面接で聞かれる、前の職場の「退職理由」。退職理由が会社に対する不平不満だった場合、正直に言っていいのか迷いますよね。採用に影響しないか不安に思う人も多いでしょう。この記事では、面接で退職理由を聞かれた際にどう答えればいいのか、例文付きで詳しく紹介します。


面接官は「退職理由」で何を見ている?


面接官は、退職理由を聞くことで「自社に合っている人材か」「長く働いてくれそうか(すぐに辞めないか)」を見ています。たとえば、給料が安いことが退職理由だった場合、同程度の給料ならマッチングしていないことになるので、採用に至らないということもあるでしょう。


ただし、退職理由を聞くのは必ずしもネガティブ要素を見つけるためではありません。もはや転職自体は珍しいことではなく、「自分の成長機会」といったポジティブな理由で転職するケースも増えてきています。


特に若い層では、転職前提で新卒入社する人も少なくなく、退職自体が悪印象を与えるわけではありません。あまりにネガティブな退職理由は避けるべきですが、前の会社がどうというよりは、企業や仕事に対しての前向きな思いを聞き出したいというのが実際のところでしょう。


退職理由を伝える際の注意点



「前の職場への不満をどこまで正直に伝えるべきか」「言いづらい理由の場合には隠した方がいいのか」など退職理由の伝え方で迷う人は多いもの。ここでは、退職理由を伝える際の注意点とポイントを紹介します。


■ 嘘は避けましょう

面接官への印象を気にし過ぎて、退職理由をあいまいに応えてしまうと深堀りされたときに矛盾が生じてしまいます。面接官も何かしらの不満もあって転職活動をしていることは理解しています。嘘をついてボロを出してしまうくらいなら、最初からある程度本音で伝えた方が好印象です。


■ なるべく前向きに伝えよう

退職理由としてネガティブなことばかり言ってしまうと良い印象を与えることができません。マイナスな内容でも、言い方を工夫してポジティブな内容に変換することが大切です。


たとえば、「同じ作業の繰り返しが嫌になった」という理由を、「常に新鮮な気持ちを持って、成長できる仕事をしたいから退職した」という前向きな内容に置き換えることで、プラスの印象になります。別角度で伝えることで、むしろアピールにもつなげられるでしょう。


■ 具体的なエピソードや数字と絡めて伝えよう

「残業が多かった」「給料が低かった」という理由はよく使われますが、実際の感じ方は人によって異なります。面接官は、どれくらいの残業時間・給料を基準にしているのかわからないため、なるべく具体的なエピソードや数字を用いて説明しましょう。


たとえば、「1日3時間以上の残業が恒常化していたので、残業が1日1時間以内で効率よく働ける職場を探していた」や「前職では手取りで20万円だったが、それでは不足していた。副業をして何とか25万円にしていたため、そのライン以上が理想」など、具体的に伝えた方がミスマッチを防ぐことができます。


■ 他責にしない

「上司や同僚のせい」「ルールに従うしかなかった」など、何でも他人や会社のせいにしてしまうのは、問題解決能力が低く人間関係の構築にも不安がある人などと思われてしまいます。原因が他にあるとしても、「顧客のデータを別のサービスに活かせると思って別事業を提案したが、保守的な経営体制が続き、なかなかチャレンジすることができなかった」など、自分でどういった努力をしたのかを具体的なエピソードと絡めて伝えることが重要です。


■ 志望動機・転職先を選ぶ基準と整合性を持たせる

転職はそもそも、なりたい姿や働き方を実現するための新たなチャレンジに他なりません。「もっとこうなりたい」「こういうことをしたい」というのが前の職場では実現できないから退職した、という理由になっているのがベスト。


志望動機は、「ここでなら自分のしたいことを実現できる」と退職理由の延長にある内容になっているのが理想です。こうすることで、退職理由と志望動機に整合性がとれ、軸がぶれない人という印象を与えることができます。


■ 人間関係に関する事柄は避けましょう

人間関係のトラブルは、どの職場でも出くわす可能性があります。確かに、職場の人間関係は相手もあることなので簡単に解決できない問題ですが、「うちの会社でも合わない人が出てきたらすぐ辞めてしまうのか」と思われる可能性もあるので、すべてを津ストレートに伝えるのは避けた方が無難です。


【理由別】面接で退職理由を聞かれたときの例文


ここでは、理由ごとに面接で使える例文を紹介します。自分のケースに置き換えて、活用してみてください。


■ 給料に不満がある

「給料が手取りにして20万円程度でした。家族4人を養っていくために、資格を取るなどしてスキルアップをしましたが、昇給が望めないため転職を決意しました」


「前の業務内容と給料が見合うものではなく、休日にライティングの副業をして収入面の安定を図っていました。副業を通して、自分の技量ならもっと上を目指せるのではないかと考え、年収600万円を目標として出版業界への転職活動をしています」


■ 仕事が合わない

「ジョブローテーションに魅力を感じて入社しましたが、実際は同じ部署で7年働き続けることになり、様々な部署で経験を積みたいという自分の考えとは異なっていました。自分が理想とする成長は望めないと退職を決めました」


「営業で培ったコミュニケーション能力を活かしづらい部署に配属されました。そこでもスキルアップを目指していましたが、自身の強みである対話スキルをもっと活かせる仕事はないかと考えるようになったことがきっかけです。」


■ ワークライフバランスがとれない

「休日出勤が多く、週1しか休みを取ることができないのが退職を決意した理由です。休日にしっかり疲れをとったり、家族との時間を過ごしたりしてリフレッシュし、その分効率よく仕事をしたい、と考えるようになりました。」


「平均して1日3時間の残業があり、それがあたりまえの空気感になっていました。少しでも残業を減らそうと部署を巻き込んで、より効率的な業務フローの改善に取り組みましたが、なかなか改善には至らず、残業が1日1時間以内の職場への転職を考えるようになりました」


■ 会社都合の場合

「会社の人員整理で退職を決意しましたが、これを自分が成長できる機会と捉え、学生時代にも学び、長年の夢でもあった企画職にチャレンジしたいと考えています。」


「部署の異動にあたり、改めて自分がやりたいことは何かと考えるようになりました。これまで、BtoB向け商品のマーケティングを担当していましたが、その経験を活かし今後はBtoC向け商品のマーケティングにチャレンジしたいと思っています」


退職理由は自分をアピールできるチャンス!


面接で前の職場の退職理由を聞かれてハラハラしてしまう人も多いと思いますが、むしろ自分をアピールできるチャンス!志望動機や転職先を選ぶ基準に一貫性を持たせることで、悪い印象を与えず、自分の信念も伝えることができます。新たなチャレンジをするために転職を決意したことを前向きに伝えて熱意をアピールしましょう。


2022年11月17日公開


DOMONETで最新のバイト・パートを探すならコチラ
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す


<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。



関連するワード