バイトといえども、働いてお金をもらえば立派な「仕事」。真面目な人ほど、周りの期待に応えようと、バイトばかりの生活になってしまいがちです。しかし、学生がバイトに集中しすぎると、勉強がおろそかになり、留年して余計なお金を使うことにもなりかねません。


どうすれば勉強とバイトを両立できるかを考えてみましょう。



とにかく「授業」に集中! 勉強の無駄を省く



試験前に慌てて一夜漬けの日々を過ごすぐらいなら、「授業は休まない」「集中して受ける」ことをマイルールにするのが賢い方法。夜遅くまでバイトをして授業中に寝てしまうと、結局復習が必要となり、2倍の時間を費やしてしまうことにもなりかねません。まずは授業をしっかり受けられるよう、シフトと体調を調整してください。


また、授業にしっかり出ている人と仲良くするのもよい方法です。一緒に勉強することで、お互いに教え合い、理解を深められるでしょう。逆に、あまり学校に来ない友達とずっといるとそのペースに引きずられてしまうことも。誰と一緒にいるかはとても重要なことです。



高時給バイトで効率よく勉強時間を確保



コールセンターや家庭教師のバイトなど、900円より1,000円、1,000円より1,500円と、なるべく時給の高いバイトを意識すれば、心身の疲れも軽減でき、勉強にも集中できます。


また、授業のない夏休みなど、季節バイトで稼げれば勉強に支障をきたすこともありません。


夜勤の仕事は時給が高い傾向にありますが、「朝起きられない」「眠くて授業に集中できない」ということでは意味がありません。本末転倒にならないようにご注意を!


学生の方には「夜間バイト」より「早朝バイト」のほうがオススメです。学校へ行く前に日と仕事すれば、目が覚めて一石二鳥かもしれません。



バイトのシフト交代もほどほどに



シフト制のバイトでは、バイト先の友達に「今週末、シフトかわってもらえない?」などと頼まれることがあります。


テスト勉強のために確保していた休日。断れずシフトを代わってあげるなど、仲間を助けてあげることは素敵なことですが、自分に必要な時間であれば、思い切って断ることも大切です。



時は金なり。バイトよりも「学生」という時間を大切に


お金はもちろん大切ですが、稼ごうと思えば短期集中で稼ぐこともできます。


しかし、「学生時代」という時間は今だけ。友達との時間、知りたいことを学ぶ時間、旅をする時間などは取り戻せません。今だけの大切な時間をバイトで消耗していないか、一度自分の生活をチェックしてみてください。


「返す目途がたつ程度のお金なら、多少借金してでも時間を優先する」という人もいます。


長い目で見て「何が大切なことか」を判断し、勉強とバイトを両立させましょう。


学校近くでバイトしよう! 学生歓迎のバイト特集



<合わせて読みたい>
学生バイトマニュアル ~「探し方」から「初出勤」まで~


新生活スタート! 春にオススメの『短期バイト』3選


大人への第一歩! バイトを始めたら必要になる「銀行口座」の作り方



<ライター>

坂口弥生(さかぐち・やよい)
採用・研修から人事制度設計まで、約10年にわたる人事全般のキャリアをもつ。
特に大学生やフリーターの方には留学後の就活相談に乗ることも多く、自己分析などのお手伝いも行っている。
現在はWeb制作会社の経営や、1週間6万円から留学できる「Go Global」を運営している
https://dy-planning.net/
https://go-global.info/

関連するワード