>   > 面接突破ガイド(事前準備)

必勝テクニック満載面接突破ガイド 面接を突破するために役立つポイントを徹底解説!

事前準備

面接でジブンをしっかりアピールするためにも、事前の準備をしっかりしておくことが大切!

今までのおシゴトを振り返りましょう!

今まで培った経験・知識や技能、資格・免許、人脈などは会社(お店)へのアピールポイントとなり、振り返ることでジブンにふさわしい、やりたいおシゴト探しへと繋がります。

自己分析をしましょう!

何のためにおシゴトをするのか、目的によっておシゴト・会社(お店)探しは変わってきます。どんなおシゴトをしたいのか、希望条件の何を優先するのかなど、じっくり具体的に考えたうえでジブンにあった会社(お店)を探しましょう。

就業形態を考えましょう!

DOMOでは、アルバイト・パートのほかにも正社員・契約社員・派遣社員などさまざまな就業形態の求人情報を掲載しています。同じ会社(お店)の同じ職種でも就業形態の違いで待遇や収入も違ってくるので、働き方のスタイルをよく考えておきましょう。
なお、求人情報のなかには、「代理店」や「委託」など雇用ではないものもあるので、注意しましょう。

おもな就業形態

雇用
アルバイト・パート
法的には契約社員と同じ。
アルバイト
一般的には学生やフリーターなど、若年層のことを指す場合が多い。ちなみにアルバイト【arbeit】の語源はドイツ語で、「シゴト」の意味。
パート
パートタイム労働法では、1週間の所定労働時間が正社員に比べて短い者と定義されています。あらかじめ期間を定めて雇用契約を結ぶ場合が多く、時給制、配属部署の異動が少ない、等が特徴。
<メリット>

ジブンの都合(勤務日・時間など)にあわせて働くことができる。

<デメリット>

臨時雇用の色合いが強く、待遇が未整備なこともある。

契約社員
3ヶ月や半年程度の勤務期間が限定されている、フルタイム勤務、配属部署の異動が少ない、等が特徴。契約期間や更新の有無は個人と会社(お店)との間で決める。法的な上限は3年(専門職は5年)以内。
<メリット>

契約期間が満了すると、自動的に退職となるが、個人と会社(お店)双方が合意をすれば、引き続き契約を延長(更新)できる。

<デメリット>

昇給や昇進がない場合が多い。

一般派遣社員
派遣元(派遣会社)にスタッフ登録をして、派遣先が決まってから雇用契約を結び勤務する形態。実際の職場で指揮命令を受けるのは派遣先の社員から、雇用主は派遣元であるのが特徴。建設業や医療関係業務等、一部派遣が禁止されている業務もある。
特定派遣社員
派遣元(派遣会社)に常用雇用されている派遣社員。システムエンジニア・技術者等に多い。
紹介予定派遣社員
正社員として採用・就職することを目的にした派遣形態。会社(お店)と派遣社員を引き合わせ、まずは一定期間を見極め期間として雇用契約を結び、その後双方の了承を得た後、雇用が実現するのが特徴。
<メリット>

ジブンの希望するシゴト内容や勤務条件にあった会社(お店)を選ぶことができる。

<デメリット>

立場や収入が不安定。

正社員
常用雇用(勤務期間の限定がない、継続勤務)、フルタイム勤務(所定労働時間が週40時間程度)、給与支払い方法が月給制や年棒制、配属部署の異動がある、等が特徴。
<メリット>

教育や昇格など、制度に基づいた待遇を受けられる。

<デメリット>

転勤や配置転換などの業務命令に従う義務もある。

非雇用
業務委託・代理店
特定の業務を委託されて、独立事業主として働く形態。会社(お店)と対等の立場だが、契約内容を十分確認して業務委託契約を結ぶ必要がある。
<メリット>

より専門的な能力を発揮できる。

<デメリット>

労働法は適用されない。

会社(お店)の情報収集をしましょう!

気になる会社(お店)を見つけたら、WEBや新聞・雑誌などでその会社(お店)の情報を調べてみましょう。会社(お店)の商品を使ってみたり、お店の場合には実際に足を運んでそのお店の雰囲気を見ておいて。調べてわからなかったことを面接で質問するだけでも、その会社(お店)に興味を持っているアピールになりますよ。

情報収集の手段

WEB
情報が膨大で、気軽に多くの情報を収集できる。ただし、信憑性が低いものもあるので気をつけて。
新聞・雑誌
信憑性が高く、会社(お店)の業績や業界の情勢を知ることができる。
フェア・セミナー
朝早い時間(始業から30分くらい)、お昼休み、遅い時間(終業30分前くらい)など、どの会社(お店)でも忙しい時間帯は避けて。

ここまで準備ができたら、次は会社(お店)へのファーストコンタクトです!

Pagetop_btn