしれません。

円満に退職するためには、最低でも1カ月前までにはその旨を伝えることをおすすめします。



リスクを考えるなら本音は伝えないのがベスト



バイトを退職する理由についてですが、例えば「バイト先の人間関係がうまくいかない」「イジメにあっている」「業務内容が自分に合わない」等は正直に伝えた方がよいのでしょうか。

答えはノー、つまり正直には伝えない方がベターです。


いくら本当のこととはいえ、相手があってのこと。

本音を伝えて辞めたとしても、お互いに後味が悪くなることは見えています。

この場合は家庭や学業の事情などを取り繕って理由にするのが良いでしょう。


例を挙げると「家庭の事情で、バイトを続けることが難しくなった」、「学校が忙しくなり、授業に専念しなければならないため」等です。

事実であっても、職場の雰囲気やこれまでの信頼関係を崩すような理由を語ることはやめておくことをおすすめします。



バイトの退職は誰にどのように伝えるか



バイトを辞める理由が固まったら、誰にどのような形で伝えるのかも覚えておきましょう。

まずバイトを退職する旨を伝えるのは、直属の上司にあたる存在です。飲食業やショップだと店長にあたります。


辞めることを伝えるのは気が重いですが、直接上司に伝えるのがマナーです。

ここでメールや電話を利用してしまうとあなたの印象も悪くなってしまいますし、文章だけではニュアンスが伝わりずらく誤解を与えかねません。

円満に退職するためにも、ここはきっちりクリアにしておきましょう。


相手が忙しくないタイミングを見計らって、バイトを退職したい旨を話します。

このとき状況によってはひき止められる可能性もありますが、辞める意思をしっかり伝えていけば相手側も納得してくれるはずです。



まとめ


バイトは社会勉強の一端でもあります。

働いていると社会の嫌な部分、面倒なところも見えてしまうこともあるかもしれません。

だからと言ってこちらの都合ですぐに辞めてしまうのはよくありません。同じ時間をともにしてきた上司や仲間に対して失礼のないように最後まで対処することが大切です。


2017年1月17日公開/2023年4月28日更新

<DOMONETで仕事を探す>
静岡県の学生歓迎の求人
愛知・岐阜県の学生歓迎の求人
東日本エリアの学生歓迎の求人
西日本エリアの学生歓迎の求人


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。