バイトの面接を受けてみたけど、思っていた仕事と違うことが分かったり、別の第一希望のバイト先で採用が決まったからお断りしたりするなど、その後の選考を辞退したいということもあるでしょう。
この記事では、バイト面接を辞退する時の伝え方や知っておきたいマナーを解説します。


バイト面接・選考途中で辞退するのはアリ!



バイト面接・選考途中に辞退したい場合は、素直にその旨を伝えましょう。辞退することは悪いことではありませんし、辞退の旨を伝えても怒られたりすることはありません。


中には「複数のバイト先の選考をかけもちするのはマナー違反」という考えを持っている人がいるかもしれませんが、実際には、ほとんどの人が並行して複数の面接を受けているものです。


バイト面接・選考辞退の伝え方



バイト面接・選考を辞退する場合はいつ伝えるのがよいのか、タイミングごとに辞退の伝え方を見てみましょう。


・面接中に辞退を決めた場合

思っていた仕事内容や条件と異なるため、面接をしている最中に辞退を決意することがあるかもしれません。そういう場合は、面接の最中に率直に伝えても大丈夫です。


「そういうことであれば、こういう条件ではどうですか」などと、特別な条件が提示される可能性もあります。


例文:「先ほどご説明いただきました交通費の件ですが、全額支給されるものと勘違いしておりました。交通費全額支給を前提に探しておりますため、せっかく貴重なお時間をいただいているのに申し訳ありませんが、今回は辞退させていただきたいと思います。」


・面接が終わって結果待ちの期間に辞退を決めた場合

第二希望のバイト面接を終え、結果待ちをしている間に、第一希望のバイトから採用連絡が入った場合を考えてみましょう。
上述の通り、複数のバイト面接を並行して受けることは悪いことではありませんので、正直にその旨を伝えてみてください。
以下の例文は電話の場合ですが、メール連絡でも構いません。


例文(電話の場合):

「お世話になります。8月10日にバイト面接で伺いました山田太郎です。
大変申し上げにくいのですが、他の会社でバイトが決まりましたため、貴社の選考を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。
貴重なお時間をいただきましたのに、申し訳ございません。またのご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。」


・はっきりした理由を述べずに辞退する場合

「なんとなく違う気がする」という理由で辞退する場合や、理由を述べたくない場合などは以下のように伝えることもできます。


例文(メールの場合):

件名:アルバイト選考辞退のご連絡 ― 山田太郎
DOMO株式会社
人事部 静岡様

8月10日にバイト面接で伺いました山田太郎です。
大変申し上げにくいのですが、一身上の都合により、貴社のバイト選考を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。


貴重なお時間をいただきましたのに、申し訳ございません。
またのご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。


山田太郎
090-1111-1111


バイト面接・選考を辞退する際のマナー



辞退連絡をする際は、以下のようなマナーを知っておいてください。


・最も重要なのは「なるべく早く伝える」こと

辞退すると決心がついているのであれば、一日も早く連絡を入れましょう。あなたを採用するために、別の人を不採用にしようとしているかもしれません。選考結果の連絡を待たず、一日でも、一時間でも早く連絡を入れてください。


・貴重な時間をいただいたことに感謝とお詫びを伝える

バイトの面接・選考を辞退することは悪いことではありません。しかし、面接官はあなたの面接をするために、面接日程の調整や会議室の予約、履歴書のチェックなどで時間と労力を費やしています。そのことを心に留めて、感謝と謝罪を伝えたいものです。


・連絡方法はメールでもOK

面接までのやりとりがメールだったり、面接時にもらった名刺にメールアドレス記載があったりする場合は、辞退の連絡はメールで構いません。


しかし、やりとりが電話だった/相手のメールアドレスが分からないなどという場合は、電話で伝えるほかありません。募集記事にメールアドレスが記載されていれば、そのメールアドレス宛に送るのもよいでしょう。いずれにしても、面接担当者に確実に伝わる方法を選んでください。


・「気まずいから…」とぎりぎりまで連絡しない/無断辞退は絶対NG!

採用連絡を受け取った後、「気まずいから」という理由で連絡を入れず、結局バイトに行かない(ばっくれる)という行為は絶対にやめてください。相手にとって大変迷惑がかかりますし、自分自身、後ろめたい思いを一生ひきずることにもなります。


辞退を決心したのなら、「他の人を探すから、一日でも早く知らせてほしい」というのが面接官の本音です。辞退することは悪いことではないので、「気まずい」と思わなくても大丈夫です。とにかく、きちんと連絡を入れることは基本的なマナーです。


迷っているなら辞退せずにチャレンジしてみるのも◎


はっきりした理由があって辞退するならよいのですが、やってみなければ自分に合っているかどうかはわからないこともあります。
辞退するかどうか決めがたいという場合は、チャレンジしてみてから判断するとよいでしょう。


2023年7月20日公開


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業 :https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


※DOMONETで仕事を探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

関連するワード