バイトを短期間で転々としてしまっていると「どうして自分は長続きしないのだろう…」と悩んでしまうこともあるかもしれません。
一方で、バイトをすぐに辞めるのにはそれなりの理由があり、単純な甘えではないことも多くあります。


この記事では、バイトをすぐに辞める人の特徴や、長続きするバイトを見つけるポイントをご紹介します。今後のバイト選びに、ぜひお役立てください。




バイトをすぐに辞めてしまうリスク


バイトをすぐに辞めるリスクは、まず収入が安定しないことです。退職後に新しいバイトを見つけるまでにはある程度時間がかかるため、一時的とはいえ収入が落ち込む期間ができてしまいます。


また、バイトを始めては辞めることを複数回繰り返していると、辞めることへの抵抗が薄れていくことも大きなリスクです。辞め癖がついてしまい、「また辞めてしまった」という失敗体験が重なることから自信を失ってしまうかもしれません。


さらに、次のバイトが見つかりにくくなることもリスクの1つです。履歴書には職歴を記入するため、バイト歴が多すぎると選考で不利になってしまう可能性もあります。さらに自信がなくなることで新しいバイトに踏み出しにくくなる場合もあります。


バイトをすぐ辞める人の特徴7選


バイトをすぐ辞める人には、共通する特徴があります。ここでは7つの特徴をご紹介するので、自分は当てはまっていないか、確認してみてください。


・他責にする癖がある

自分の非を棚に上げ、環境や他人のせいにしてばかりの人は、すぐにバイトを辞めてしまう傾向があります。何かしらのトラブルが発生した際、たとえそれが自分にも責任があるとしても、環境や他人のせいにして責任回避し、最終的には人間関係や環境を理由にバイトを辞めてしまうのです。


どんな状況においても、自分自身に100%非がないという状況はほぼありません。仕事でのミスやトラブル、バイトを辞めた原因を他人のせいだけにしている場合は要注意です。


・コミュニケーションを回避する

どんな仕事でも、ある程度のコミュニケーション能力は必須です。たとえ業務中に会話が必要ない仕事だとしても、同僚や先輩、上司などとの最低限のコミュニケーションは欠かせません。


コミュニケーションをとろうとしないと職場で良好な人間関係を築くことが難しくなり、孤立してしまったり周りに迷惑をかけてしまったりすることにつながります。結果的に職場に居づらくなってしまい、バイトを辞めたくなってしまうのです。


わからないことを近くのスタッフに相談する、ミスをしてしまった場合にきちんと謝罪するなどは、仕事をする社会人としての基本マナーです。接客業務がないバイトであったとしても、スタッフ同士の円滑なやりとりや良好な人間関係を築く目的で必要となります。


・自分に合う仕事を見つけられていない

バイトをすぐ辞める人は、自分に合う仕事に出会えていない可能性も考えられます。合わない仕事を長期間続けるのは、誰であっても辛いものです。


ただし、中にはバイトだからと安易な気持ちで応募し、実際に働いてみてから「仕事が大変だから嫌だ」「自分には合わない」などといって辞めてしまう人もいます。


十分に情報収集せずに軽い気持ちで応募し、最終的にすぐに辞めてしまうことで、バイト先にも迷惑をかけてしまいます。このようなケースでは、もう少し慎重にバイト先を選ぶ必要があるでしょう。


・完璧主義者

完璧主義ゆえに、自分では完璧にできないことが見えてくると、仕事の途中でも急に投げ出してしまいがちなのがこのタイプです。


すべてを完璧にやり遂げたいという精神はとても素晴らしいですが、自分だけでなく、周りにも「自分が思う完璧な状態」を押し付けるのは良くありません。また、完璧にできない自分を責めてしまうこともあるかもしれません。


完璧主義者は他人に頼ることが苦手で完璧に業務をこなすことに全力を投じます。それ自体は良いのですが、全て自分の理想通りに物事を進めようとし、周りも自分も次第に窮屈になってしまいます。そのため、スタッフ同士の協調が特に重要なバイト先では、仕事を続けるのが難しくなってしまいます。


・理想が高い

「おしゃれな職場で働きたい」「バイト先でたくさんの友人を作りたい」など、バイトに対して具体的な理想を描いていると、実際働いてみてそのギャップを感じてがっかりしてしまうこともあるでしょう。ます。


給与や職場環境、待遇、一緒に働くスタッフなど、全てが自分の理想通りになるとは限りません。多少のギャップがあったとしても、「自分で選んだバイトだから」と続ける選択肢を持つことや良いところを見つけることも大切です。今後のバイト生活や社会人生活においてもある程度の妥協や視点を変えてみることは必要になってきますので、よい経験にもなります


・辞めることへの抵抗が少ない

バイトに限らず、あらゆる物事に対して「辞める」ことに抵抗を感じない人もいます。部活や習い事、課外活動など、バイト以外のことでも長続きした経験が少ない場合は要注意です。


このタイプの人は、仕事を辞めることへの抵抗が少なく「嫌なことは無理をして続ける必要がない」という思考の元で行動していることが考えられます。


もちろん、ストレスがあまりにも大きい場合には無理して続ける必要はなく、すぐに辞めることが一概に悪い訳ではありません。ただし、辞め癖がついてしまっている場合は注意が必要です。


・真面目すぎる

このケースは、長く続けたいという意思はあるものの、真面目さゆえに精神的に落ち込んでしまったり体調を崩したりしてしまうのが特徴です。


真面目すぎる人は、仕事でミスをしたり、店長や先輩から注意されたりなど、少しでも自分にとって嫌なことがあると考えすぎてしまい長く引きずる傾向があります。


そのため、ちょっとしたミスや失敗から、自責の念によってバイトを辞めざるを得なくなる場合が多いようです。


長続きするバイトを見つけるポイント


バイトをすぐ辞める人は、バイト選びの段階でミスをしてしまっている可能性があります。バイトは、本人にとっても職場にとっても、続けられることが1番です。ここでは、長続きするバイトを見つけるポイントを紹介します。


【自分の適性を理解する】

まずは、自分の得意や不得意、外交的か内向的か、どういったことにストレスを感じやすいかなどについて、自己分析をしてみましょう。自分の適性を理解していないと、合わないバイトばかりを選んでしまい続けるのが苦痛になってしまいます。


たとえば、「決められた作業を淡々と続けるのが好き」「暇疲れするタイプのため、テキパキと常に動いていたい」など、自分の適性を考えてバイト先を選ぶことが重要なポイントです。


【絶対に譲れない条件を明確化する】

自分がストレスに感じてしまう環境や、どうしても受け入れられない条件を明確にして、どのようなバイトなら続けやすいのかを考えてみましょう。


「実家に帰省するから長期連休中は1〜2週間の休みが必要」「月に◯円必要だから、週◯日以上はマストでシフトに入りたい」など、譲れない条件を洗い出し優先順位をつけておくとバイト選びの基準が見えてきます。


あわせて、「客足が激しい激務な店舗」「同世代がいない職場」など、過去に辞めるきっかけとなった原因を振り返るのも一つの手です。


【応募先を徹底的に調査する】

応募先をある程度絞ったら、徹底的に調査することも重要です。「カフェのバイトは落ち着いて仕事ができる」「事務のバイトは残業がない」など、勝手なイメージが先行していると入社後にギャップが生じやすくなります。


そこで、店舗などで実際にバイト先を訪れることができる場合は、応募前にお客として利用し、客層やスタッフの雰囲気、仕事の様子や内容を観察してみましょう。また、スタッフがミスをしたときに周りがどのようにフォローしているか、手が空いたタイミングでは何をしているかなども見ておくとベストです。


この時、忙しい時間帯と客足が落ち着いている時間帯の両方を訪れてみるのがおすすめです。


辞めたくなったら一歩立ち止まることも大切!


長く続けられるバイトを見つけることも重要ですが、ミスをしてしまったときや注意されたときなど、嫌なことがあったときにどう乗り越えるかも重要です。バイトを辞めたくなったら、一度立ち止まって「続けることで自分にプラスになることは何か」を考えてみましょう。


2023年8月7日公開


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。



関連するワード