もし英語の資格をもっているなら、バイト面接でアピールしない手はありません。
この記事では、数ある英語資格の中でも「英検」を取り上げ、英検の記載に際して注意すべき点や、「何級から書いてもいいの?」などの疑問を解説します。


「英検」の正式名称は「実用英語技能検定」


「英検」とは「実用英語技能検定」の略称で、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級と、7つの級があります。試験問題はリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの四技能に渡り、3級以上になると、筆記試験の一次試験と、スピーキングの二次試験を受ける必要があります。
なお、4級、5級でも、任意でスピーキングテストを受けることができます。


英検とは
英検は幅広い世代が受験する国内最大級の英語検定試験で、1級から5級まで、7つの級があります。試験内容は身の回りの日常会話から、教養を深める社会的な題材まで、実際に英語を使用する場面を想定し、出題しています。

引用:英検公式サイト https://www.eiken.or.jp/eiken/about/


大学生が履歴書でアピールになるのは英検2級以上


「2級」が高校生レベルの英語力ですので、大学生以上の人が履歴書に英検を書く場合は、2級からがよいでしょう。高校生の人が履歴書に書くのであれば、3級でも構いません。


【英検各級のレベルについて】

5級から1級までの英語力の目安は、以下の通りです。


5級:中学(初級)

英語を習い始めたばかりのレベル。英語の基礎が問われる。


4級:中学(中級)

簡単なトピックについての読解力が求められる。


3級:中学卒業程度

スピーキング試験が加わり、自分の意見を伝えるスキルが問われる。筆記試験のトピックも海外文化などが取り上げられる。


準2級:高校(中級)

長文の穴埋め問題が追加となり、読み取る能力が問われる。


2級:高校卒業程度

英文読解内容が、医療や技術などの分野に及ぶ。2級は大学入試に活用されるほか、大学の単位認定にもなる。


準1級:大学(中級)

かなりレベルが高くなり、英作文の問題が加わる。大学単位認定の他、公務員試験での加算条件にもなる。


1級:大学(上級)

二次試験は「スピーチ」形式。英検1級を持っていると通訳案内士試験の筆記試験が免除になるぐらい、高い英語力が求められる。


英検の受験者は年々増加。TOEICとの違いも知っておこう


公式な発表によると、子どもから大人まで、年間410万人以上の人が英検を志願しています。

出展:英検公式サイト https://www.eiken.or.jp/eiken/about/situation/ 

ただし、英検は日本における試験であり、海外では知られていないため、海外で「英検1級持っています」とアピールしても通じません。
一方、TOEICは世界共通ですので、どの国に行っても同じ評価が得られます。また、TOEICはビジネススキルを測るツールにもなっていて、「採用条件はTOEIC500点以上」「昇進条件にTOEIC700点以上を設ける」というような企業もあります。


バイトの履歴書に「英検」を書く時はここに気を付けて!


英検を持っている場合は、履歴書の「資格欄」に記載します。この時に、以下のような事項に注意してください。


・「英検」と略さず、「実用英語技能検定」と書く

履歴書は正式な書類ですので、記載する内容は省略を用いず、正しい名称を記します。


また、「実用英語技能検定2級 合格」というように、「合格」と書いておきましょう。
ちなみにTOEICなどは「合格・不合格」ではなくスコア制ですので、「TOEIC550 取得」と表します。


・英検取得日は正確に書く

履歴書には、英検に合格した「年月」を書かなければなりません。いつ合格したか覚えていない場合や、合格証明書をなくしてしまった場合は、再度「合格証明書」を発行してもらいましょう。
1,100円の手数料がかかることや、ウェブから再発行依頼をする場合は「2018年度以降で過去6年間」の範囲でしか対応してもらえないことも、覚えておいてください。


ウェブから依頼する場合:

「受験者マイページ」の「合否結果閲覧/証明書再発行」から依頼をする。


郵送で問い合わせる場合:

以下に郵送で依頼をする。


公益財団法人 日本英語検定協会 英検サービスセンター「合格証明書係」
〒162-8620 東京都新宿区榎町7


・英検に有効期限はナシ!

英検合格には有効期限がなく、何年前のものでも記載できます。TOEICも同様に、有効期限はありません。
しかし、10年も前の資格では説得力がありません。英語が必要な仕事に応募するのであれば、しっかりアピールするために、改めて受験しなおすのもよいでしょう。


英語が必要な仕事でなくても有利に働く可能性大


英語という武器は、社員でもバイトでもプラスポイントになります。また、英語が必要とされない仕事の場合でも、「勉強を頑張ってきた子なら、仕事も頑張ってくれそうだ」という印象を与える可能性は十分ありますから、どんな場合でも記載することをお勧めします。
英検ではなくTOEICやTOEFL、IELTSなどの資格を持っている場合も、英検同様に記載しましょう。


2023年7月21日公開


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業 :https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


※DOMONETで仕事を探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

関連するワード