他業種から介護福祉への転職で20万円支給
2021年4月スタートの「介護職就職支援金貸付制度」とは?

厚生労働省により「介護職就職支援金貸付制度」が2021年4月にスタート。未経験で他の業種から介護や福祉の仕事に就く人を支援する制度です。国から委託を受けた指定の職業訓練を修了すると最大20万円を借りることができます。その後2年間介護や福祉の現場で働くことで、支援金の返済が全額免除されるというもの。未経験から介護福祉業界への転職を考えている方はぜひこの制度を利用してみてはいかがでしょうか。

以下、制度の概要をご説明します。

■制度の対象となる人
介護・障害福祉業界未経験者、かつ資格を保有していない方

■開始時期
2021年4月~

■貸付金額
最大20万円

■貸付金の使い道
介護や福祉の仕事着や参考書籍の購入費、引越にかかる費用、子どもの預け先を見つけるための費用など、幅広い用途が認められています。

■貸付条件
指定の研修(介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修など)を修了すること。

■貸付免除条件
研修修了後、介護や障害福祉分野に就業し、継続して2年以上働くと支援金返済が免除されます。途中で離職すると返済の義務が発生します。

■補足
・資格取得のための職業訓練は無料で受講可能
・職業訓練期間は2~6か月
・就職支援金は就職準備のための費用として就職前に支給される

制度開始時点では各都道府県の任意事業としてスタートするため、地域によっては実施しない自治体もありますのでご注意ください。詳細は、各都道府県のハローワークと福祉人材センター(社会福祉協議会)にお問い合わせください。

※2021年1月現在、厚生労働省が検討している施策です。変更になる可能性もありますのでご了承ください。