働く女性を対象に「年収の壁」についてのアンケートを実施。パートナーの長時間労働や家事育児の負担など、様々な背景が見えてきました。


<「あなたの家族像が実現できる社会をつくる」をビジョンに掲げるコネヒト株式会社調べ

【調査概要】調査期間:2023年3月11日~12日 有効回答数:1,553件 調査方法:インターネット調査 調査対象:コネヒト社サービス利用者>



扶養内で働く女性の約3割が「扶養範囲を気にせず働きたい」


現在、扶養内で働いている人に「(今後も)扶養内で働きたいか」を聞いたところ、35.5%が「いいえ」と回答。

つまり、3人に1人が「本当は不要範囲を気にせずに働きたいが、扶養内にせざるを得ない」現状であることが分かりました。



8割超が「家族や周囲からの協力」を必要としている



続いて、「扶養範囲を気にせず働くために必要なこと」を聞いたところ、実に8割超が「家族や周囲との協力体制」を挙げました。


回答者からのコメントを抜粋してご紹介します。

「お互いの実家が遠方で頼れず、正社員をやめざるを得なかった。自分がフルで働くと家事育児への余裕がなくなってしまう」(30代女性、末子2歳、パート・アルバイト)


「本当は扶養から外れて働きたいが、夫の働き方や職場の理解が今のままでは無理。これらが全てクリアできるなら、扶養から外れて経済的に自立し、自分が自由に使えるお金と子供の教育費に使いたい」(40代女性、末子2歳、パート・アルバイト)



仕事に多忙なパートナーとの上手な向き合い方


「子どもが小さいうちはそばにいたい」など、自ら希望して扶養の範囲内での働き方を選択する方もいるでしょう。

一方で今回の回答者のように、本人の意思とは異なる働き方を選択せざるを得ない方もいます。


パートナーの長時間労働によって自分自身が家事育児のほとんどを担っている場合、勤務時間を増やせば家事育児に充てられる時間は相対的に減ります。

生活が立ち行かなくなることを懸念し、扶養範囲をきにせず働くことを諦めてしまうと考えられます。


パートナーの勤務先で長時間労働の是正が進めば良いですが、一朝一夕では難しいもの。

となると、パートナーと今どう向き合うかが大切になってきます。


仕事に家事に育児に忙しいと、休日は平日にできなかった家事に充てているという人もいるでしょう。その気持ちは痛いほどわかりますが、忙しいときほど家族のイベントを作ることも大切です。

「どこに行こうか」「何食べようか」など夫婦で考えたり、家族イベントそのものを楽しむことで、パートナーに家族のことにも夢中になれるきっかけを作ってあげるのです。

「両立」と堅く考えず、夫婦で家庭のことに楽しく向き合える環境づくりをしてみましょう。


※コネヒト株式会社・高橋恭文氏に監修いただきました


2023年4月12日公開


※DOMONETで仕事を探す⇒ こちらをクリック

※関連記事はこちら
【調査】扶養範囲外で働く人の2割「扶養内に変更したい」
【調査】子育て世代のリスキリング
【調査】夫の家事・育児「平日1時間以下」で妻の4人に1人が産後離職

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

関連するワード