人々の安全を守る警備の仕事。小さい頃憧れていたという方もいるのではないでしょうか?しかし、応募してみたはいいものの、志望動機をうまくまとめられず困っている方もいるかもしれません。


この記事では、警備バイトでの志望動機の書き方を詳しく解説します。履歴書や面接でそのまま使える例文も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


※関連記事
魅力がアップ!? 「警備員」バイトの意外なメリット

警備バイトの志望動機の書き方



警備バイトの志望動機は、「人の役に立つ仕事がしたい」「身体を動かして働きたい」などさまざまです。ここでは、警備でよくある志望動機を、それぞれ例文付きでご紹介します。


・人の役に立つ仕事がしたい

「子どもの頃から、人々の安全を守る警備の仕事に憧れを抱いていました。大人になり人の役に立つ仕事をしたいと思ったとき、まっさきに浮かんだのも警備の仕事でした。社会に貢献するためにも責任を持って仕事に取り組みたいと思います。」


人の役に立つ仕事がしたいという動機は、ぜひそのまま履歴書や面接でも伝えましょう。また、上記のように幼少から警備の仕事に憧れがあったという場合は、あわせて伝えると効果的です。


ただし、憧れだけでなく責任感を持って仕事に取り組む心意気であることや、社会貢献に関心があることもしっかりアピールできると良いでしょう。


・コミュニケーション能力を活かしたい

「ファミリーレストランのホールスタッフとして長く働いた経験があり、コミュニケーション能力には自信があります。警備の仕事は周囲への配慮が欠かせず、臨機応変なコミュニケーションをとる必要があると考えています。前職で培ったコミュニケーション能力を活かして働きたいと思い、御社に応募させていただきました。」


警備の仕事は他人と接することがないと勘違いされがちですが、実はコミュニケーション能力が重要視されています。

例えば、商業施設内で来店者が急病で倒れた場合は、施設内の担当者へ連絡し、救急隊員とのやり取りを行うような場面に遭遇するかもしれません。

また、警備会社の上司へ報告するなど、適切なタイミングで迅速な判断と報連相が欠かせない仕事です。


・適度に身体を動かす仕事がしたい

「元々身体を動かすことが好きなので、持ち前の体力を活かせる仕事を探しており、こちらを志望しました。高校では野球部に所属しており、日々の練習によって基礎体力の向上につながりました。その甲斐あって、現在は野外での長時間の立ち仕事も問題なくこなせる体力があります。長時間の仕事であっても、集中力を保って仕事に励みたいと思っています。」


警備の仕事は、施設内を1日中巡回したり、炎天下の中で立ち仕事をしたりと体力が必要です。ご紹介したように、部活動をしていたなどで体力に自信がある場合には、ぜひアピールしましょう。


・夜勤のバイトを探していた

「昼間は学校に通っているため夜勤で働きたく、こちらの仕事を志望しました。学校がない日は日勤でも働くことができるので、夜勤とあわせて勤務できればと思っております。」


警備の仕事は夜勤が発生する場合もあるため、勤務時間が希望に合っているという内容も、立派な志望動機のひとつになります。夜勤など不足しているシフトに貢献できる人材は貴重なので、採用確率が上がるかもしれません。


・自己管理能力がある

「学生の頃は、学業とバイトをしっかり両立しておりました。学校が終わった後バイトへ向かい、帰宅するのは夜遅くという生活でしたが、一度も体調を崩したことがありません。

これは、バランスの良い食事や早寝早起きを心がけていたからだと自負しております。この生活を三年間続けられたことは私の誇りで、この自己管理能力を御社の仕事で活かせればと思い応募させていただきました。」


警備の仕事は拘束時間が長く体力が必要なため、健康管理が欠かせません。ご紹介したように自己管理に自信がある方は、このような志望動機も有効です。体力面のみならず、仕事の管理という面でもアピールできるでしょう。


※警備員・パーキングの求人
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

警備バイトの面接ならではのよく聞かれる質問



警備バイトの面接では、「長時間立ちっぱなしになることも多いですが、体力面は大丈夫ですか?」という質問をされることがあります。警備の仕事に求められる資質はいろいろありますが、中でも「体力面」は特に重要視されているようです。


そのため、体力面でアピールできることがないか、これまでの自分を振り返ってみましょう。例えば、部活動やサークルなどで運動をしている場合は、その旨を伝えると効果的です。


運動の経験があまりない場合には、接客業のバイトで長時間立ちっぱなしの仕事をしていた経験などを伝えるのもおすすめです。


警備バイトの面接の服装


警備バイトの面接にスーツを着ていく必要はなく、私服で問題ありません。ただし、スウェットやジャージ、ダメージデニムはカジュアルすぎるため、避けましょう。襟付きのシャツなど、清潔感のある服装ならば好印象となります。


また、施設内を歩き回ったり屋外で立ちっぱなしだったりする警備の仕事は、歩きやすく長時間の作業でも疲れない靴が必要です。そのため、面接であっても実際の業務を意識し、スニーカーなどの歩きやすい靴で行くと安心です。


警備バイトの面接ではコミュニケーション能力も見られている


警備の仕事には一見関係ないようにも見える「コミュニケーション能力」ですが、実は重要視されている要素です。面接中はコミュニケーション能力をみるために、質問に対してハキハキと簡潔に応えることができるよう準備しておくと安心です。


履歴書の志望動機欄はもちろん、面接の際にもきちんと伝えられるよう備えておけばリラックスして臨めるでしょう。


2023年3月16日公開



<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。


関連するワード