大学生・高校生・中学生3児の母であり、
キャリアコンサルタントの資格をもつママが独自の視点で質問に応えます!


※ 質問 ※
「聞き上手な人は傾聴がきちんとできていて、人間関係もスムーズだって聞いたんですが、傾聴ってどういうこと?」



傾聴とは、相手そのものを理解しようとすること


「聴」という字の構成をみてもわかるように、耳と目と心を使って、相手の話に耳を傾けることが、傾聴のイメージになるかな。

相手の発する音声としての「言葉の内容」だけではなく、表情や身振り手振り、声のトーンや大きさ、感情あらゆるものに心を配りながら、相手の伝えたいことのみならず、相手そのものを理解しようとする姿勢そのものが「傾聴」ってことになります。


自分が話したいこと、聞きたいことはいったん脇に置いておき、「相手が伝えたいこと」にポイントを置いて、理解することも大事な部分かな。

相手が話したいことを話しやすくなる、その場の空気を作ること。あたかも、相手の庭でベンチの隣に腰かけて、リラックスした雰囲気で話を聞くイメージとも言われてるよ。



傾聴ってスキルやテクニックonlyじゃないんだよね。


傾聴ってスキルとして身につけるイメージよね。

現状は「傾聴はこの7つのスキルでOK!」みたいなノウハウが先行している印象がある。

でも、実はスキルというよりもその場の自分の「在り方」「態度」全体のことを主に指すカウンセリングの世界の言葉なの。

アメリカの心理学者でカウンセリングの大家、カール・ロジャーズ氏が傾聴についてこんなことを言ってます。


1.自己一致
話を聴いてわからないことをそのままにせず、聴き直す等、常に真摯な態度で真意を把握する。

2.共感的理解
相手の立場になって話を聴く。

3.無条件の肯定的配慮
善悪や好き嫌いを言った評価をせず、肯定的な関心を持ちながら話を聴く。

つまり、オウム返しをしろ とか 相槌を打てとかテクニックについては、まったく言及していないのよ。



「なんちゃって傾聴」、無意識にやってない?


営業研修でもキャリアコンサルタント養成講座でも教えられたよ。

「椅子に浅く腰かけた前のめりの姿勢」とか「相手の言葉をそのままオウム返しする」とか。傾聴が上手だと言われた人の行動を分析し、体系化したノウハウをいろいろと教わるんだけど、それだけ抜き出して真似しても絶対に傾聴にはならないんだよね。

逆に不自然で、コントみたいになっちゃう。

テク先行の人って、とにかく奇妙だし居心地悪いのよ、人の話を聞いてなくて噛み合わないから。かたや、本人はドヤ顔で傾聴やってマス!みたいな感じで、どんどん自分の土俵で喋り出すし。

ても、お客様や目の前の相手に心を開いて向き合っていなければ、人の話を聞くことなんて到底できませんぜ。


相手との沈黙が気になったり、聴いてるアピールが癖になってしまって、無意識のうちに「なんちゃって傾聴」になってる人をたまに見かける^^

自分の相手との向き合い方、気をつけてみるといいね。自戒の気持ちを込めて♪



ノウハウやテクニックに振り回されず、まずは、目の前の相手と”ただ”向き合ってみてね


テクニックを知っておくことも、コミュニケーションの助けにはなるけれど、そこがポイントじゃないのよね。傾聴の基本は「相手とちゃんと向き合う」ってことなワケ。

相槌をたくさん打つぞ〜とか、相手の話のどこをオウム返ししてやろうかな?とか考えながら、ソワソワと話を聴くよりも、自分のタイミングで自然と出てくる相槌や頷きを交えながら自分の言葉で相手とコミュニケーションをとる方が、信頼されるしコミュニケーションは深まるってこと。


試しにやってみてほしいのはコレ。

目の前の相手と”ただ”向き合ってみる。

無理に相槌や返し言葉を返さなくてもいいよ。相手と一緒の空間に存在していることを、ただ感じてみるだけで、十分、相手は向き合ってもらっている感覚になるもんなんです。

これが、意外と難しいから、日々のコミュニケーションのなかで、取り入れてみるといいよ。

ぐ〜んと、聴く力がUPします^^


テクニック的なことも、聴いてみたいかな?また次回以降書いていくね!

まとめ...傾聴の基本は、簡単!

「相手とちゃんと向き合うこと」これだけです^#


2023年2月17日公開


> DOMONETで仕事を探す

<執筆>

かざみ侑布(かざみ・ゆう)

キャリアコンサルタント&AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)。大手金融機関で働く現役営業ママ。フルタイム→パート→主婦→パート→フルタイムと結婚&出産&育児&夫の転勤&離婚という女性のライフステージに合わせて働き方をシフトチェンジ。その経験を生かしフリーでカウンセリング中心に活動中。大学・高校・中学生3児の母。

関連するワード