高校生の初バイトで困りがちなのが履歴書です。履歴書は、あなたがどんな人なのか、どのような理由で応募したのかをバイト先に示す書類です。
選考にも影響するため、マナーを守ってきちんと書くことが大切です。


この記事では、高校生向けにバイトの履歴書の書き方について解説します。履歴書の書き方に困っている高校生は、ぜひ参考にしてください。


バイト履歴書の書き方の基本



履歴書を書くときのポイントは、以下の通りです。


● 黒のボールペンで書く
● ていねいにはっきりとした字を書く
● 修正液は使用しない
● 空欄を作らず、なるべく埋める
● ウソはつかない


えんぴつや消せるボールペンは使わず、書き間違った場合は面倒かもしれませんが、新しい用紙に書き直しましょう。空欄があると、書き忘れか記載内容が無いのか面接官が判断に迷うため、全ての欄を埋めるようにしてください。


また、パソコンで入力したものでも問題ありませんが、手書きを好むバイト先もあるため、迷う場合は手書きの履歴書を準備するのが無難です。


履歴書の記入は意外に時間がかかるため、面接前日や当日に準備するのではなく、余裕をもって2~3日までに準備しておきましょう。


※DOMONETで「高校生歓迎」のバイトを探す
静岡県の求人
愛知・岐阜県の求人
東日本エリアの求人
西日本エリアの求人

【項目別】高校生向け履歴書の書き方



履歴書には複数の項目がありますが、それぞれに意味があります。基本的には全ての欄を埋めることを意識してください。適切な内容が書けない場合、空欄にしないで「なし」と記載しましょう。ここでは、履歴書の項目別に高校生向けの書き方を紹介します。


・日付・氏名・生年月日

記載した日ではなく、バイト先へ提出する日付を記入しましょう。履歴書で最初に目に入るであろう氏名は、特にていねいにはっきりと書くことが大切です。生年月日を記載する際は、元号でも西暦でもどちらでも問題ありませんが、履歴書全体で統一しましょう。


・住所

現住所を記入する際は、マンションやアパート名、部屋番号を省略しないようにしましょう。連絡先が現住所と同じである場合、「同上」と記載します。


・電話番号・メールアドレス

バイト先からの連絡先として自分の携帯番号を記入します。高校生の場合は、万が一何かあった際に保護者と連絡が取れるように自宅の電話番号も記載しておきましょう。
また、メールアドレスも省略せずにきちんと記入することが大切です。


・証明写真

3ヶ月以内に証明写真機で撮影したものを使用します。スマホの証明写真アプリやプリクラで撮ったカジュアルなものは基本NGです。
服装は私服でも制服でも構いませんが、派手な服装や露出の多いものは避け、襟付きのシャツやカーディガンを着用しましょう。服装に迷うなら、制服が無難です。


・学歴・職歴

学校の入学歴と卒業歴を古い順から記載します。高校生の場合は、中学卒業から記入しましょう。「東京都立」「静岡県立」や「高等学校」などを省略せずに正式名称で書くことが大切です。
また、学科が複数ある場合、「普通科」や「工業科」なども省略せずに記載しましょう。


アルバイト経験があれば、職歴も記入します。
アルバイトを始めた年月を「アルバイト入社」とし、辞めた年月を「アルバイト退社」と書きます。なお、初めてアルバイトする方は職歴は「なし」と記載してください。


・免許・資格

運転免許や英検、漢字検定などを取得している場合、免許・資格欄に記載します。免許・資格名は省略せず、「原動機付自転車免許」や「実用英語技能検定2級」など正式名称で書きましょう。
免許・資格を何も持っていない場合、「特になし」と記載し、空欄にしないように注意が必要です。


・志望動機

「なぜそのバイト先に応募したのか」という理由を記載する項目が、志望動機です。
高校生の場合、バイトが初めての方も少なくないため、職歴や資格でアピールできることがあまりありません。そのため、面接官に注目されるには、志望動機が重要です。


「自宅から近い」「友達に勧められたから」などの志望動機はよくある一例ですが、せっかくなら「接客の仕事に興味がある」「社会経験として自分でお金を稼いでみたい」など意欲や前向きな姿勢をアピールする志望動機がおすすめです。


・自己PR

自己PRも履歴書の項目で重視される部分です。高校生の場合はバイト経験が少ないため、アピールできる知識やスキルがないかもしれません。
そのため、学業や部活動の経験を絡めた自己PRがおすすめです。親の手伝いや兄弟の面倒をみているなど身近なことでも、応募先の仕事に活かせそうであれば立派なアピール材料になります。


学業でいえば、例えば一度決めたことを最後までやり遂げた経験や、地道にコツコツ頑張ることで成績を維持していることなどをアピールしてみましょう。
高校生ならではの経験を具体的なエピソードと絡めた自己PRが面接官に好印象です。


・趣味・特技

趣味・特技の欄には、あなたの人となりや性格を伝える意味合いがあります。
趣味・特技の内容によって、選考結果に影響することはほとんどありませんが、「同じ趣味の先輩がいるよ」など、面接で話のネタになるケースもあります。


部活で取り組んでいるスポーツや課外授業、休みの日の過ごし方、続けている習い事など、自分の人となりを伝えられる内容を記載しましょう。


・本人希望欄

本人希望欄は、「どうしてもこの条件が満たされないと、働けない」という条件を記載する項目です。例えば、「テスト期間中は休ませてほしい」「夏休み期間中、月・水・金は夏期講習のため17時から勤務可能」などを記載しましょう。


学業とバイトをうまく両立するためのシフト希望や希望職種(キッチンやホールなど)、勤務地などに活用するのがおすすめです。


・通勤時間

通勤時間には、自宅からバイト先までの移動時間を記載します。例えば、自転車で通勤する場合、「自転車で20分」と交通手段を省略せずに書きましょう。


・扶養家族・配偶者

扶養家族は結婚して家族ができた場合に記入する項目であるため、高校生は「0人」と記載しましょう。配偶者とは結婚相手を意味するため、「無し」と記載し、配偶者の扶養義務も「無し」となります。



履歴書で大切なのは一生懸命、丁寧に書くこと!


大学生や社会人と比べれば、高校生は職歴や資格でアピールできる部分が少ないのが事実です。そのため、履歴書の空白が目立ってしまうのは仕方ありません。志望動機や自己PRなど、書ける部分を丁寧に記載することが大切です。この機会にこれまでの自分を振り返ったり、強みや長所を周囲に聞いてみたりするのもいいかもしれません。


ただし、志望動機が一言で終わっていたり、趣味・特技が空欄だったりすると、面接官にあなたがどんな人かが伝わりにくくなるため、注意が必要です。
立派で誇れる履歴書を記載することが重要なのではなく、ていねいな字であなたの等身大の人となりを一生懸命書くことが大切です。


2023年8月8日公開


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。


※DOMONETで「高校生歓迎」のバイトを探す
静岡県の求人
愛知・岐阜県の求人
東日本エリアの求人
西日本エリアの求人

関連するワード