大学生・高校生3児の母であり、
キャリアコンサルタントの資格をもつママが独自の視点で質問に応えます!

※ 質問 ※
「上の子が高校生、下の子は小学校高学年になりました。自由な時間が増えたのはいいんだけど、教育費が思いの外かかることがわかってきて。周りのお友達が塾に通い始めたので、ウチも…と検討はしているのですが、高校生向けの塾ってこんなに掛かるの〜〜?ってビックリ。通わせてあげたいけど、貯蓄に回す分がこのままではカツカツになっちゃう。この機会にワタシも働こうかな?と思うんだけど、みんな週に何日位働いているんだろう?」


アンケートをとると「希望は週3日」って人が多いみたい。


おおっ!働き始めますかっ!イイね、イイね^^

子離れ&親離れの良きチャンスだと思う。「この機会に」っていうポジティブな気持ち、大事だよね。

必要に迫られて仕方なく、っていう感じではなく「新しいチャレンジ」って捉えていたら、きっと復職後も自分の成長を楽しみながら働くことができると思うよ。


週何日、パートで働いているのか?ってWEBで検索してみたら「週3日」を希望する人が多いっていう情報がおおかた。「週4日」という人も多いみたいね。

週3日働いて週4日休む、この働き方が支持されているらしい。


「週3日」を掘り下げてメリットデメリットを考えてみる。


多くの人が週3日を希望するのには、きっと理由があるはずだよね。もちろん何日働くか?は自分次第だけど。


想像してみよう。

週3日、1日4〜6時間 働くとして…。


・仕事と休みが概ね半々だから気が楽
・お休みの日に、後回しになった家事や子どもの用事をまとめてやって帳尻を合わせられる
扶養の範囲内で働きたいたいから調整しやすい。
・平日仕事で、土日はゆっくり家族との時間を過ごすことができる。

今の自分に合った働き方をすることで、こんなメリットが生まれるよ。


・地域活動などのボランティアとは違う”働く”という形で社会と関わり収入を得る
・自分に対する自信も生まれる
・大きな負荷はかけず、ゆとりを第一に自分のペースを大切にできる

逆にデメリットだと感じるのは、この2つ。


・扶養の範囲内で働くから、多くの収入は得られにくい
・短い時間&少ない日数の勤務だから、キャリア形成がゆっくりに

メリットとデメリットは表裏一体。つまりそれぞれの価値観次第。

アナタは、どう感じたかな?


アナタが働くいちばんの動機は何?


実は、ワタシも出産・育児を経ての復職は週3日5時間のパートからだったの。

2人目を妊娠中、残業の多い正社員を辞めて、残業ナシの派遣社員として別の企業でフルタイムで働いてたのね。

でも、妊婦中に子育てとフルタイム勤務を両立するのがキャパ限界になってきて、もう少し緩やかに働きたいなと思っていたの。

するとタイミング良く前職の会社から声をかけてもらって、週3日のパート勤務で働き始めました。

わたしの働く動機は、稼ぐことそのものよりも、妊娠と子育てでキャリアを断絶させたくないってことが上位だったので、ありがたかったな。


約半年それで過ごしたんだけど、すごく、よかった。

ゆとりがあったの、気持ちも時間も。

フルタイムでバタバタいつも余裕がなくてイライラしていた状態から解放されて、家族はもちろん、自分のことも大切にできた。


アナタは、まず稼ぐっていう大目的があるから、時給1080円、1日5時間、週3日 働くとして1080円×5時間×3日×4週間=64,800円。

どう?1ヶ月で約65,000円の収入。欲しい額と比べてみて遜色ないかな?


いま稼ぐことのちょっと先の未来をイメージしてみて。キャリア観が広がっていくよ。


ハイ、ここまで「教育費の増加分をアナタのパート収入で補っていく」というイメージで展開してきました。

それでですね〜、うっすらアナタも気づいているとは思うんだけど、稼ぎたい金額=必要額って増えていくのよ、下の子の進級&進学とともに。

だから、旦那さんの収入が爆発的に増えない限りは、週3日のパートを4日、5日と増やしていったり、フルタイムも検討していくっていう流れが数年後にはやってくるかもしれないワケ。

「上の子は塾へ行かせたけど、お金の問題で下の子は塾なしで!」って選択肢もあると思うよ、だけど、実際、あんまりそういう選択はしないよね、親って。


だから、仕事に関するウエイトは子どもの成長とともに上がっていく予想がつく。

今は週3日から復職して働き始めるんだけど、その後、もっと収入を増やしていく必要に迫られた時、現状維持路線で勤務日数、時間を増やす方向なのか、それとも、別の選択肢も考えておくのか?を、頭の片隅に置いておくといいと思うんだ。


別の選択肢というのは、正社員で働く、新たな職種や資格取得にチャレンジするとかね。

そして、時々でいいから「3年後、5年後、10年後、どんな職種や業種でどう働いていたいか?」をイメージしてみる。

すると、フルタイムで働くならこんな仕事がいいな、とか、こんな環境の職場がいいな、とかいろいろ出てくる。

いま収入を得ることももちろん大事だけど、自分のキャリア形成の視点を入れてみると、違った目標や楽しみ方が現れるかもしれないよ。

まずは、気負いすぎず、がんばってみてね^^


2023年3月31日公開


※最新の求人はこちらから
静岡県の「主婦・主夫歓迎」のシゴト
愛知・岐阜県の「主婦・主夫歓迎」のシゴト
東日本エリアの「主婦・主夫歓迎」のシゴト
西日本エリアの「主婦・主夫歓迎」のシゴト


<執筆>

かざみ侑布(かざみ・ゆう)

キャリアコンサルタント&AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)。大手金融機関で働く現役営業ママ。フルタイム→パート→主婦→パート→フルタイムと結婚&出産&育児&夫の転勤&離婚という女性のライフステージに合わせて働き方をシフトチェンジ。その経験を生かしフリーでカウンセリング中心に活動中。大学・高校・中学生3児の母。