成果を残したり、周りの人から頼りにされたりする「仕事ができる人」にはいくつかの共通点があります。「仕事ができる人」に近づくべく、業務に取り組む基本姿勢や行動パターンなどをご紹介します。


最初はなかなかできなくても大丈夫。ちょっとずつ、自分ができることからやってみてください!


求人をさがす

「仕事ができる人」とすぐにわかる特徴6選


「仕事ができる人」とは一体どんな人でしょうか。以下に分かりやすい特徴を挙げてみますので、「自分はどうだろう」と客観的に考えながら、自己分析してみてください。


・意思決定のスピードが早い

仕事ができる人は、意思決定のスピードが速い傾向にあります。
物事を判断する場合には、背後にあるリスクやメリット・デメリットを素早くとりまとめ、より良い選択をしなければなりません。


適切な判断をするために、日頃から物事を多角的に考えるように努力したり、幅広く勉強し、知識を増やしたりする努力が欠かせません。


・頼みごとにすぐ対応してくれる

頼んだことへの対応やメールの返答が早いのも、仕事ができる人の特徴です。
その場で済ませることで忘れる心配もなく、改めて思い出したり考えたりする時間を割かなくてもよく、時間的に効率が良いものです。


「早く対応してあげると相手が助かるだろう」と心に余裕があり、思いやりの気持ちを持ち合わせていることもできる人の特徴です。


・常に期日を守る

時間を「限りあるもの」と捉えて、集中して仕事に取り組み、時間内に業務を終了させます。判断基準が明確なため、優先順位をつけ、やるべきこと・やらなくてよいことを瞬時に判断できているということもあるでしょう。


段取り力が高く、自分の能力もしっかり把握しているため、「締め切りに間に合わない」ということもほとんどありません。


・常に何かを学び、仕事を楽しむ

学習意欲や知的好奇心が高いことも、仕事ができる人の特徴です。


常にアンテナを張り、新しい知識や業務に活かせる情報を入手しているため、アイディアが豊富。仕事を楽しんでいるようにも見えるのも、仕事ができる人の特徴です。


仕事ができない人の特徴5選


反対に「仕事ができない人」の特徴を見ておきましょう。この反対を考えれば、「仕事ができる人」に近づくことができると言えます。


・完璧主義で仕事が遅い

完璧主義というと、それほど悪いことではないように思えますが、完璧を求めるあまり時間がかかりすぎるのはNGです。
どんなに正確な仕事でも、納期内に完了しなければ相手からの信用を失います。依頼した相手は、そこまで完璧を求めていないこともよくあります。


まずは「仕事の量」をたくさんこなしましょう。量をこなしているうちに、おのずと仕事の質も上がってくるものです。


・ミスを繰り返す・ミスを人のせいにする

仕事にミスや間違いはつきものですが、大切なことは「同じミス繰り返さない」「ミスをしたら後の対応をしっかりする」ことです。


仕事のできない人は、同じミスを繰り返し、ミスを人のせいにしがちです。自分のミスを認め、再発防止に向けて具体的なアクションをとりたいものです。


・指示がないと動かない/動けない

上司や先輩からの指示がないと動かない/動けないのも、仕事ができない人の特徴。
「自分にできることはなにか」「この仕事をより良く仕上げるにはどうすればよいか」などと考えて仕事をしていれば、指示待ちで何もすることがない、などということはほとんどないはずです。


・ネガティブな発言が目立つ

「どうせ」「だって」「できるわけない」「忙しい」など、ネガティブな発言が目立つ人は仕事ができないことはもちろん、近づかないほうが良い「要注意人物」です。


誰でもネガティブな気持ちになることはありますが、こういう発言は周りの人の士気を下げますし、ネガティブな雰囲気が仕事の質をも下げてしまうことがあります。


今すぐできる!「仕事ができる人」になるためのアクション5つ


仕事ができる人には様々な特徴がありますが、一朝一夕にはいきません。まずは以下のように「今すぐできる事」から着手し、少しずつ、仕事ができる人に近づいていきましょう。


①仕事ができる人の口癖や行動を真似る

職場の仕事ができる人の仕事の仕方や口ぐせ、休み時間の過ごし方など、あらゆることを観察し、真似ることからはじめましょう。
最初は単なる真似でも、それが自然と自分のものになっていくはずです。


②生活習慣を改善する

心身が健康であれば、積極的な気持ちで仕事に取り組めます。
規則正しい生活、栄養バランスの良い食事の摂取、定期的な運動などを行い、健康維持に努めてください。趣味を楽しむなどし、ストレスをためないように心がけましょう。


③言ったことや約束は必ず守る

約束を守る、というと簡単に聞こえるかもしれませんが、意識してみると、適当にしてしまっていることがたくさんあるのではないでしょうか。
例えば「また会いましょう」と言って別れたのに、長年連絡をしていなかったり、「今度その本貸しますね」と言っていたのに持ってくるのを忘れていたり。


これぐらいの約束は守らなくてもいいだろうというのは、仕事ができない人の考え方。ちょっとした約束でもしっかり守る人は、周りの人から喜ばれ、信頼されます。


④目の前の仕事をきちんとこなす

仕事ができる人でも、華々しい成果の裏には地道な努力があるはずです。目の前の仕事を「簡単すぎる」「つまらない」などと思わずに、まずは一生懸命取り組んでみてください。
小さな「今」の積み重ねが、将来の大きな成功につながるということを覚えておきましょう。


⑤周囲のアドバイスは素直に聞く

自分のやり方にこだわらず、先輩や同僚のアドバイスをとり入れると、改善のスピードが早くなります。
自分では気づけていないことが、世の中にはたくさんあります。どんなアドバイスもまずはうけとめて、改善に役立てましょう。


まとめ


「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」という言葉があります。


まずは「やってみよう」と思う心を大切に、具体的に行動してみてください。すぐに変化が見られなくても、忘れたころに変化に気づく時が来るでしょう。

「仕事ができる人」は「能力が高い」というだけではありません。多くの人から頼られ、慕われるには、人格も重要なポイントであることも覚えておきたいものです。


2023年6月24日公開


求人をさがす

<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業 :https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


関連するワード