商品の販売だけでなく、書類のコピーや宅配物の発送、公共料金の支払い処理など幅広い役割を果たしているコンビニ。
利用者側としては大変便利ですが、そこで働くアルバイトにとっては覚えることが多く、大変だと感じることもあるでしょう。


そこで今回は、コンビニバイトで覚えることや早く覚えるコツを解説します。


覚えるべきことを覚えれば、コンビニバイトの楽しさややりがいを感じやすくなります。ぜひ確認してみてください。


コンビニバイトで覚えること一覧


コンビニバイトで覚えることとしては、以下があげられます。


● レジでの会計業務
● 公共料金などの支払いの処理
● 切手や印紙の種類
● タバコの銘柄
● コピー機・発券機の操作方法
● 宅配物の受付・発送方法
● 商品の陳列・廃棄・発注方法
● 店内調理・清掃


それぞれの概要を解説します。


・レジでの会計業務

レジでの会計は、コンビニバイトのメイン業務です。
支払い方法には、現金払い、スマホ決済、クレジット払いなどさまざまあるので、どの方法にも対応できるようにしておく必要があります。


たとえばスマホ決済に慣れていないお客さんに支払い方法を聞かれることもあるので、把握しておきましょう。


・公共料金などの支払いの処理

コンビニでは公共料金の支払いも受け付けています。


公共料金の支払いを受け付ける際は、レジで処理してお金を受け取ったのち、支払い用紙に判子を押し、切り取り線で切り取って控えの方をお客さんに返却します。


判子の押し漏れがないようにすることや、支払い用紙のお客さんに返却する部分を間違えないようにすることがポイントです。


・切手や印紙の種類

切手や印紙の販売も、コンビニバイトの仕事です。
中には「このハガキだったら切手はいくらか」と聞いてくるお客さんや、昔の料金でほしい切手を伝えてくるお客さんもいるので、切手や印紙に関する基本的な知識は覚えておきましょう。(2024年秋以降に切手料金の値上げが予定されています)


また、切手や印紙を販売する場合、通常の商品を売る場合とはレジでの処理が違うことがあります。
この点も意識的に覚えておくべきポイントです。


・タバコの銘柄

コンビニではタバコも販売しています。
基本的にはレジ後ろの棚に番号をつけて陳列されており、お客さんも番号を伝えてくることが多いです。


しかし、中には銘柄で伝えてくるお客さんもいるので、よく売れる銘柄や、似ている銘柄は押さえておくと安心です。
なお、酒類の販売時も同様ですが、タバコの販売時には年齢確認も忘れないようにしましょう。


・コピー機・発券機の操作方法

コンビニバイトでは、店内に置いてあるコピー機や発券機の操作方法も覚える必要があります。


たとえばコピー機なら必要に応じて紙の補充が必要で、お客さんに使い方を聞かれることもあります。


コンビニのコピー機にはさまざまな機能が備わっていますし、操作しても動かない・お釣りが出てこないなどのトラブルが生じることもあるので、使い方やトラブルの対処法を一通り覚えておきましょう。


・宅配物の受付・発送方法

コンビニバイトでは、宅配物の受付や発送の方法も覚えておきましょう。


1. お客さんに伝票の有無を確認し、なければ書いてもらう
2. 荷物の重さや大きさを確認する
3. 伝票のバーコードをスキャンしレジに必要事項を入力
4. 精算
5. 伝票などを宅配物に貼り、店内の指定場所に保管


作業を覚えてスムーズに対応することは、お客さんを待たせないようにするためにも重要です。


・商品の陳列・廃棄・発注方法

コンビニバイトでは、商品の陳列や廃棄する商品の選別、商品の発注なども担当します。


たとえば陳列なら、手前のスペースがあいている商品を前に寄せたり、バックヤードから商品を出して補充したりします。


なお、発注はお店の売上や廃棄に関わる重要な部分なので、少なくとも新人のうちは任されることは少ないです。覚える優先順位は低いと言えます。


・店内調理・清掃

店内調理や清掃も、コンビニバイトで覚えることの1つです。


たとえばトイレをいつ、どのように掃除し、管理表にどのように記録を残すのか覚えます。


調理では揚げ物やおでんなどを作りますが、ほとんどの場合1から調理するわけではありません。冷凍された状態で保管されているものを解凍したり、揚げたりすることがメインです。


※DOMONETでコンビニのバイトを探す⇒こちらをクリック



コンビニバイトの仕事は何から覚えるべき?


コンビニバイトで覚えることは多いですが、レジ打ちや切手・印紙の販売、宅配物の受け付け方法など接客に関わる業務を優先的に覚えましょう。


たとえば商品の陳列や店内調理では、わからないことがあっても他のスタッフに聞きやすいです。
しかし、接客に関することは、わからないことがあると都度お客さんを待たせてしまうことになります。
よって、接客に関連する業務から覚えていくと良いでしょう。


コンビニバイトは覚えることが多い!早く覚える方法


コンビニの業務は多岐にわたりは覚えることが多いですが、コツを掴むことで早く覚えやすくなります。


早く覚えるコツとして「マニュアルをよく読む」「自分なりに覚えていることをメモにまとめる」「他のスタッフの様子をよく見る」の3点を解説します。


・マニュアルをよく読む

コンビニでの仕事の手順・方法は、マニュアルに載っていることが多いです。


体系的にまとめられており覚えやすくなっているので、まずはマニュアルをしっかり読み込んでください。
マニュアルを見て基礎を覚えれば、状況に応じた臨機応変な対応もしやすくなります。


一度にすみずみまで覚えようとすると頭に入りにくいので、まずはざっくりと全体の流れや概要を把握し、そのあと細かい部分を覚えていくことがポイントです。
動画マニュアルが用意されているケースも珍しくないため、うまく活用すると良いでしょう。


・自分なりに覚えることをメモにまとめる

マニュアルを読んだり先輩から教えてもらったりした業務の中で、特に覚えにくいと感じるものは自分なりにメモにまとめてみてください。


まとめる過程で内容が頭に入りますし、小さなメモに書き込めばスキマ時間にチェックできます。
マニュアルにある内容を箇条書きにしたり重要な部分を赤字にしたりして見やすくまとめると、内容が整理されて覚えやすくなるので試してみてください。


・他のスタッフの様子をよく見る

マニュアルや自分で作ったメモを見るだけでなく、先輩スタッフの動き・仕事ぶりをよく見ることもポイントです。
特に、苦手・分からない作業を中心に観察すると良いでしょう。


文字ベースだとなかなかイメージがつかめず覚えられなかったことも、実際の様子を見てみるとスムーズに頭に入ることがあります。
他のスタッフの様子を見ていると仕事を効率的に進めるコツが見えてくることもあるのでよく観察し、必要に応じて質問してみるようにしてください。


まとめ


コンビニバイトでは、レジの使い方、公共料金の支払い処理、宅配物の受付・発送などさまざまなことを覚える必要があります。


初めは大変に感じるかもしれませんが、コツを掴んで慣れてくれば問題なくこなせるようになるでしょう。


まずはしっかりマニュアルを読み、そのうえで自分なりに覚えるべきことをまとめたり他のスタッフの様子を観察したりして、少しでも早く多くのことを覚えていきましょう。
業務の範囲が広い分、一通り習得でき状況に応じた対応ができるようになると仕事がより面白く感じられるかもしれません。


2024年1月11日公開


※DOMONETでコンビニのバイトを探す⇒こちらをクリック


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード