お客さんの車にガソリンを補充したり、車をきれいにしたりするガソリンスタンドバイト。
特に車が好きな人にとっては魅力的な仕事ですが、面接でどう志望動機を説明したら良いかわからず不安な人も多いでしょう。


そこで今回は、ガソリンスタンドバイトの志望動機を例文つきで紹介します。
面接でよく聞かれる質問や面接当日の注意点も解説するので、面接対策の役に立つでしょう。
最後までご確認ください。


例文あり!ガソリンスタンドのバイトの志望動機例



まずは、ガソリンスタンドのバイトでどのような志望動機を話せば良いのか例文付きで解説していきます。


志望動機が思い浮かばない人、志望動機はあるけれどうまくまとめられない人は、ぜひ参考にしてみてください。


・車が好き

ガソリンスタンドのバイトでは車に携わるので、「車が好きで車に関わる仕事がしたい」と言うと説得力があります。
他のスタッフやバイトの中にも車が好きな人は多いと考えられるため、共感もしてもらいやすいです。


車に関することを積極的に学んで働こうとする意欲が伝わる志望動機にすると、なお良いでしょう。


【例文】
「私がガソリンスタンドでアルバイトをしたいと思った理由は、車が好きだからです。仕事を通してより車に詳しくなったり、お客様の安全で快適なドライブをサポートしたりしたいと思い、志望しました。」


・将来車に関係する仕事に就きたい

カーディーラーや整備士など、車に関する仕事に就きたいと思っていることを志望動機として挙げるのも良いでしょう。


バイトであっても将来のために真面目にしっかり学びながら働いてくれそうだと思ってもらえます。


なぜ将来車に関わる仕事がしたいのか追加で質問される可能性があるので、その点についても考えておきましょう。


【例文】
「私がガソリンスタンドでのアルバイトを志望した理由は、将来整備士になるための勉強がしたいと思ったからです。
ガソリンスタンドなら車の構造を学びながら働けますし、整備士の方もいらっしゃるため、将来に向けた勉強ができると思いました。」


・明るい接客に魅力を感じた

ガソリンスタンドは接客業なので、接客をしたいという志望動機も良いです。
ただし、数ある接客業の中でもなぜガソリンスタンドなのかをわかりやすく伝えなければなりません。


ガソリンスタンドの接客は、大きな声で明るくお客さんと接する点が特徴的です。
この点に魅力を感じたことを伝えれば、志望動機に説得力が生まれます。


【例文】
「私がガソリンスタンドでのアルバイトを志望した理由は、明るく気持ちの良い接客に魅力を感じたからです。
こちらのガソリンスタンドでスタッフの方が元気に挨拶されているのを見て、いつも気持ち良いなと感じていました。
私もそうした接客がしたいと思い、志望しました。」


ガソリンスタンドのバイトでよく聞かれる質問と回答例


続いて、ガソリンスタンドのバイトでよく聞かれる質問と回答例を紹介します。


他のバイトでも聞かれるような一般的な質問でも、実はガソリンスタンドならではの意図が隠されていることがあります。詳しく確認していきましょう。


・シフトに関する質問

ガソリンスタンドのバイトの面接では、「週に何日、何時~何時頃(何時間程度)シフトに入れるか」などシフトに関する質問をされることがあります。


ガソリンスタンドは休日や深夜にも営業していることが多いので、休日や深夜でも働けることは、歓迎されやすいでしょう。


ここでは、休日や深夜のシフトは厳しい場合の回答例を紹介します。


「大学での授業やサークルの関係で休日・深夜に固定でシフトを入れるのは難しいです。
しかし、長期休暇で授業のない時期や急な欠員で人手が必要になった場合には入れます。」


・過去のバイト経験に関する質問

過去のバイト経験についても、面接の中で聞かれることがあります。
ガソリンスタンドのバイトに活かせるような経験があれば積極的にアピールしましょう。


バイト経験がなかったりブランクがあったりする場合は、学ぶ意欲を伝えて経験の無さをフォローすることが重要です。回答例を見てみましょう。


「バイト経験はありません。しかし、経験がない分、教えていただいたことを覚えるだけでなく周りの方々の働き方をしっかり見て学び、早くお役に立てるよう努力します。」


・免許や資格に関する質問

運転免許や資格についても、ガソリンスタンドの面接で聞かれる可能性があります。


ガソリンスタンドではお客さんの車を運転することがあるので免許を持っていると喜ばれるでしょう。
また、危険物取扱者の資格があると時給が上がることがあります。


ただし、免許や資格を持っていなくてもガソリンスタンドでのバイトは可能です。
回答例を見てみましょう。


「免許や資格は特にありません。ただ、現在教習所に通っており、2~3か月後には免許を取得できる予定です。」


・体力に関する質問

ガソリンスタンドのバイト面接では、「体力に自信はありますか?」「運動経験はありますか?」など体力に関する質問をされることがあります。


ガソリンスタンドでは冷暖房のない場所で立ちっぱなしだったり、大きな声を出したりするため、働くためには体力が必要なのです。


運動経験がない場合でも、日常生活と結びつけて以下のように回答すると良いでしょう。


「体力には自信があります。毎日自転車での子供の送り迎え、掃除、買い物などをしているため、鍛えられています。」


※DOMONETでガソリンスタンド・メカニックのシゴトを探す⇒こちらをクリック


ガソリンスタンドでの面接の注意点


ガソリンスタンドのバイトの面接では、質問への回答だけでなく面接時の振る舞いなども見られています。
ガソリンスタンドでの仕事の性質も踏まえて、注意点を解説します。


・礼儀正しく振る舞う

面接時には、礼儀正しく振る舞いましょう。


ガソリンスタンドでの仕事は接客業なので、普段から礼儀正しく振る舞えるかは重要なポイントです。


特に、ガソリンスタンドにはさまざまなお客さんが訪れます。
礼儀に特に厳しいお客さんや、急いでいて気が立っているお客さんが来ることもあるでしょう。


そのため、面接の時点からどのような人が見ても気持ちの良い、礼儀正しい振る舞いを心がけるようにしてください。


・明るくハキハキ受け答えする

面接では明るくハキハキ、聞き取りやすく話すこともポイントです。


ガソリンスタンドではお客さんの車を誘導するため大きな声を出すことが多いですし、お客さんと直接話すときも、小さい声だと周りの音にかき消されることがあります。


面接時に小さな声でボソボソ話していると、実際にバイトを始めてもお客さんとうまくコミュニケーションがとれないのではないかと思われてしまいます。
面接では緊張するかもしれませんが、明るくハキハキ話すよう意識しましょう。


・慎重さや学ぶ意欲もアピールする

面接では、明るさや体力だけでなく慎重さや学ぶ意欲のアピールも重要です。


ガソリンスタンドのバイトでガソリンを扱ったりお客さんの車に触れたりする際には、事故を起こしたり車を傷つけたりしないよう慎重になる必要があります。


また、車に関する知識も必要になるため学ぶ意欲もなければなりません。こういった点も、さまざまな質問への回答の中でアピールできると良いでしょう。


まとめ


ガソリンスタンドバイトの面接では、志望動機として車が好きなこと将来車関係の仕事に就きたいこと、ガソリンスタンドならではの接客に惹かれたことなどを伝えると良いでしょう。


ガソリンスタンドの面接では他にもシフトや過去のバイト経験、体力の有無などについて聞かれる可能性があるので、予め回答を考えておくと安心です。


明るくハキハキ、学ぶ姿勢もアピールして、ぜひガソリンスタンドのバイトの面接を成功させてください。


2023年12月7日公開


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

※DOMONETでガソリンスタンド・メカニックのシゴトを探す⇒こちらをクリック


関連するワード