毎年、年度末が近づくと聞こえてくる「源泉徴収票」という言葉。

知っているようでよくわからないという方のために、源泉徴収票とは何かについて解説します。

源泉徴収票をもらう時期や、もらえなかった場合の対処法などについても確認しておきましょう。


源泉徴収票の基本のキ


源泉徴収票とは、1年間の収入や控除額、源泉徴収された所得税額などが記載された書類のことを指します。

源泉徴収票を確認すれば、1年間でいくらの収入を得たのか、いくら納税をしたのかが分かります。


源泉徴収票を受け取ったら、コピーを取っておくとよいでしょう。



出典:国税庁


源泉徴収の仕組み

源泉徴収とは、個人が支払うべき税金などを給与から差し引き、企業が従業員に代わって納税する仕組みのことを指します。

ここで言う従業員とは正社員に限らず、バイトやパートなども含まれます。


源泉徴収票が発行される時期について

源泉徴収票は1月~12月の情報が記載されるため、12月末までの情報をもって、翌1月末までに発行されます。

ただし、年の途中で退職した場合は、1月を待たずに発行してもらえますので、会社の人事部などに発行の依頼をしてください。


通常は退職後1か月程度で発行してもらえるのですが、源泉徴収票を発行するためには、給与額が確定していなければなりません。

例えば給与の締めが「当月末、翌々月払い」などという場合、給与額が確定するのが2か月遅れになる可能性もあります。その場合は源泉徴収票の発行に時間かかることになります。


バイトにも必ず源泉徴収票が発行される


源泉徴収票を発行することは、雇用主の義務として定められており、バイトや正社員などの雇用形態に関係なく、全ての人に対して発行される書類です。

源泉徴収票が必要になるのは、以下のような場合です。


年末調整を行う場合

前のバイトを辞めて、同じ年に新しい会社へ入社した場合は、源泉徴収票を新しい会社に提出しなければなりません。


年末調整をする企業は、各従業員が1年でいくらの収入があったかなどをとりまとめて、源泉所得税の過不足を清算する義務があります(年末調整と呼ぶ)。

年の途中で入社した人については、提出された源泉徴収票を見て、前のバイトでもらっていた収入と今の職場の収入を合算し、年末調整の書類を作成します。


確定申告を行う場合

バイトを辞めて、同じ年内に他のバイトをしなかった場合や、フリーランスや起業などをした場合には、自分で確定申告を行う必要があり、この時に源泉徴収票の情報が必要となります。

かつては源泉徴収票の原本を添付する必要がありましたが、現在は法改正により源泉徴収票の添付は不要となりました。

ただし、源泉徴収票の情報は必要になるため、必ず発行してもらいましょう。


確定申告とは、1年間のバイト代から給与所得控除を差し引いた額を算出し、納める税金を計算して、国(税務署)に報告する手続きのことを言います。


同じ職場でずっと働いている分には、会社が年末調整をしてくれるので確定申告は必要ありません。

しかし、複数のバイトを掛け持ちしていたり、年の途中でバイトを辞めて、他のバイトにつかなかったりした人は、確定申告をする必要があります。


収入証明が求められた場合

ローンを組む場合やクレジットカードを申し込む際などに、「収入を証明するために源泉徴収票を提出してください」と言われることがあります。


新卒入社の会社に提出する場合

4月に新卒入社した会社から、「1月~3月でバイトした分の源泉徴収票を提出してください」と言われることがあるでしょう。

4月からは、新卒入社した会社からの給料を合算しますが、1月から3月で得たバイト代も申告する必要があるからです。


源泉徴収票にまつわるよくある質問


源泉徴収票について、よくある質問をまとめました。


バイトの源泉徴収票のもらい方

今働いているバイト先であれば、直属の上司に「源泉徴収票はもらえますか?」と聞いてみるとよいでしょう。


すでに辞めたバイト先から源泉徴収票をもらう場合には、


「去年の6月までバイトをしていた静岡花子です。源泉徴収票の発行をお願いできますでしょうか」

と依頼してみましょう。

上司や人事部のメールアドレスが分かればメール連絡でもかまいませんが、確実に依頼したい場合には、電話連絡がベストです。


源泉徴収票を紛失した場合

源泉徴収票が必要なのに、手元に見当たらないという場合は、会社に再発行を依頼してください。

すでにバイトを辞めている場合でも、再発行してもらうことが可能です。


源泉徴収票がもらえない時は、どうすればいい?

まずは、バイト先に源泉徴収票の発行を依頼しましょう。

源泉徴収票の発行は会社側の義務ですから、「バイトには発行していない」という理由は法律違反となります。


バイトを辞めた後で源泉徴収票を依頼するときは、上司や人事部宛にメールや電話で依頼するとよいでしょう。

何かしらの理由でバイト先に連絡がつかず、源泉徴収票が発行してもらえない場合は、住民票がある市町村の税務署に行って、「源泉徴収票不交付の届出書」の用紙をもらってください。


「源泉徴収票不交付の届出書」を出すことで、税務署から雇用主側に指導が入り、源泉徴収票の交付を受けることができます。

添付書類として、給与支払明細書が保存されている場合はその写し、勤務先に対して源泉徴収票の交付を求めたことが分かる書類などがあればよいでしょう。


参考:源泉徴収票不交付の届出手続 ―国税庁


まとめ


ペーパーレス化に伴って、発行された源泉徴収票がメールで送られてくることもあるでしょう。

いつでも源泉徴収票が出せるように、メール添付の場合は印刷をし、手元に保管しておくことをお勧めします。


2023年8月25日公開


<監修>

税理士法人 悠久 杉本会計事務所

所長代理 杉本篤史(すぎもと・あつし)https://www.sugimotokaikei.com/
1985年(昭和60年)に杉本公認会計士事務所として南大阪の地で創業。「人を大切にする会計事務所」を理念とし、中小企業の経営者様と共に歩む。昔は紙に書かれた表から集計を行い、元帳や試算表を作成していく手作業の多い業界だったが、時代が紙からデータへと時代が変わり、AIを使った会計技術が重要なインフラとなっている。そのような中でも「心の通ったコミュニケーション」が何より大切と考え、中小企業経営者の皆様に寄り添ってサポートしている。所長一人から始まった杉本会計事務所の従業員数は今や30人を超える所帯となり、有能なメンバーがお客様企業発展のために邁進している。


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業 :https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


※DOMONETで仕事を探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

関連するワード