「バイトをしたいけど、暑いのが苦手だから外に出たくない」という人におすすめなのが、涼しい場所で快適にできるバイトです。きちんと仕事内容や職場環境を見て選べば、暑さを避けて快適に働けます。


この記事では、「夏でも快適にできる涼しいバイト」について解説するので、ぜひ夏のバイト探しの参考にしてください。


涼しいバイトのおすすめとは?



夏でも涼しい環境でできるバイトはたくさんあります。ここでは特におすすめのバイトとして、以下の4つを紹介します。


・オフィスワーク

データ入力や一般事務などのオフィスワークは、冷房が効いた屋内で仕事ができるため基本暑さを避けられます。屋内であっても熱中症予防の観点や業務効率化のため、涼しく快適に保たれています。
ただし、冷え性の方の場合はオフィス内が冷えすぎていると感じる可能性もあるため、体温調整用に羽織れるものを常に用意しておくなどの自己管理は必要です。


・在宅ワーク

データ入力やライティングなどの在宅ワークであれば、外の暑さを気にせずに仕事ができます。業務委託型の仕事であれば納期までに完成させればよいため、夜型の人はあえて気温が下がる深夜に仕事をするのも1つの方法です。
手先が器用な人ならハンドメイド作品を売ったり、イラストの依頼を引き受けたりなど、趣味を生かしたジャンルで在宅ワークをしてもよいでしょう。


・受付

企業の営業所・事務所、大学などの学校、市役所などの公共機関の受付も、涼しい場所で働ける仕事です。
不特定多数の来客に臨機応変に対応する必要があるため、自然とビジネスマナーやコミュニケーション能力も身につきます。就職活動の予定がある人にもおすすめです。


・小売店スタッフ

コンビニやスーパー、ショッピングモールやデパートなどの小売店も、冷房が効いているので涼しく働けます。食材が置いてあるスーパーなどでは温度が低めに設定されているケースもあります。
ショッピングモールやデパートでは、催事などの短期バイトを募集することもあるため、「普段は授業で忙しいので、夏休みの間だけ働きたい」という学生にもおすすめです。


涼しいバイトを探すときのポイント



涼しい環境で働けるバイトを探すときのポイントとして「業務内容や職場環境を細かく確かめる」ことがあげられます。
例えば、室内のバイトであっても、飲食店や軽作業など、常時体を動かすバイトは暑さが苦手な人には向いていません。さらに飲食店のキッチンはコンロなど調理器具を扱うため、冷房が効きにくいほどの暑さになることもあります。
また、軽作業の場合は倉庫にものを取りに行ったり、こまめに動き回ったりしないといけないため、体温は上がりがちです。業務内容が激しい動作を伴わないものか、事前に確認すると良いでしょう。


業務内容のほか、仕事中の服装も確認するのがベター。客として訪れることができるバイト先であれば、一度自分の目で見に行ってみることをおすすめします。


まとめ


暑さが苦手な人が夏に屋外で働いたり激しく体を動かす仕事をしたりすると、ストレスを感じたり、体調を崩してしまったりするおそれもあります。無理をせず、涼しい環境でできるバイトを選びましょう。


大学生の場合、学生課に求人が届くこともあるため、こまめにチェックするのもおすすめです。今までやったことがないバイトであっても、涼しく働けそうなら思い切ってチャレンジしてみましょう。


2023年6月14日公開



<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。



※DOMONETで仕事を探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

関連するワード