コールセンターのバイトに応募したいものの、志望動機がまとまらないという方いますよね。志望動機は応募者の熱意や適性を判断するための大切な要素となります。そこでこの記事では、実際に使えるコールセンターバイトの志望動機の書き方を例文付きで解説します。


※コールセンター関連求人を探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

コールセンターの種類



コールセンターの仕事は、大きく分けると「インバウンド」と「アウトバウンド」の2種類。まずは自分の応募先がどちらに当たるのかを確認しましょう。


・インバウンド

「インバウンド」とは「受信」を意味し、お客様の電話に対応する仕事です。企業のカスタマーサポートなど、お客様の困りごとや知りたいこと、注文に関して直接対話ができる問い合わせ窓口となります。


基本的に電話はお客様からかかってくるため、問い合わせに対して適切に且つ臨機応変に答えていく必要があります。


問い合わせ窓口を設置している企業は多く、電話を受ける担当者を「テレフォンオペレーター(テレオペ)」とも呼びます。


・アウトバウンド

一方の「アウトバウンド」とは「発信」を指し、コールセンターからお客様に電話をかけて、自社の商品やサービスの案内をする仕事です。例えば、電気やガス、Wi-Fiの乗り換え、保険の切り替えなど、企業によって扱う商品やサービスはさまざまです。

ご案内するにあたって商品やサービスに対する理解・知識が必要で、その魅力をお客様にわかりやすく伝える必要があります。


アウトバウンド業務に携わる人のことを「テレフォンアポインター(テレアポ)」や「テレマーケティング(テレマ)」などと呼ぶこともあります。


※関連記事
服装・髪型自由の職場多数! 「コールセンターバイト」の3つの魅力

【職種別】コールセンターの志望動機の書き方



コールセンターの仕事には「インバウンド」「アウトバウンド」の2種類があり、それぞれ求められるスキルが異なるため、志望動機にも反映させることが大切です。ここでは、職種別に志望動機の書き方を解説します。


・インバウンドの場合の書き方

インバウンドはお客様からのさまざまな問い合わせに対して臨機応変に対応しなければなりません。つまり、まずは「人の話を聞いて理解する力」が求められます。


どんな問い合わせにも落ち着いて対応できるよう、入社後に座学研修やロールプレイングなどで商品やサービスの知識、受け答えのコツを学ぶ機会が設けられています。


そのため、「相手の悩みを解決することにやりがいを感じる」「どんなお客様の対応もこなせるコミュニケーションを学びたい」などの動機はアピールポイントになるでしょう。


・アウトバウンドの場合の書き方

アウトバウンドのコールセンターではトークスクリプト(台本)が用意されていることが多く、話す内容がある程度決まっています。とはいえ、お客様から質問されることもあるため、商品やサービスの概要や魅力をわかりやすく説明する力が必要です。


また、かけた相手の状況によっては冷たい対応をされることもあるため、気持ちをうまく切り替えることも大切です。


人とのコミュニケーションが好きなことは好印象を与えるので、「将来営業の仕事に就きたいので、学生のうちに人に説明する力や強いメンタル力をつけたいから」などの志望動機はベターです。


コールセンターの志望動機における注意点



まずはコールセンターの仕事に魅力を感じたことを伝えたうえで、中でもその企業を選んだ理由として「扱う商品・サービスが好き」「通いやすい」「服装や髪色が自由」などの応募先企業ならではの要素を伝えるようにしてください。


仕事に魅力を感じたことを伝える際、例えば「人と話すことが好きだから」という志望動機は、より具体的な内容に置き換えることができます。「悩みを相談されることが多く、相手の置かれた状況によってアドバイスを工夫しています。そのことで問題が解決に近づいた際には喜びを感じます。インバウンドのコールセンターでなら、こうしたやりがいを多く感じることができると思いました」など工夫してみましょう。


【職種別】コールセンターの志望動機の例文



ここでは、コールセンターの志望動機の例文を、未経験者・経験者別に紹介します。以下の例文を参考に、自分なりの経験や具体的なエピソードを入れて作成してみてください。


・インバウンドの例文(未経験)

「御社の商品を購入した際に操作方法がわからず、コールセンターへ問い合わせたことがあります。その時に担当くださった方の対応に感動し、私自身もお客様の問題解決の手助けとなるインバウンド業務に携わりたいと思うようになりました。お客様に感動いただける対応でリピーターを増やし、御社に貢献したいと思います。」


・インバウンドの例文(経験者)

「私は5年ほどコールセンターでアルバイトをした経験があります。当初はクレーム対応も満足にできませんでしたが、慣れてくるにつれお客様から「ありがとう」という言葉をいただくことも増え、仕事のやりがいを感じました。入社した際には、傾聴スキルを活かし、困りごとを最短で解決できるよう努めます。」


・アウトバウンドの例文(未経験)

「私は自分で大学の学費を払っていることもあり、時給の良いアルバイトを探していました。こちらのアウトバウンド業務は未経験でも挑戦できるだけでなく、努力次第で時給を上げられる点に魅力を感じました。未経験ではありますが、商品のメリットをお客様にご案内し、成約をたくさん取れるよう努めます。」
・アウトバウンドの例文(経験者)

「私はアウトバウンド業務の経験があり、日々お客様へ電気料金プランの提案をしてきました。電気料金でお悩みのお客様に対して、生活スタイルに合ったお得なプランを紹介し、悩みを解決できた時の喜びは大きかったです。入社後は経験を活かし、御社の商品の魅力を積極的にお伝えしていきたいと思っています。」


コールセンターバイトならではの面接における注意点



コールセンターの仕事は、お客様と電話で話すことがメインです。電話では長々と話すと要点が伝わりにくいため、簡潔にわかりやすく説明や回答をしなければなりません。


バイトの面接時にも、聞かれた質問に対する回答が分かりやすいかや、正しい敬語を使えているかなどが見られています。


また、特に電話では声が聞き取りにくくなるため、明るくハキハキと話せているかも面接では重要なポイント!実際の業務でお客様と話す場面をイメージしながら、面接官の質問に答えるようにしましょう。


コールセンターに経験や知識は関係なし


コールセンターで重要視されるのは知識や経験よりも、お客様と向き合う姿勢や自社の商品・サービスへの愛着です。お客様の中には電話がつながらずイライラしていたり、困りごとがあって気持ちが沈んでいたりする方もいます。そのため、コールセンターバイトでは、常にお客様と真摯に向き合い、うまくいかなくても気持ちを切り替えて次へチャレンジする姿勢が重要です。


2023年3月13日公開



<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

関連するワード

人気のこだわりからバイトを探してみよう

  • 未経験歓迎
  • 4時間以内
  • 時給1500円以上
  • 短期・単発
  • 主婦・主夫歓迎
  • シニア歓迎
  • 副業・ダブルワーク歓迎
  • 内職・在宅
会員登録はこちら

関連記事