「バイトに応募したのに連絡がない」「面接日時を変更したい」時など、アルバイトの応募先企業に電話をかけることがあるかもしれませんが、会社に電話をかけるのは緊張するもの。


この記事では、高校生が覚えておきたい基本的な電話のマナーや話し方、電話で使える例文を徹底解説!
事前によく読んで臨んでください。


バイト応募先に電話をかける前に要チェック!



しっかり準備をしてから電話をすれば、落ち着いて話すことができるはずです。
敬語の使い方や話し方の前に、まずは以下の基本ポイントを確認してください。


・電話をかける時間に配慮すること

企業では始業時間に全社員そろって朝礼をすることがあり、朝一番の時間帯は忙しいものです。
昼の休憩時間とあわせて、朝・昼は避けたほうがよいでしょう。
また、飲食店であれば、11時から14時のランチタイム、17時以降のディナータイムを避け、14時~17時の間に電話をするようにします。


・静かな場所を確保する

外出先から電話をするのは避け、自宅で一人の時を狙って電話をかけましょう。
自宅以外の場所からかける場合は、なるべく静かなところを探してください。
どうしても場所が見つからず、電話が長くなりそうな場合は、インターネットカフェなど個室を確保するという手もあります。


・募集記事を再度熟読。採用担当者や連絡先を確認する

アルバイトの募集をしているかを電話で聞く前に、バイト内容や勤務場所、勤務時間、時給、交通費支給の有無などを再確認し、本当に応募したい条件かどうかをチェックしましょう。


・筆記用具とスケジュール帳を準備

電話をかけるときは大事な情報をすぐ書き取れるように、ペンと紙を用意します。
また、電話で面接の予定を聞かれてもよいように、スケジュール帳なども準備してください。


・携帯電話はイヤフォンにつなぐのがベスト

メモを取るときなどは両手が開いているほうがよいので、イヤフォンを用意しておくとよいでしょう。
イヤフォンの動作確認のため、家族や友人と事前にテストしておくと安心です。


※DOMONETで「高校生歓迎」のバイトを探す⇒こちらをクリック



バイト応募の流れとトーク例


電話でバイト応募をする場合を想定し、会話例を確認しながら応募の流れもつかんでおいてください。


1.挨拶と担当者の呼び出し

「はじめまして。静岡花子と申します。DOMOで御社の求人情報を拝見してお電話いたしました。採用ご担当の川崎様はお手すきでしょうか。」


2.アルバイト募集の有無確認

「DOMOの求人では、居酒屋ホールバイトの募集があったようですが、現在も募集されているでしょうか。もしされていれば、応募したいと考えております。
まずは履歴書をお送りすべきでしょうか。」


3.選考・面接設定について

「書類選考をしていただいた静岡花子です。
面接日時についてご連絡させていただきました。夕方16時以降であればいつでも構いませんが、ご都合をお伺いしてもよろしいでしょうか。」


4.面接日時や持ち物の再確認

「それでは12月3日月曜日の17時に、川崎様あてにお伺いいたします。渋谷の本社でよろしいでしょうか。持ち物などございましたらご教示ください。」


5.挨拶

「お忙しい時間にご対応くださり、ありがとうございました。来週面接に伺いますので、どうぞよろしくお願いいたします。失礼いたします。」


こんな時はどうする?さまざまなシーンを想定しておこう


以下のように、さまざまな場面を想定して練習しておきましょう。
いざというときに口をついて出てくるようにするためにも、音読して練習してみてください。


・電話をしたが、「担当者がいない」と言われた場合

「かしこまりました。ご担当の川崎様宛てに、再度お電話をさせていただきたいのですが、いつ頃がよろしいでしょうか」


・留守電の場合

「はじめまして。DOMOに掲載されていた御社の求人情報を拝見してお電話いたしました、静岡花子と申します。明日、15時以降に改めてお電話させていただきます。」


・応募先からの電話に出られなかった場合

「こんにちは。先ほど採用担当の川崎様からお電話をいただきました、静岡花子と申します。川崎様におつなぎいただきたいのですが、お手すきでしょうか。」


「川崎様、先ほどはお電話に出られず失礼しました。静岡花子と申します。」


・折り返しの電話が来ない場合

「こんにちは。1週間前にアルバイトの件でお電話を差し上げました静岡花子と申します。
その後の経過をお伺いしたいと思い、ご迷惑かと思いましたが、再度お電話をさせていただきました。採用後担当の川崎様はいらっしゃいますでしょうか。」


・相手の声が聞き取れなかった場合

「大変申し訳ありません。こちらの電波が悪く、お声が聞き取れませんでした。面接時間について、再度お伺いしてもよろしいでしょうか。」


【電話のマナー】一般常識&ビジネスマナーをおさえておこう


電話のマナーについては一般常識レベルのマナーをはじめ、ビジネスシーンならではのマナーもあります。


電話マナー1.自分の名前を名乗り、相手の都合を確認する

まずは自分の名前を名乗り、問合せ先の担当者が電話に出られるかどうかを伺ってください。
相手が忙しいようであれば、「後ほどかけなおします。何時ごろがよろしいでしょうか」などと聞いてみるとよいでしょう。


電話マナー2.求人媒体名を伝える

求人媒体を見て問い合わせや応募をする場合は、「DOMOを見てお電話しております」と求人媒体名を伝えるとよいでしょう。
企業によっては複数媒体で求人していることがあり、媒体名を伝えることで管理がしやすくなるからです。


電話マナー3.聞きたい内容はあらかじめメモにまとめておく

知らない人に電話をすることは誰でも緊張するものです。
聞きたいことをメモしておけば、緊張が和らぎますし、なによりも、聞くべきことを忘れずに確認することができます。


電話マナー4.ビジネスの電話では「もしもし」とは言わない

友だちや家族の電話なら「もしもし」と言いますが、ビジネスでは「お忙しいところすみません」や、「お世話になります」などという挨拶から始めましょう。


電話マナー5.話が終わってもすぐに電話を切らない

要件が終わってすぐに電話を切ると、ぶっきらぼうな印象を与えてしまいますから、気をつけましょう。


電話を受けたほうが先に切るのが一般的ですが、もし先方が切らずに待っていてくれる時は、「失礼いたします」と伝えた後に、ゆっくり「1,2,3・・」と数えてから切るようにします。


間違えても、完璧じゃなくても大丈夫!


電話対応が完璧でなくても、誠意や一生懸命さが伝われば大丈夫です。
事前にできる準備をしっかりした上で、落ち着いて、ゆっくり丁寧に話すことを心がけてくださいね。


2023年12月19日公開


※DOMONETで「高校生歓迎」のバイトを探す⇒こちらをクリック


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業:https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/

関連するワード