「お金が必要だからバイトはしたいけど、人と接するのは苦手」「今のバイト先は人と接することが多くて辛い」でも、コミュニケーションが苦手だったり、職場の人間関係に悩んだりしている人でも、安心して働ける仕事はさまざまあります。


本記事では、人と接するのが苦手な方におすすめの仕事をご紹介します。これからバイトを始めたい、今のバイトを変えたい方はぜひ参考にしてみてください。



“ほどほどに人と接することなら大丈夫”という人におすすめのバイト



まずは、従業員やお客様とほどほどに接する仕事なら大丈夫という人向けのバイトを5つご紹介します。


■スーパーの品出し
 

仕入先から届いた商品を売り場に並べる仕事のことを「品出し」といいます。規模が大きいスーパーであれば、品出し専門のスタッフを雇うこともあります。


商品を売り場に並べる単純な仕事に思えますが、商品の陳列やレイアウトは売上に影響を与えるため、思考力やセンスが求められます。また、人と話す場面はそれほどありませんが、例えば品出しの最中にお客様に質問をされた場合は答える必要があるため、“ほどほどの接客であれば大丈夫”な人におすすめです。



■配送・デリバリー
 

運送会社やフードデリバリー会社と雇用契約(業務委託契約のケースもある)を結び、荷物や料理を運ぶ仕事です。決められた日時に拠点となる事務所に出社し、そこから配達に回ります。フードデリバリーの場合は、提携している飲食店に料理を取りに行き、お客様に届けるのが基本的な流れです。


拠点にいる間は他のスタッフと話すこともありますが、配達に出てしまえば、人と接することはほとんどないでしょう。最近は置き配達も増えているため、お客様と話す機会も減少傾向にあります。



■飲食店のキッチン
 

飲食店にはファストフード、居酒屋、カフェ、定食屋などがあり、仕事は一般的にホールとキッチンに分かれています。ホールはレジや接客係、キッチンは調理係と考えるとわかりやすいでしょう。


キッチンの仕事は調理や皿洗い、仕込みなどの裏方作業が主になるため、基本的にはお客様と話すことはありません。ただし、他のスタッフとのコミュニケーションは求められるため、ほどほどに人と接する必要はあります。



■清掃スタッフ
 

オフィスビルやショッピングモールなどの商業施設、病院や介護施設などで清掃作業を行う仕事です。一緒に働くスタッフ以外の人と話すことはほぼありません。また、未経験可の求人も多いため、自分の希望に合った仕事を見つけやすいのも魅力の1つです。


施設のお客様や従業員がいない早朝や深夜などに清掃作業に入ることもあるため、騒々しい空間が苦手な人にもおすすめです。



■農作業
 

作付け、管理、収穫、選別、出荷などの作業が主な仕事です。一定の指示のもと自分のペースで働けるため、対人関係のストレスは少ないでしょう。また、自然と触れ合えるのも大きなメリット。農産物の成長やありがたみを感じながら仕事ができます。


夏休み・春休みや収穫時期など期間限定の仕事、早朝の数時間限定の仕事など、さまざまな求人があります。自分の希望や生活パターンに合わせて選んでみましょう。


“極力、人と接する仕事をしたくない”という人におすすめのバイト



職場の人ともお客様ともなるべく接したくない場合は、一定のルールのもと自分のペースでコツコツできる仕事を選ぶのがおすすめです。


■データ入力
 

手書きのデータやアンケートの回答などをパソコンのフォーマットに入力・保存する仕事です。


定められた期限までにデータを正確に打ち込むことが非常に重要になります。そもそも他の人と話しながら進める仕事ではないため、人とほとんどコミュニケーションを取らずにコツコツ作業をしたい人におすすめです。



■ポスティング
 

定められた区域内の住宅にチラシなどを投函する仕事です。配った枚数に応じて給料が決まる「歩合制」を採用しているケースが多いですが、「時給制」の場合もあるので、応募する際に確認しておきましょう。


基本的には自分一人で進められるため、対人ストレスとはほぼ無縁といえます。ただし、地理に詳しくないと迷ってしまったり、天気が悪い日は移動が大変だったりする点には注意が必要です。



■新聞配達
 

契約者の家や事務所を一軒一軒回り、ポストに新聞を入れる仕事です。他にも、トラックからの荷下ろしやチラシ広告の折り込みなどを担当することもあります。


配達に出てしまえば自分一人でこなせるので、黙々と働きたい人におすすめの仕事です。朝刊の場合は、早朝の静かな時間帯に働けるのもメリット。



■工場・倉庫内作業
 

製造などの工場や物流倉庫で、ピッキング(必要な商品を集める)、出荷、検品、仕分け、箱詰め、梱包、ラベル貼りなどを行う仕事です。


一人でコツコツ進められる仕事が多いため、人間関係で疲弊することはほとんどないでしょう。また、ルールをしっかりと理解して正しい手順で作業すれば、大きなトラブルも起こりにくいです。



■警備員
 

警備とは、事故、盗難、破損などに備え、警戒や防護をすることを指します。担当する警備の種類によって呼び名が異なるのが特徴です。スーパーやショッピングセンター、イベント会場での車や人の誘導がイメージしやすいかもしれません。


業務上必要がある場合を除き、他の人と話すことはほとんどないため、人見知りの方でも安心して働けます。ただし、自分の担当している区域でトラブルが起きないよう、集中して取り組まなければならない点に注意が必要です。



■ゲームテスター
 

一般発売前のゲームやアプリを実際にプレイし、バグや不具合がないか確認するのがゲームテスターの仕事。「デバッガ―」と呼ばれることもあります。


あらかじめ定められたチェック項目に従ってプレイし、画面の遷移が正しく行われるか、ストーリーに矛盾点はないか、ボタンなどの操作機器との不整合はないかなどを確認します。コツコツとした作業で、基本人と話さずに行う仕事です。



まとめ



人と接するのが苦手な方が接客などの仕事を無理に選んでしまうと、精神的なストレスを抱えてしまいます。求人広告等で仕事内容詳細を確認し、自分に合っているか、無理なく続けられそうかイメージしながらアルバイトを探してみてください。


求人誌やサイトで「コツコツ・モクモク働ける仕事」などの特集が組まれることもありますので、要チェックです。



2022年7月5日



DOMO+編集部
アルバイト・パートに関するお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

関連するワード