ジュビロ磐田 MF31 古川陽介選手 PROFILE

滋賀県出身の20歳。AZUL滋賀FC、京都サンガF.C.U-15、静岡学園高校サッカー部を経て、2022年ジュビロ磐田に加入。ドリブルで相手を抜き去る突破力が魅力。出場時間を着実に増やし、今季は2ゴールを決めている。


10月某日、ヤマハスタジアムにて磐田市在住の寺田凱翔(かいと)くん(11歳)がお母さん同席のもと古川選手にインタビュー。

凱翔くんは地域のサッカークラブに所属し、ポジションはFW/MF。

将来の夢はプロサッカー選手になってジュビロ磐田で活躍すること。さて、あこがれの古川選手とボールを蹴りながら、どんなお話を聞けたのでしょうか。



Q. 相手を交わすには、どんなドリブルをしたらいい?



「自分の間合いに引き込んで、緩急を使い分けること。

自分が所属していたのがドリブルを武器にするチームだったから、小学生の頃から駆け引きをして経験を積んでいたよ」。



シュートを打つ時、ゴールが見えたらすぐに打った方がいい?



「ぼくも、シュートは周りの上手な選手を見て勉強しているよ。

ゴールが“見えた時”にどうするかではなくて、見える前からどの位置でシュートを打つかを考えてる。

自分の得意なエリアがあるなら、そこにうまく入っていけるように動くことが大切」。


フェイントをする時に相手のどこを見たらいい?


「相手の股関節を見ているよ。

ここが重心の起点となるので、次にどっちに動くか分かるんだ。

でも、小学生だとまだ体が小さいから、胸や体全体を見て重心の移動を確認するといいかな」。



周りを見るためには、何を意識したらいい?



「ボールを見ずに触れるように、ボールタッチの練習をするといいよ。

そうすると目線を上げて周りが見えるようになるよ。

ぼくも小学生の頃は、とにかくずっとボールを触ってた。練習や試合がないときも、父親と一緒にサッカーをしていた時間は多かったよ。


小学生・中学生の時は、技術が伸びるピークだと思う。

だから、その時期にやればやるほど上手くなる。凱翔くんも、とにかく練習、練習、だね」。



Q. サッカーを嫌になったことはないですか?



「小中学校の頃は、嫌になることもあったよ(笑)。

練習に向かう時、送ってもらう車の中で『嫌だなー』ってよく思ってた。

でも、いざ練習が始まると、みんなでサッカーするのはやっぱり楽しいんだよね。


昨日までできなかったことができるようになると、うれしいでしょ。

自分がうまくなっていく手応えがあるとまたやりたくなる、継続するって大事だよね」。



Q. 勉強もちゃんとした方がいい?



「そうだね、勉強もしておいたほうがいいよ。

凱翔くんもこれから進路を決める時がくるでしょ。

クラブチームか学校の部活か、その時の選択肢が広がる。


勉強してないと、入りたいチームに入れなくなっちゃうかもしれない。

サッカーと同じように、ちゃんとやっておくといいね」。



Q. 生活の中でいちばん大切にしていることはなんですか?



「睡眠時間かな。きちんと睡眠時間をとらないと実力も発揮できないよ。

ぼくは寝る前に、部屋を真っ暗にしてしばらく目をつぶるのが習慣。

スマホを見ることが多くて目が疲れるから、質のいい睡眠のためにも寝る前は目を休めているよ」。



Q. コミュニケーションって大切ですか?



「小学校の頃は人見知りだったんだ。

でも、サッカーってひとりじゃできないから、コミュニケーション力も自然と身についたかな。


静岡学園では寮生活だったんだけど、全国からここでサッカーをしたくて集まってきた多くの仲間と出会えたこともよかった。

先輩や後輩にもプロサッカー選手がいるし、そのおかげで全国に友達がいる!

相手チームに元チームメイトがいることもあって、対戦する時はうれしいよ。でも、ボールは絶対取られないぞ!と燃えるよね」。



Q. お休みの日は何をしていますか?



「古着が好きで、休みの日は古着屋さんに行くことが多いかな。浜松とか、帰省すると地元に近い京都とか。
ビンテージのいいものを見つけると、ついつい買っちゃうんだよね」。


平日の練習後は何をしていますか?


「全体練習があってもなくても、毎日、自分なりのトレーニングをしているよ。

20分程度のトレーニングメニュー。あとは勉強もしているよ」。



Q. 最後に!今の目標は?



「今年はとにかくJ1昇格。残り数試合がんばります!

個人的には今までに2得点しているけど、それじゃあまだ足りない。


来年はJ1に昇格してもっと試合に出て、目に見える結果も残さないといけない。

来シーズン、良いスタートダッシュが切れるようにすること、そこが目標かな」。



【取材後記】

ボールを蹴り合う凱翔くんの顔が真剣そのもの。実践的なアドバイスをたくさんもらって、うれしそうです。
J1昇格、来季のさらなる活躍を目標として語ってくれた古川選手。ジュビロの飛躍のためにも、古川選手の突破力に期待が高まります。


2023年11月2日公開(10月中旬取材)


※古川選手のインタビュー前編はこちら




ジュビロ磐田
 

ヤマハスタジアムをホームグラウンドに、磐田市、御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、森町、浜松市、湖西市をホームタウンとするクラブ。1972年にヤマハ発動機(株)サッカー部として創部、1993年にチーム名をジュビロ磐田に改称。1994年よりJリーグに加盟。チーム名の「ジュビロ」はポルトガル語、スペイン語で「歓喜」の意味。サポーターをはじめとするすべての人々に夢と感動を与える意志を表している。チームマスコットは「ジュビロくん」と「ジュビィちゃん」。

ジュビロ磐田ホームページ


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード