就活を前にして、インターンシップにトライする学生も多いことでしょう。インターンシップにはさまざまな面でメリットがあります。しかし選択肢を間違えると、就活前の貴重な時間を無駄にしてしまう可能性も。自分の成長に役立つインターンシップ先を選ぶことは将来のためにも大切なことです。就活に役立つようなインターンシップの選び方をご紹介します。

インターンシップってどんなメリットがあるの?



インターンシップはアメリカで生まれたシステムで、学生が一定期間企業の中で研修生として働くことです。このシステムのメリットとしては、実際の現場を体験することで、就活でのミスマッチを防いだり、方向性を見い出したり、実際の就活活動への自信にもつながっていくことです。

日本のほとんどの大手企業で実施されているのは「見学型インターンシップ」だといわれています。いわゆる1日かけての会社説明会です。しかし最近では企業の方も「育成」よりも「即戦力」へと採用の基準がシフトしてきています。そのための判断としてインターンシップを活用する企業が増えており、「見学型」から「参加型」への傾向が強くなっています。

何を目指すのか。目的別インターンシップの選び方



インターンシップ先を選ぶ時、何を目的として選ぶのかによってかなり変わってきます。最初に目的をハッキリさせておくことが大切です。

・就職活動の練習として:本選考に挑むためのESや面接、グループディスカウントなどの練習として参加する。

・進路を決めるため:どの業種に進みたいのか迷っている場合、まずはインターンシップで短い間の体験をする。

・自分自身を磨くため:特に現場に出ての実践型のインターンシップは、学生では経験のできないことを体験。自分の能力が発揮できた場合など、今後の就活の自信にもつながる。

インターンシップ選びで失敗しないために



自分の選ぶべき職種、あるいは企業が明確になっている人は「選考直結型インターンシップ」に積極的に参加するのがよいでしょう。周りはかなりレベルの高い人材ばかりかもしれませんが、そうした人たちとしのぎを削ること自体が自分の財産となっていくでしょう。

「働くイメージがわかない」「どんな職業が自分に適性なのかよく分からない」といった人は「長期実践型インターンシップ」に参加してみましょう。長期であることで職業そのものを経験できますし、何が向いているのか、仕事とはどのようなものなのかを肌で感じることができるでしょう。

まとめ


インターンシップ先を選ぶことはとても大変です。ましてや自分が成長できる企業に出会える確率は低いかもしれません。あれもこれもと欲張らずにじっくりと情報を集めて、自分のこれからの就活にどれだけ役立つかを考えながら選ぶようにしましょう。

関連するワード