引っ越しをしたら、一般的には住民票も引っ越し先の住所に移します。しかし、実家を離れて一人暮らし中の大学生の場合、住民票を実家に残したままにしてあることは珍しくありません。


住民票を移さずに大学の近くでバイトをしたいと思っている人が、バイト先から住民票の提出を求められた際に、どう対応すれば良いのでしょうか。本記事では、大学生が知っておきたいバイトと住民票の基礎知識についてご紹介します。


学生歓迎の求人をさがす

住民票を移していなくてもバイトをすることは可能!


結論からいうと、住民票を移していなくてもバイトをすることは可能です。


本来は、住民基本台帳法という法律により、住民票は引っ越しをしてから14日以内に移動させなくてはいけません。そのままにしておくと最大5万円の過料が科せられる場合もあります。


しかし、学生の一人暮らしである場合は、住民票を移さなくてもよいとされています。その理由は、夏休み・春休みなどの長期休暇中には実家に戻る人もいることから「単に大学に通うための一時的な移動に過ぎない」とみなされているためです。


バイト先で住民票の提出を求められる理由


バイト先によっては、住民票の提出を求められることがありますが、これは現在の住所を確認することを目的としている訳ではありません。

氏名や生年月日が正しいかどうかを確認するために使われます。


雇う側からすれば、トラブル回避のためにも、身元が確かな人を雇う必要があります。

本人であること、また履歴書に書かれている情報が正しいことを確認します。さらに、万が一何らかのトラブルにより本人と連絡が取れなくなった場合、警察や関係者との連携をスムーズに取るためにも住民票は欠かせません。


住民票を移すことで得られるメリット


学生の場合、住民票を移さなくても問題はありませんが、移すことにも一定のメリットはあります。


例えば、運転免許の更新やパスポートの申請が便利になることが挙げられます。

運転免許の更新やパスポートの申請は、基本的に住民票の登録がある都道府県で行います。そのため、実家に住民票を残したままの場合、手続きをするために帰省する必要があり手間がかかります。


現時点で住んでいる場所に住民票を移せば、その地域で申請ができるため、時間と交通費の節約になります。


住民票に関する注意点


住民票を移さなかった場合、年末調整などの書類に書く住所には注意が必要です。

住民税は「その年の1月1日に居住していた市区町村に納める」という決まりがあります。そのため、1月1日に実家で暮らしていたのであれば、旧住所を書き旧住所で課税されます。一方、1月1日に新しい場所で暮らし始めていたのであれば、新住所を書き旧住所で課税されます。


ただし、一般的には年収が90万円以下であれば住民税は課税されないことになっています。そのため、実際は学生のバイトで住民税を払う義務が生じるケースは少ないでしょう。


まとめ


学生の場合は、住民票を移さずに生活すること、バイトをすることは十分可能です。

バイト先にも「住民票は実家の住所のままなので」と伝えれば問題ないでしょう。

しかし、住民票を移しておくと運転免許証やパスポートなど各種手続きの際には便利なため、タイミングを見て手続きを行うと良いかもしれません。


なお、大学卒業後社会人として一人暮らしを始める際は「一時的な住まい」とは言えなくなるため、必ず住民票を移すようにしましょう。


2023年5月13日公開


学生歓迎の求人をさがす

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

求人サイトDOMONET

関連するワード