仕事を辞めたり、子育ても一段落したりしたことを理由に、パート・バイトを始めたいと思う50代主婦の方は少なくないでしょう。


しかし、若いころに比べると、体力が低下しているのは事実。

あまり負担の大きい仕事は避け、長く働ける職場を見つけたいものです。


本記事では、50代主婦にぴったりな職種やパート・バイトを選ぶコツなどを分かりやすく解説します。



年齢が上がるほど「気楽に長く続けられる」ことが重要になる


50代になると、体力の低下が気になったり、親の高齢化で介護が必要になったり、子どもが結婚・出産を迎えたりするなどして、あちこちから手伝いを求められることがあります。

そういう状況では新しい仕事を見つけるのもひと苦労ですし、慣れない環境に馴じむまでに時間もかかります。


公私のバランスを取って、気楽に長く働ける職場がベストですが、一口に「気楽な仕事」と言っても、何をもって気楽なのかは人によって異なります。


まずは、自分の中で「自分にとって負担になるのは何なのか」をはっきりさせるとよいでしょう。

その上で適した仕事を選べば、プライベートと両立しながら安心して続けられるはずです。

負担を軽減するために、これまでに経験したことのある職種や業種を選ぶのもよいでしょう。


※DOMONETで「主婦・主夫歓迎」のシゴトを探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

気楽に長く働ける職場選びのコツ


50代以上のパート・バイトは、以下のような観点で選んでみてください。


1. 肉体的な負担が少ない
2. 精神的な負担が少ない
3. 人間関係で悩むことが少ない
4. 休みやシフトを自分の都合に合わせて働ける
5. 在宅でできる


それぞれについて、詳しくご紹介します。


1. 肉体的な負担が少ないパート・バイト

肉体的な負担が少ない以下のような職種であれば、体力に自信がない方でも安心して、長期的に働くことができると言えます。


● データ入力、ファイリングなどの事務職
● 受付スタッフ

これらの仕事は、重いものを持ったり、一日中立ち仕事だったり、外回りをしたりすることは基本ありません。

空調の効いた部屋の中でゆったりと働けるので、肉体的な負担はそれほど感じないでしょう。

また、残業が少ない職場を選べば、バイトと家庭との両立もしやすいと言えます。


2. 精神的な負担が少ないパート・バイト

精神的な負担が少ない仕事を選ぶのも、日々を心穏やかに過ごすためには大切です。


● 軽作業(工場や倉庫などでライン作業や検品・梱包などを行う)
● 清掃業(ビルやマンションなどで清掃業務を行う)
● スーパーのレジ打ち、品出し

これらの仕事は基本的に、マニュアルに従って進められるものばかりです。

クレーム対応などの困難な局面に遭遇したり、多大な責任を負ったりすることもほとんどありません。


ただし、体力が必要な場合もありますので、業務内容をきちんと確認し、無理のない形で働きましょう。


3. 人間関係で悩むことがないバイト

人間関係は精神的な負担になる大きな要因となりえます。

他人との線引きが苦手な人などは、一人で作業が完結する以下のような仕事がよいかもしれません。


● コールセンタースタッフ
● 交通量調査
● ポスティング

コールセンターは多くの人が働く職場ですが、基本的に電話の向こうのお客様とのコミュニケーションのため、職場におけるコミュニケーションは最小限で済みます。


交通量調整とは、指定された場所で自転車や歩行者の数をカウントする仕事です。一人で淡々と行う作業であるため、人間関係に悩むことはないでしょう。


ポスティングとは、チラシやノベルティなどの配布物を指定されたエリアで配る仕事です。

配るチラシやノベルティが自宅に直接送られてくる案件なら、他の人と顔をあわせる必要はありません。


4. 自分の都合に合わせて働けるパート・バイト

勤務時間や休みを自分の都合に合わせられれば、家庭や趣味との両立もでき、気楽に進められるでしょう。


● 家事代行スタッフ
● 倉庫内のピッキング・梱包作業

家事代行スタッフは、指定された日に顧客の家などに向かい、頼まれた家事をこなすのが仕事です。

掃除や洗濯はもちろん、おかずの作り置きやペットの散歩などを頼まれるケースもあります。

どちらのバイトも、稼ぎたい月は案件を増やし、プライベートに注力したい月は案件を減らすことが可能です。


倉庫のピッキング・梱包作業は仕事内容が誰でも覚えやすいため、新しい人が雇用されやすく、大きな会社ほどたくさんの人が働いています。

スタッフが多いためシフトに融通がききやすく、24時間稼働の倉庫などでは早朝・深夜などの勤務も可能です。

上述のコールセンタースタッフも同様に、シフトの融通がつきやすい仕事と言えます。


5. 在宅でできるパート・バイト

● Webライティング
● 採点バイト

Webライティングは、企業などからコンテンツ作成を請け負い、期日までに原稿を納品する仕事です。

経験を積み、ディレクターとして記事の構成案を作成したり、原稿を添削したりする編集業務の仕事を手掛ける人もいます。


採点バイトは、塾などから依頼を受け、模試の答案などの採点をする仕事です。

給与体系は、出来高制と時給制がありますので、自分のスタイルにあったほうを選ぶとよいでしょう。

また、案件によっては採点が難しいものもあります。

論文の採点などは〇×の二択ではないこともありますから、内容をしっかり確認してください。



仕事に直結する資格を取るのもオススメ


この先10年、20年と仕事をすることを考えると、50代になった今からでも資格を取り、より専門的な仕事を目指すという方法もあります。


例えば簿記の資格を取って会計事務所で仕訳の仕事を行ったり、看護師資格をとって病院勤めを目指したりするのもよいでしょう。


資格を取る場合には、仕事に直結する資格がおすすめです。



お店や企業が50代パートに求めていること


育児などでブランクがあって、パート・バイトをするのに不安を感じている人もいるでしょう。

しかし、会社が求めているものは、社会人としての経験やマナー、真面目さや周囲への気配りなどです。

仕事や育児など、人生経験を積んできた50代の人は職場に入れば、若い人の見本にもなれます。


また、事務職など他のメンバーと連携して作業を進める仕事の場合は、コミュニケーション能力も期待されます。

さまざまな年齢・性別・属性の人と円滑なコミュニケーションを取れる人であれば、組織に欠かせないメンバーとなるでしょう。



まとめ


気楽にできる仕事といっても、仕事は仕事。誠心誠意に取り組みましょう。

50代だからこそ持てる真面目さ、気遣い、コミュニケーション能力は大きな武器になります。

自分の強みが何かを考え、どうすれば発揮できるかも考えてみてください。


2022年10月8日公開/2023年9月1日更新


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業 :https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


※DOMONETで「主婦・主夫歓迎」のシゴトを探す
静岡県で探す
愛知・岐阜県で探す
東日本エリアで探す
西日本エリアで探す

関連するワード