アルバイト・パートで働く主婦、専業主婦のみなさんに「働くこと」についてのアンケートを実施(2023年11月)しました。

働く目的の中でも常に上位にある「収入」についての調査結果を抜粋してお伝えします。



Q1 .現在の月収額をおしえてください



現在何らかの職に就いている方の月収は、5~8万円が約30%を占め最も多く、続いて8~10万円となりました。

次にお伝えする“希望する月収”よりも全体的にやや低い傾向にあるようです。


子どもが小さいうちは勤務日数的にも時間的にも制限のある働き方を選択していたり、月収で8万円以下を目処とする扶養の範囲内で働きたいとする割合が多いことがうかがえます。



Q2 .希望する月収額をおしえてください



希望する月収額は8~10万円が約25%を占め最も多く、続いて5~8万円、僅かな差で3番目が10~12万円という結果になりました。

実際の収入では月収20万円以上との回答はありませんでしたが、「希望」としては20万円以上とする方も一定数みられました。

時間の制約や扶養の範囲を考慮すると難しいものの、希望の収入としては20万円より上の額を描いている人もいるようです。



Q3 .物価高騰によって「収入面」をより重視するかおしえてください



昨今の物価の上昇を受けて、働くにあたってより収入面を重視するようになった(とても重視・やや重視)割合は、実に80%強


どのようにして収入を増やすかは、たとえば時給面の考慮はもちろん、勤務日数・時間を増やす、ダブルワークをする、パートから正社員へと働き方を変えるなど、さまざまなアプローチがありそうです。

また、物価の上昇により就業意欲そのものが高くなっている傾向もあるようです。


個別回答を抜粋してご紹介します。


【Aさん:30代後半 パート勤務】

「収入はとても重視します。子どもも小さく生活費を抑えたり仕事を増やしたりするのはなかなか難しいため、少しでも時給が高い仕事を選ぶことが今の自分にできることかなと思っています。」


【Bさん:50代後半 パート勤務】

「収入面はある程度気にしていて、週1~2日の仕事を増やしたいなと考えています。

生活面では、よく使う食材は宅配を利用してまとめ買いをしています。スーパーに行く頻度を減らして、少しでも出費を抑えるよう努力しています。」



まとめ


最近では社会保険や税金にまつわる「年収の壁」についてのニュースも見聞きします。

2024年10月にはさらに社会保険の対象が拡大され、近々の収入のこと、老後など先々の収入のことなど考える方もいるでしょう。とはいえ、価値観はさまざまでたとえ同じ境遇にあっても、働き方に正解はありません。


今現在の自分や家族とともに、少し先のこと、老後のこと、いろいろな視点で考え検討、選択していくことをおすすめします。

求人広告には、給与だけでなく待遇・制度等も記載されているので、ぜひじっくりご覧ください。



【調査概要】

調査対象:25~59歳のパート主婦・専業主婦、78名

調査エリア:静岡県・愛知県、ほか

調査方法:インターネットによるwebアンケート(インサーチ事務局調べ)

調査期間:2023年11月


2024年1月11日公開


※最新の「主婦・主夫歓迎」求人をチェックしてみる⇒こちらをクリック


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード