バイト面接はただでさえ緊張するうえに、普段なかなか使わない敬語を使う場面もあります。

最低限の敬語が使えないと、面接官の印象が下がってしまう可能性も…。

この記事では、面接でよく使う言葉遣いや使い方の例を紹介します。


バイトの面接を機に、社会人として恥ずかしくない言葉遣いをマスターしておきましょう!



バイト面接の言葉遣い基本のマナー



日頃使い慣れない敬語は、とっさには出てこないものです。

面接の場でうっかり友達感覚の言葉が出てしまわないよう、まずは基本的なマナーについてご紹介します。


・自分のことは「わたし」「わたくし」と言う

普段、自分自身のことを「僕」「俺」「自分」などと呼ぶことがあると思いますが、これからはカジュアルな表現なので面接ではNG!

男女問わず「わたし」「わたくし」と表現するようにしてください。「わたくし」のほうがさらに丁寧な印象を与えられます。


・応募先のことは「御社」と言う

応募先のお店や企業のことは「御社(おんしゃ)」と言います。

「こちら」「そちら」や、「ドーモ様」のように「企業名+様」を組み合わせるのも間違いです。

また、面接などの対面の場では「御社」ですが、履歴書やメールなど対面でない場合は「貴社」となることも覚えておいてください。


相手が銀行ならば「御行」、郵便局なら「御局」というように言葉が変わります。


・語尾の発音に注意!

語尾を伸ばしたり、「~みたいな」などという、くだけた表現を使ったりすることは避け、語尾は「です」「ます」と短くはっきり区切ります。

語尾を伸ばして話すクセがある人は要注意です!


・「あの」「えっと」「うーんと」は多用しない

面接官から質問されて考えている時や、言葉に詰まった時に、「あの」「えっと」「うーんと」などのつなぎ言葉をなるべく使わないようにしましょう。

多用しすぎると、自信がない印象を与えてしまいます。


・あいづちで「なるほど」「たしかに」は使わない

面接官が言ったことに対してあいづちを打つ時は、「はい」「おっしゃるとおりです」などと、はっきり答えてください。

日常会話でよく使いがちな「なるほど」「確かに」などは敬語ではなく、目上の相手に使うのは失礼にあたります。

特に「なるほど」には「相手の言ったことを評価する」というニュアンスがあるので、無意識に出てしまう人は特に注意しましょう。


・ 若者言葉に要注意!

以下のような言葉はつい会話の中で出てしまいがちです。なれなれしく、礼儀に欠ける印象を与えてしまいますので、十分注意してください。


・「ていうか」→「むしろ」
・「~みたいな」「~的な」→「のような」
・「めっちゃ」「すごい」「まじ」→「とても」「非常に」
・「でかい」→「大きい」
・「ぶっちゃけ」→「正直に申し上げますと」

あいまいな表現はなるべく避ける

日常的に使う「大丈夫」は、承諾と否定のどちらの意味にも取れるため、面接では使わないほうがよい表現の一つです。

例えば「週末はシフトに入れますか?」と聞かれた時は、「大丈夫です」ではなく、「はい、入れます」というように、明確に伝えるようにしましょう。


また、「そういったところで…」などの「こそあど言葉」も、不必要に使わないように気をつけましょう。



基本をチェック!間違いやすい「敬語」について



敬語には以下3つの種類があります。

尊敬語と謙譲語は覚えておかないと使えない言葉がありますので、以下の一覧表にある言葉を何度も音読し、使い慣れておくとよいでしょう。


1. 尊敬語: 動作をする「相手」を高めて、尊敬を表す敬語
例:部長が職場にいらっしゃった。/部長が「よい」とおっしゃった。

2. 謙譲語: 自分の側がへりくだり、自身を下げ、相手を立てる言葉
例:私が職場に伺った。/私が「よい」と申し上げた。

3. 丁寧語: 文末の「です・ます」や、名詞の前に「お・ご」をつける丁寧な言葉 
例:私がバイト先に行きます。/私はそれでよいです。

・覚えておきたい尊敬語と謙譲語一覧
基本の形尊敬語謙譲語丁寧語
行く・来るいらっしゃる
おいでになる
参る・伺う行きます
帰るお帰りになる・帰られるおいとまする帰ります
するされる・なさるいたす
させていただく
します
言うおっしゃる・言われる申す・申し上げる言います
聞くお聴きになる伺う・拝聴する聞きます
見るご覧になる拝見する見ます
会うお会いになる・会われるお目にかかる会います
食べる召し上がるいただく・頂戴する食べます
会社御社(おんしゃ・話し言葉)
貴社(きしゃ・書き言葉)
弊社
銀行御行(おんこう・話し言葉)
貴校(きこう・書き言葉)
弊行


・バイトで間違いやすい表現一覧

間違った表現の形正しい表現
了解です。承知しました。
かしこまりました。
ご苦労様です。
※ご苦労様、は目上の人が目下の人にかける言葉
お疲れ様です。
どちら様ですか。お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。
おつりになります。おつりでございます。
1万円からお預かりします。1万円をお預かりいたします。
すみません。申し訳ありません。
失礼いたしました。


注意すべき日本語1.「~させていただきます」

一見、丁寧に聞こえる表現ですが、「~させていただきます」は敬語を重ねる二重敬語。
正しくは「~しております」もしくは「~いたします」となります。

間違いやすい二重敬語はたくさんあるので、調べておくことをおすすめします。


(例)
誤:大学ではサッカー部のキャプテンをさせていただいております。
正:大学ではサッカー部のキャプテンをしております。

注意すべき日本語2.「よろしかったでしょうか」

「よろしかったでしょうか」は、現在の出来事にもかかわらず、過去形を使用している典型的なNG例!

日本語として不自然なため、面接の場では避けましょう。


(例)
誤:提出書類はこちらでよろしかったでしょうか?
正:提出書類はこちらでよろしいでしょうか?

注意すべき日本語3.「~になります」

「~になります」は、物事の変化を表すときに使う表現です。

変化しないものや場所などに対して使うのは間違いですので、「~です」を使いましょう。


(例)
誤:「こちらが履歴書になります」
正:「こちらが履歴書です」

誤:「大学の最寄り駅は〇〇になります」
正:「大学の最寄駅は〇〇です」

注意すべき日本語4.「参考になります」

「参考になります」という言葉は、「参考程度に聞いておく」「(相手の意見を)足しにする」というニュアンスがあるので、目上に方に使わないほうが良いでしょう。


(例)
誤:「貴重なご意見、参考になりました」
正:「貴重なご意見、勉強になりました」

注意すべき日本語5.「了解しました」「わかりました」

面接中、仕事内容やシフトなどについて提案をされた時、それに対して承諾する場面もありますね。

そのような時には「承知しました」「かしこまりました」を使います。


一見、丁寧な言葉に聞こえますが、「了解しました」「わかりました」は使わないようにしましょう。

特に「了解」という言葉は、目上の人が目下の人に対して使う表現なので要注意です。


(例)「次の面接の日程ですが、今月の○日でよろしいですか?」と聞かれた時
誤:「はい、了解しました」
正:「はい、承知しました」

コミュニケーションを円滑にしてくれる「クッション言葉」



何かをお願いする時や相手の依頼を断るときなど、言いづらい言葉を発する時ほど、相手の受け取り方に配慮をし、トゲのない表現を心がけたいものです。

そこで役に立つのが「クッション言葉」。

会話の中にクッション言葉をはさむことで、相手への配慮を表現することができます。


以下に使いやすいクッション言葉を紹介しますので、機会を見つけて使ってみてください。


クッション言葉1「恐れ入りますが」「申し訳ございませんが」
(例)恐れ入りますが/申し訳ございませんが、もう一度ご説明いただけますか。

クッション言葉2「差し支えなければ」
(例)差し支えなければ、具体的な例を教えていただけますか。

クッション言葉3「あいにくですが」
(例)あいにくですが、午前中はシフトに入ることができません。

クッション言葉4「ご迷惑をおかけしますが」「お手数をおかけしますが」
(例)ご迷惑をおかけしますが/お手数をおかけしますが、メールを再送いただけますでしょうか。

言葉遣いは慣れも必要。基本的には「大きな声でゆっくり話す」ことが大切


敬語は実にたくさんあるので、すべてをスラスラと使うのは難しいものです。

正しい日本語を理解するだけでなく、口に出して何度か練習しておくと、必要な時にすっと出てくるようになります。


言葉遣いに気をとられすぎて、声が小さくなってはもったいないので、「ゆっくり、はっきり話すことが基本」と覚えておいてください。


2022年9月16日公開/2023年10月24日更新


<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
外資系企業、IT企業、ベンチャー企業などにおいて、採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。現在はWEB系の会社を経営するかたわら、スペインにある学費が15万円/年~の公立大学や、1週間から留学可能な語学学校の紹介をするなど、子どもから大人までの学習支援を行っている。

WEB事業 :https://dy-planning.net/
留学サポート Go Global:https://go-global.info/


関連するワード