新型コロナウイルス感染症により、外出時や人と会話するにはマスクの着用が求められるようになりました。

それに伴い、コンビニやスーパーのような接客業をはじめ、スタッフがマスクを着用している姿を多くみかけます。


一方、マスクを着用していることで表情が見えにくかったり、声が聞こえづらかったりとデメリットがあります。


アルバイトやパートの面接の際にマスクを着用することで、声や表情が伝わりづらいと面接で不利にならないかと不安になってしまいますよね。

そこでコロナ禍以降の生活様式に合わせた面接時のマスク着用マナーや注意点をお伝えします。



面接でのマスク着用はマナー違反?



コロナ禍前は、マスクを着用しての面接はマナー違反だとされてきました。

理由は、マスクを着用していると表情が見えにくいからです。


しかし現在は新型コロナウイルス感染リスク低減のためマスク着用が一般的です。

マスクを着用すると声がくぐもったり、表情がわかりづらかったりするため、本来であれば企業としてもマスクを外して表情を確認したいのが本音ですが、それを促せない現状があります。


そのため、特に対面での面接の場合は企業と求職者の双方がマスクを着用して面接を実施することがほとんどです。



面接前の一言が好印象



面接を受ける際、マスク着用について開始前に一声かけるとよいでしょう。「マスクを着けたままでもいいでしょうか」「マスクをつけたままで失礼します」と確認すると、お互いに合意した上で面接を始めることができます。


また、面接官と距離を保った上で「一度マスクを外してご挨拶させていただきます」と伝え、顔を見せて挨拶をしてもいいでしょう。

これで合否が決まるわけではありませんが、このような気遣いを見せることで印象がアップする可能性があります。



マスクを着用したまま面接を受ける際の印象アップのコツ



マスクを着用したまま面接を受けると、表情が見えにくかったり声が聞こえづらかったりといくつかデメリットがあります。


そのため、相手の話には大きくはっきりとうなずく、普段よりも少し大きめの声でゆっくり話す、マスクの下も笑顔でいるなどの工夫が大切です。


面接は対面して話ができるせっかくの機会ですので、マスクをしていてもきちんと正確にコミュニケーションを取りたいですね。



面接時に着用するマスクの種類は?



コロナ禍以降、カラーも素材も多種多様なマスクを選べるようになりました。

では、面接時に適したマスク、避けた方が良いマスクはあるのでしょうか。


基本的には、派手な色や黒、ピンク色は避け、白などの落ち着いた色で、柄やロゴ付ではないものを着用しましょう。


素材は、効果が高いといわれる不織布マスクが安心です。

布マスク、ウレタンマスクは感染予防の観点からはあまり適していません。

また、息苦しさから話しにくくなったりしないよう、立体型のマスクを選ぶ、夏は冷感マスクを着用するなどの工夫も良いでしょう。



オンライン面接の場合



状況を鑑みてアルバイト・パートの面接をオンラインで実施する企業が増えています。


オンラインの場合は感染リスクがないので、マスクを外して臨むようにしましょう。

また、直接対面するより表情や声などが伝わりづらいということからも、マスクを外した方がベターです。


そのため、マスクを外して面接を受けられる静かな個室を準備しておきましょう。



面接当日に体調を崩してしまったら



もし面接を予定していた日に発熱したり体調を崩してしまった場合、企業へ早めに連絡を入れて面接日を変更できるか聞いてみましょう。


微熱や頭痛など軽い体調不良であっても、大事をとって人と会わないなどの配慮が必要です。

ウィズコロナの時代に合わせた面接対策を行いましょう


新型コロナウイルス感染症の流行で働き方や面接の仕方が変わってきています。

求職者にとって不安が大きいと思いますが、企業側も状況をみながら探り探りで動いている場合が多いです。


そのため不明点は企業に確認、相談しながら進めるとよいでしょう。



2020年9月3日公開/2022年8月29日更新

<執筆>

DOMO+編集部

アルバイト・パートお役立ち情報を収集・配信しています。現在就業中の方にはお仕事ライフがもっと充実したものになるように、これからシゴト探しをする方には自分にぴったりのお仕事に出会えるよう情報提供でサポートします。

関連するワード