大学生・高校生3児の母であり、
キャリアコンサルタントの資格をもつママが独自の視点で質問に応えます!

※ 質問 ※
「パートを始めて半年、待望の後輩が入ってきたんですが、8歳くらい年上の方なんです。仕事を教えるように店長からも言われているんだけど、とてもしっかりした方で、どんな風に接したらいいか戸惑ってしまい、仕事に行くのにめちゃくちゃ緊張しちゃってます…。どう対処したらいいでしょうか。」



後輩へ指導することで、自分の成長の機会に


おおっ!これはドキドキするなぁ^^

職場に後輩が入ってくるって、環境変化の中でも大きい方だよね。今までは、自分が教えてもらう立場だったのが、教えたりサポートする側に回って行くってことだもん。

To know is one thing, to teach is another. =「知ることと教えることは別である」って英文、高校生で習った時にはピンとこなかったんだけど、社会に出てチームで仕事をするようになって、なるほどなぁって身をもって実感したなぁ。


自分ができること、既にマスターしたことって、誰かに教えるのが難しいことがある。

そんなに苦労せずにできちゃった場合は、特にね。「ん〜、なんとなくこんな感じ」って、ニュアンスで伝えようとしちゃって、肝心なことを、うまく言葉や動作やコツとして説明できないんだよね。

人に教えるって、自分がよくわかっているのは大前提。その上で、相手に合わせて表現を変えたり、手順を工夫したりして試行錯誤が必要になってくる。そう、ポジティブなことに感じない?



職場ではわたしが先輩、人生経験においては相手が先輩


8つ年上の後輩って、こういう経験が初めてだと、どう接していいか戸惑うのもわかる。パートの仕事は特に、年齢と職場の立場が逆転することが起こりやすいと思うんだ。


でも、基本的には「職場での立場=わたしが先輩」「社会の中での立場=相手が先輩」の両方を意識しておけば、困ることってほとんどないと思うんだよね。

仕事を覚えてもらう上では、自分が先輩としてリードしたりサポートするけれど、職場とか仕事に直接関係ないことは、相手の経験を頼って立てる場面があってもいいと思うし。

相手との相性もあるだろうし、バランスの取り方しだいかな?

このスタンスをベースにしながら、あなたにとって居心地の良いバランスを模索してみてね。



後輩がしっかりしているのはザワザワすることもあるよね


あなたは、年上かつ「しっかり者」の後輩にどう接して良いかわからなくて、仕事に行くのも緊張しちゃっているんだよね。

これは「相手よりもできる自分でなくてはならない」っていう気持ちがそうさせてるのかも?

実力以上のことをやろうとしたり、現状よりよく見せようと思ったりすると筋肉が緊張しちゃうし、体と連動して心もコチコチになって、普段の力すら発揮できなくなっちゃう。


先輩だからしっかりしなくっちゃ、っていう心構えは大事、でも、気負いすぎなくていいと思う。

相手の立場で考えてみて。後輩である自分のために、先輩が無理して頑張っているのを見るのって、キツくない?わたしだったら、「申し訳ないな」って気持ちになっちゃうなぁ。

年齢やタイプにとらわれず、「普段どおり」を重ねていくことがお互いにとって居心地いいと思うけど、あなたはどう?



教えるのって貴重な体験。期間限定の”今この時”を楽しんでみよう


同じ職場に採用されて、先輩&後輩の関係で出会ったのも何かのご縁。せっかくなら、良い関係を築いてお互いの成長の機会になるといいよね。

あなたにとっては「教えることで自分のスキルアップにも繋がる」、相手にとっては「良い先輩に教えてもらうことで、早く仕事が覚えられて一人前になれる」。二人とも、この関係性にメリットがある。


教えることで自分の仕事が増えたり大変だなあと思うこともあると思うけど、ずっと続くわけじゃない。マンツーマンで教えなくても仕事が回るようになるまでの、期間限定なのよ。

あなたは、半年で人に教えられるくらいに育ったということだから、それよりずっと前に、それなりに仕事はこなせるようになったのではないかしら?

後輩が一人前になれば自分の仕事も楽になるし、優秀なスタッフが1人より2人のほうが、お店の雰囲気もよくなる気がするなあ。で、お客さんが増えて繁盛して、たまに大入り袋をもらったりして♪


後輩が入ってきたことを、プラスの未来と接続してイメージしてみると、気持ちが楽になるかな?

まずは、あなたが教えること、教えることによる自分の成長、後輩との関係を楽しんでみてね^^

応援してます!


2023年6月28日公開


※DOMONETで「主婦・主夫歓迎」のシゴトを探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

<執筆>

かざみ侑布(かざみ・ゆう)

キャリアコンサルタント&AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)。大手金融機関で働く現役営業ママ。フルタイム→パート→主婦→パート→フルタイムと結婚&出産&育児&夫の転勤&離婚という女性のライフステージに合わせて働き方をシフトチェンジ。その経験を生かしフリーでカウンセリング中心に活動中。大学・高校・中学生3児の母。

関連するワード