アルバイトに応募しようと電話で問い合わせをした時に、「担当者が外出中ですので、後ほど、折り返しお電話します」などと言われることがあります。


すぐに電話がかかってくればよいですが、1日、2日経っても連絡がないと、「担当者が電話のことを忘れているのではないか?」という不安な気持ちになります。
自分から電話をしたほうがよいか、それとも待つべきなのか。この記事では、折り返しの電話がかかってこないときの考え方や対処法を解説します。



「折り返します」と言われたらその場で日時を確認


相手から「電話を折り返します」と言われたら、いつ頃かけなおしてもらえるか、日にちと時間帯を確認しましょう。
いつごろ電話がかかってくるか把握できていると、心の準備ができますし、着信に気を付けていられるので、電話を取り逃すことも避けられます。


先方から伝えられた日時までにかかってこない場合には、こちらからかけても大丈夫です。


【トーク例】

「折り返しお電話をいただけるとのこと、かしこまりました。
電話に出られるようにしておきますので、おおよそ何時ごろになるか教えていただけるとありがたいです。」


しかし、「今日の18時以降に折り返しますと言われたけれど、18時以降はバイトで出られない…」、ということもあるでしょう。
そういう場合には、電話に出られないことを伝えると同時に、連絡がつきやすい候補日時を自分からいくつか提示してください。


【トーク例】

「今日の18時以降はアルバイトをしているため、電話に出ることができません。明日か週末であれば、夜の時間でも出られます。」


折り返しの電話がかかってこない時はどうする?マナーもチェック!


先方から指定された日時までに折り返し電話がかかってこない場合は、自分から問い合わせの電話をしてみましょう。


【トーク例】

「お世話になります。キッチンのバイトに応募していました静岡花子と申します。
採用担当の川崎様から、昨日までに折り返しのお電話をいただけるということでしたが、まだお話できていないため、お電話させていただきました。
入れ違いであれば申し訳ありません。ただいま、川崎様はお手すきでしょうか。」


折り返す際のマナー① 電話をかける時間帯に注意

飲食店であればランチやディナータイムを避け、14時~17時ごろにかけるとよいでしょう。企業の場合は始業や就業時刻、昼休みを避けてください。


折り返す際のマナー② 入れ違いに電話が入っていた可能性を念頭に

「電話がかかってこない」と思っていても、実は着信に気が付いていなかった、電波が入らない場所にいた、という可能性もゼロではありません。
「入れ違いにお電話をいただいていたかもしれませんが…」という一言を添えることをお勧めします。


折り返す際のマナー③ 留守番電話・不在着信があった場合

電話をかけなおす前に、留守番電話のメッセージを必ずチェックしてください。
「これから外出なので、明日10時頃お電話します」などと情報が入っているかもしれません。


また、不在着信や留守番電話が残っていた時間帯も確認しましょう。
採用担当者は何人もの候補者とやり取りをしているので、全員とのやり取りを覚えているわけではありません。
そのため、「15時ごろ、留守番電話にメッセージをいただいておりました静岡花子です」などと伝えると、担当者がすぐに状況把握ができるので親切です。


折り返し電話へのお礼も忘れずに


選考の合否連絡は1週間以上かかることもありますので、焦らず待ってみてください。
先方から折り返し電話をいただいたら、「お電話いただき、ありがとうございました」というひとことをお忘れなく!


2023年12月19日公開


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業:https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


※DOMONETで「学生歓迎」のバイトを探す⇒こちらをクリック

関連するワード