昨今の新型コロナウイルス感染症の流行により、徐々に新しい生活様式が浸透してきました。外出時や人と会話する際にはマスクの着用が求められます。それに伴いコンビニやスーパーをはじめとする接客業では、スタッフがマスクを着用して勤務しています。
一方、マスクを着用していることで表情が見えにくかったり、声が聞こえづらかったりとデメリットがあります。


それでは、アルバイトやパートの面接の際は、マスクを着用してよいのでしょうか。マスクをしたほうがいいけれども、声や表情が伝わりづらいと面接で不利にならないかと不安になってしまうものです。そこで新しい生活様式に合わせた面接時のマスク着用マナーや注意点をお伝えします。



面接でのマスク着用はマナー違反?



これまで、マスクを着用しての面接はマナー違反だとされてきました。マスクを着用していると表情が見えにくいためです。


しかし現在は新型コロナウイルス感染症の感染予防としてマスク着用が推奨されています。マスクを着用すると声がくぐもったり、表情がわかりづらかったりするため、本来であれば企業としてもマスクを外してほしいというのは本音ですが、それを促せないのが現状です。


そのため、現在では企業と求職者の双方がマスクを着用して面接を実施することが多いようです。



面接前の一言が好印象



面接を受ける際、マスク着用について開始前に一声かけるとよいでしょう。「マスクのままでもいいですか?」と確認すると、お互いに合意した上で面接を始めることができます。


また、面接官と距離を保った上で「一度マスクを外してご挨拶させていただきます」と伝え、顔を見せて挨拶をしてもいいでしょう。これで合否が決まるわけではありませんが、このような気遣いを見せることで印象がアップする可能性があります。



マスクを着用したまま面接を受ける際に気を付けたいこと



マスクを着用したまま面接を受けると、表情が見えにくかったり声が聞こえづらかったりといくつかデメリットがあります。


そのため、相手の話にははっきりとうなずく、普段よりも少し大きめの声で話すなどの工夫が大切です。


面接は対面して話ができるせっかくの機会ですので、マスクをしていてもきちんと正確にコミュニケーションを取りたいですね。



オンライン面接の場合



状況を鑑みてアルバイト・パートの面接をオンラインで実施する企業があります。


オンラインの場合は直接対面するより表情や声などが伝わりづらい可能性があるため、マスクを外した方がいいです。


そのため、マスクを外して面接を受けられる静かな個室を準備しておきましょう。



面接当日に体調を崩してしまったら



もし面接を予定していた日に体調を崩してしまった場合、企業へ早めに連絡を入れて面接日を変更できるか聞いてみましょう。


微熱や頭痛など軽い体調不良であっても、大事をとって人と会わないなどの配慮が必要です。



新様式に合わせた面接対策を行いましょう


新型コロナウイルス感染症の流行で働き方や面接の仕方が変わってきています。求職者にとって不安が大きいと思いますが、企業も探り探りで動いている場合が多いです。


そのため不明点は企業に確認、相談しながら進めるとよいでしょう。



DOMO+編集部




関連するワード