バイトをしたいと思いつつも、学校や家事・育児などでまとまった時間が取れないという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、拘束時間や日数が少なくスキマ時間でできるおすすめのバイトと、スキマバイトを探す際のポイントを解説します。


「家事育児の合間に効率よく働きたい」「放課後や授業の合間を有効活用したい」と考えている人はぜひ参考にしてください。


4時間以内のシゴトを探す

接客・販売系のバイト



接客・販売系は数ある職種の中でも求人数が特に多く、さまざまな時間帯でスキマ時間を有効活用できるおすすめのバイトです。


スキマ時間バイト1.「居酒屋」

居酒屋は夜19時以降や週末に人手が必要になり、数時間単位でもシフトに入れる可能性があります。

チェーン店であれば店舗数が多く、自宅や学校など自分の生活圏内でバイト先を見つけやすいのもメリットです。


居酒屋は基本深夜帯まで営業しているため、自分の都合に合わせた時間帯を選びやすいのもポイント。

ただし、18歳未満の22時以降の勤務は法律で禁止されているので注意が必要です。


また、最近はランチ営業もしている居酒屋が増えています。

主婦の方も居酒屋バイトをチェックしてみてください。


スキマ時間バイト2.「ファミレス」

ファミレスも居酒屋同様、ランチやディナータイムなどの忙しい時間は、数時間だけのシフトでも採用してくれる可能性が高いバイトです。

仕事内容は、席までの案内、注文受け、会計、掃除などさまざまです。


スキマ時間バイト3.「スーパー・コンビニ」

コンビニは基本24時間営業ということもあり、特に忙しい時間であれば、2〜4時間程度の短時間シフトの募集も多く見られます。

22時~翌5時は深夜手当がつきますし、早朝の時間を有効活用したい場合は早朝シフトもおすすめで、会社によっては早朝手当が支給されるケースもあるようです。


コンビニは店舗数が多いためバイトの人数を確保する必要があり、比較的採用されやすいバイトです。



軽作業系のバイト



軽作業系のバイトは未経験でも始めやすい単純作業が多く、一定の人気があります。


軽作業は「軽い作業」ではなく「簡単な作業」を意味しており、簡単ながらもある程度体力が必要な力仕事が含まれている場合もあります。

あらかじめ、仕事内容をしっかり確認してから応募しましょう。


スキマ時間バイト4.「倉庫内作業」

物流企業の配送センターやネットショッピングの倉庫などで、検品・ピッキング・仕分けなどを行う仕事です。


特に倉庫の場合はシフトが細かく刻まれている場合が多く、3時間程度から希望の時間帯で働きやすい傾向にあります。

繁忙期は時給が上乗せされるケースもあるので、特に狙い目です。

未経験やアルバイト経験が浅い方でも採用してもらえる場合が多く、バイト経験を積みたい人にもおすすめです。


スキマ時間バイト5.「食品製造などの工場作業」

食品製造工場などでお弁当やお惣菜の調理・盛り付け・包装・調理器具の洗浄などを行う仕事です。


働く場所や製造するものによって作業内容や時間帯は異なりますが、10〜17時頃の時間帯で、最短2時間程度から募集されていることが多いようです。

お花見・クリスマス・お正月など季節のイベントが繁忙期になる場合が多く、それにともなって求人も増える傾向にあります。


スキマ時間バイト6.「引越し作業」

引越しバイトは遠方への移動があったり、1日に何件もこなしたりする仕事のため、半日~1日がかりの仕事が多いのですが、中には「近場で、1件のみ」という引越しバイトの場合は、4時間程度で済むこともあります。


スキマバイトを探すときには、「引越しバイト」も視野に入れて探してみてください。



清掃系のバイト



清掃のバイトは早朝・深夜のバイトが多く、学業や本業などのスキマ時間を活かしやすいバイトです。


スキマ時間バイト7.「オフィスビルや商業ビルの清掃」

オフィスビル・商業ビルの清掃バイトでは、エントランスや廊下、トイレ、エレベーターなどの共用部分の掃除をしたり、ゴミの回収を行ったりします。


普段は入れないような大きな会社の中を垣間見たり、適切な掃除の仕方をプロから学ぶことができたりというメリットがあります。

一人でコツコツ作業をするバイトですので、あまり人と接することが好きではない人にもオススメです。


スキマ時間バイト8.「ホテルの清掃」

ホテルはチェックアウトが10時、チェックインが15時というところが多く、掃除の仕事は10時~15時の間が忙しくなります。

そのため、この時間帯で客室の清掃バイトを募集していることが多いでしょう。


ソファやベッドなど家具を動かして掃除することもあるため、体力が必要になることも。

また、チェックイン時間までに間に合わせなければならないというプレッシャーがある反面、「時間が経つのが早く感じられる」という声も聞かれます。


スキマ時間バイト9.「スーパーマーケットの清掃」

スーパーの清掃バイトは開店前の数時間で行うことが多く、スキマバイトとしてはちょうどいい時間帯の仕事です。

スーパー内の掃除はもちろん、駐車場や店内の調理室なども掃除をします。



配送系のバイト



配送系のバイトは特に時間の融通が利きやすく、デリバリーサービスの普及で人気が急増したジャンルです。
スキマ時間バイト10.「デリバリー」

Uber Eats・Wolt・出前館などのフードデリバリーサービスは、自分の好きなタイミングで働ける自由度の高さが特徴のため、スキマ時間の活用には最適な仕事の1つといえるでしょう。


具体的には、専用のアプリから配達依頼を受注して、店舗に商品を取りに行き、指定の注文先に届ける流れが一般的です。

移動手段は原付バイクや自転車が一般的でしょう。


ただし、「雇用」ではなく「業務委託」という契約になることが多いため、1年間の収入が20万円を超える場合は、自分で確定申告をしなければなりません。

また、勤務中の事故などについては、会社のフォロー体制を確認しておきましょう。


スキマ時間バイト11.「ポスティング」

ポスティングとは、指定されたエリアの住宅やオフィスのポストにチラシ・ティッシュ・商品サンプルなどを配る仕事です。

単発・短時間・長時間とさまざまな求人があるため、自分の都合にあわせてバイト先を選べます。


私服のまま働ける場合が多く、移動手段は徒歩・自転車・バイクなどさまざま。

予定時間より早く配り終えたら終了してOKという直行・直帰型もあります。


ただし、拘束時間分を時給で払ってもらえる場合はよいですが、配布数に応じて歩合制で給料が支払われるバイトでは、割に合わないケースもあるので注意が必要です。


スキマ時間バイト12.「コールセンター」



体力的に無理なく働きたい場合、コールセンターなどのオフィスワークもオススメです。

コールセンターは大勢のバイトを雇うため、短時間、少ない出勤日数で募集している場合があります。

研修やマニュアルが充実していることがほとんどで、未経験でも始めやすいのがポイントです。


仕事内容は、こちらから電話をかけて商品やサービスを案内する「発信業務」と、かかってきた電話の問い合わせに応える「受電業務」に分けられます。

年齢制限を設けている場合がありますので、応募前に確認してください。



スキマ時間でできる在宅バイト



在宅バイトの良いところは、なんといっても「移動時間」がなく、限られた時間を有効に活用できることです。

スキマ時間を無駄なく活用して、タイムパフォーマンスを高めましょう。


内職・在宅の求人をさがす
スキマ時間バイト13.「データ入力」

データ入力は、主に企業のアンケート集計や専用システムに情報を入力する仕事で、タイピングスキルがあれば未経験でも始められます。


オフィスで勤務するケースがある一方で、在宅バイトOKの求人も多く見られます。

ただし、データ入力1件あたりの単価が低く設定されることが多いため、ある程度の金額を稼ぐには、数多くの案件をこなす必要があります。


スキマ時間バイト14.「Webライター/SNS投稿/デザイナー」など

クラウドソーシングなどを活用して、WebライターやSNS投稿、デザイナーなどの仕事を受注するのもひとつの方法です。


経験や案件によって異なりますが、数をこなしてスキルを磨くことで高収入を目指せることもメリット。

ただし、仕事に必要なパソコンやアプリなどは自分で用意する必要があり、最初からスキルを求められるケースも多々あります。



スキマバイトの効率的な探し方



スキマバイトを効率よく探すためには、まず自分の希望条件や働ける時間・勤務地などを明確にすることが重要です。


条件面を明確した上で、求人サイトの条件検索機能を活用し、希望条件にあったバイトを探します。

その他にも、よく足を運ぶ店舗などを見てみると、バイト募集の貼り紙があったり、ホームページで募集していたりする場合もあります。



まとめ スキマ時間を有効活用して賢く稼ごう


「まとまった時間が確保できないとバイトの選択肢は少ないのでは…」と不安に思うかもしれませんが、週に1~2日、1日2時間程度からはじめられるバイトは、意外と多く募集されています。

特にコロナ禍後客足が伸びたことで、各業界とも人員不足が叫ばれています。

雇用側にとっては短時間であってもありがたいものです。


自分の生活スタイルを振り返り、無理なく働ける職場を探しましょう!


2023年10月30日公開/2024年5月17日更新


4時間以内のシゴトを探す

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業:https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


関連するワード